まめ (豆)


 広義のマメ科 Leguminosae(Fabaceae;豆科・荳科)には、世界に約680属 約20000種がある。種子植物のうち3番目に大きい。

 分類は未だ定まらない。ふつう、これを次の3亜科に分ける。
   ネムノキ亜科 Mimosoideae(含羞草亞科)
   ジャケツイバラ亜科 Caesalpinioideae(雲實亞科)
   マメ亜科 Papilionoideae(Faboideae;蝶形花亞科)

 しかし、この3亜科をそれぞれ独立した科として扱うことがある。
   ネムノキ科 Mimosaceae
   ジャケツイバラ科 Caesalpiniaceae
   マメ科 Papilionaceae(Fabaceae)  

 マメ科 ネムノキ亜科 Mimosoideae(含羞草亞科)〔或はネムノキ科 Mimosaceae(含羞草科)〕には、66属約3000種がある。

  アカシア属 Acacia(金合歡屬)
  Adenathera(海紅豆屬)
     ナンバンアカアズキ A. pavonina(孔雀豆・紅豆・海紅豆・相思子)
  ネムノキ属 Albizia(合歡屬)
  アカハダノキ属 Archidendron
     アカハダノキ A. lucidum(Pithecellobium lucidum)
  ベニゴウカン属 Calliandra(朱纓花屬)
  ハイクサネム属 Desmanthus(合歡草屬)
     ハイクサネム D. illinoensis
     タチクサネム D. virgatus
  モダマ属 Entada(榼藤子屬)
     モダマ
(藻玉) E. phaseoloides(榼藤・眼鏡豆・過江龍)
       
アジア・アフリカの熱帯・亜熱帯に分布、日本では屋久島乃至琉球の海岸近くの樹林に生ずる
     ヒメモダマ E. rheedii(E.koshunensis, E.parvifolia)
  Enterolobium(蕃龜樹屬)
     E. cyclocarpum(象耳豆・紅皮象耳豆)
  ギンゴウカン属 Leucaena(銀合歡屬)
  オジギソウ属
(ネムリグサ属) Mimosa(含羞草屬)
  ミズオジギソウ属 Neptunia
     ミズオジギソウ N. oleracea
     オカミズオジギソウ N. triquetra
  Parkia(球花豆屬)
     P. biglobosa(白球花・球花豆・黄球花)
  キンキジュ属 Pithecellobium(圍涎樹屬)
     P. clypearis(猴耳杯・蛟龍木・圍涎樹)
     キンキジュ P. dulce(牛蹄豆・甜肉圍涎樹)
     P. lucidum(亮葉猴耳杯・亮葉圍涎樹)
  Prosopis(牧豆樹屬)
  Samanea(雨樹屬)
     アメリカネムノキ S. saman 

 マメ科 ジャケツイバラ亜科 Caesalpinioideae(雲實亞科)〔或はジャケツイバラ科 Caesalpiniaceae(雲實科)〕には、156属約3000種がある。

  ヨウラクボク属 Amherstia
  ハカマカズラ属 Bauhinia(羊蹄甲屬)
     モクワンジュ B. acuminata(白花羊蹄甲・馬蹄豆)
     B. aurea(火索藤・牛蹄藤・紅絨毛羊蹄甲)
     B. brachycarpa(鞍葉羊蹄甲・馬鞍葉)

     キッカボク B. championii(Lasiobema championii;龍鬚藤)
     B. corymbosa(首冠藤)
     B. delavayi(薄甲羊蹄甲)
     B. didyma(李葉羊蹄甲)
     B. glauca(粉葉羊蹄甲)
     ハカマカズラ B. japonica(Lasiobema japonica)
     B. lecomtel(黔羊蹄甲)
     ナツザキソシンカ B. monandra
     B. ornata(瓊島羊蹄甲)
     ムラサキソシンカ B. purpurea(羊蹄甲・紫羊蹄甲)
     B. pyrrhoclada(紅毛羊蹄甲)
     B. racemosa(總状花羊蹄甲・硬葉羊蹄甲)
     キバナモクワンジュ B. tomentosa(黄花羊蹄甲)
     B. touranensis(囊托羊蹄甲)
     ソシンカ B. variegata(洋紫荊・羊蹄甲)
       シロバナソシンカ var. candida(白花洋紫荊)
  Brownea
熱帯アメリカに約30種がある
  ジャケツイバラ属 Caesalpinia(雲實屬)
  カワラケツメイ属またはナンバンサイカチ属 Cassia(决明屬)
  Ceratonia
     イナゴマメ C. siliqua(E.Carob)
  ハナズオウ属 Cercis(紫荊屬)
  カワラケツメイ属 Chamaecrista
  Cynometra(喃喃果屬)
  ホウオウボク属 Delonix(鳳凰木屬)
     ホウオウボク D. regia(鳳凰木)
  Erythrophleum(格木屬)
     E. fordii(格木)
  サイカチ属 Gleditsia(皂莢屬)
  Gymnocladus(肥皂莢屬)
     G. chinense(肥皂莢)
  アカミノキ属 Haematoxylum(采木屬)
     H. caesapina(洋蘇木)
     ロッグウッド H. campechianum(采木・墨水樹・洋蘇木)
  タシロマメ属 Intsia(印茄屬)
     タシロマメ I. bijuga(印茄・太平洋鐡木)
  Lysidice(儀花屬)
     L. brevicalyx(短萼儀花)
     L. rhodostegia(儀花・鐡羅傘)
  Mezoneuron(見血飛屬)
     M. sumatranum(蘇門答臘見血飛)
  Pahudia(緬茄屬)
  Parkinsonia(扁軸木屬)
     P. aculeata(扁軸木)
  Peltophoron(雙翼豆屬)
     P. pterocarpum(盾柱木・雙翼豆・雙翅果)
  Poinciana(肖鳳凰木屬)
  Pterolobium(老虎刺屬)
     P. punctatum(老虎刺)
  ムユウジュ属 Saraca(無憂花屬)
  センナ属 Senna
  Sindora(油楠屬)
  タマリンド属 Tamarindus(羅晃子屬)
  Zenia(翅莢木屬) 

 マメ科 マメ亜科 Papilionoideae(Faboideae;蝶形花亞科)〔或は狭義のマメ科 Papilionaceae(Fabaceae;蝶形花科)〕には、約455属13000種がある。

  トウアズキ属 Abrus(相思子屬)
     A. cantoniebsis(廣東相思子・鷄骨草)
     A. mollis(毛相思子・毛鷄骨草)
     トウアズキ A. precatorius(A.pauciflorus,Glycine abrus;相思子・紅豆・
       郎君子・美人豆・唐小豆・赤小豆)中国(福建・兩廣・海南島・雲南)・臺灣産。
       
『中薬志Ⅱ』pp.285-287
     A. pulchellus(美麗相思子)
  クサネム属 Aeschynomene(合萌屬)
  Alhagi(駱駝刺属)
     マンナ A. maurorum
     A. sparsifolia(A.pseudalhagi;駱駝刺)
  ササハギ属 Alysicarpus(煉莢豆屬)
     A. bupleurifolius(柴胡葉鏈莢豆・長葉練莢豆・柴胡葉練莢豆)
     フシナシササハギ A. ovalifolius
     A. rugosus(皺縮鏈莢豆)
     ササハギ A. vaginalis(A.nummularifolius;鏈莢豆・狗蟻草)
  Amblytropis → Gueldenstaedtia
  Ammopiptanthus(沙冬靑屬)
     A. mongolicus(沙冬靑・蒙古沙冬靑)
     A. nanus(小沙冬靑)
  イタチハギ属 Amorpha(紫穗槐屬)
  ヤブマメ属 Amphicarpaea(兩型豆屬)
  クマノアシツメクサ属 Anthyllis(絨毛花屬)
     クマノアシツメクサ A. vulneraria
  ホドイモ属 Apios(土圞兒屬)
  ラッカセイ属 Arachis(落花生屬)
  Argyrolobium(銀豆屬)
  ゲンゲ属 Astragalus(黄耆屬)
広義のマメ科最大の属、2000種以上を含む
  Atylosia(蟲豆屬)
     A. mollis(蟲豆)
     ビロードヒメクズ A. scarabaeoides(蔓草蟲豆・山豆根)
  ムラサキセンダイハギ属 Baptisia
     ムラサキセンダイハギ B. australis
  Bowringia(藤槐屬)
     B. callicarpa(藤槐)
  ブテア属 Butea(柳鉚屬)
     B. frondosa(膠蟲樹)
     ハナモツヤクノキ B. monosperma(紫鉚樹・紫柳)
        東南アジア・インド産、ラックカイガラムシの飼料。ラック lac(ハナモツヤク・シコウ)は、
       ラックカイガラムシの雌が分泌する樹脂状の物質、臙脂の原料。
       『週刊朝日百科 植物の世界』4-268
     B. suberecta(馬鹿花・紫鉚樹)
  キマメ属 Cajanus(木豆屬)
  Calophaca(麗豆屬)
     C. polystivhoides(川滇雀兒豆・麗豆)
  ハナハギ属 Campylotropis(杭子梢屬)
  ナタマメ属 Canavalia(刀豆屬)
  ムレスズメ属 Caragana(錦鷄兒屬)
  Chesnea(雀兒豆屬)
     C. ploysticoides
四川・雲南西藏産、『雲南の植物』129
  ホオズキハギ属 Christia(蝙蝠草屬)
     C. constricta(長管蝙蝠草)
     C. lunata(月見羅瑞草)
     ホオズキハギ C. obcordata(鋪地蝙蝠草)
     C. vespertilionis(蝙蝠草)
  ヒヨコマメ属 Cicer(鷹嘴豆屬)
     ヒヨコマメ C. arietinum(鷹嘴豆;E.Chick pea, Bengal gram, Garbanzo bean)
       
中東原産、東はインド、西は南ヨーロッパに広まった。
  フジキ属 Cladrastis(蕃槐屬)
     フジキ C. platycarpa(Platyosprion platycarpum;翅莢香槐)
     ユクノキ C. sikokiana
     C. wilsonii(香槐)
  Clianthus(耀花豆屬)
  チョウマメ属 Clitoria(蝴蝶花豆屬)
  Cochlianthus(旋花豆屬)
     C. gracilis(細莖旋花豆)
  Colutea(膀胱豆屬)
     ボウコウマメ Colutea arborescens
  Corethrodendron(掃帚木屬)
  ツリシャクジョウ属 Coronilla(小冠花屬)
     オウゴンハギ C. glauca
     ツリシャクジョウ C. scorpioides
     タマザキクサフジ C. varia(Securigera varia;繡毬小冠花)
  Craspedolobium(巴豆藤屬)
     C. schochii(巴豆藤)
  タヌキマメ属 Crotalaria(野百合屬)
  Cyamopsis
     クラスタマメ C. Tetragonoloba(C.psoralioides;E.Cluster bean, Guar)

  エニシダ属 Cytisus(金雀兒属)
  ツルサイカチ属
(ヒルギカズラ属) Dalbergia(黄檀屬)
     D. balansae(南嶺黄檀)
     ツルサイカチ D. benthamii(兩粤黄檀)
     ヒルギカズラ D. candenatensis
     シタン D. cochinchinensis(E.Siam rosewood)
     D. dyeriana(大金剛藤黄檀)
     D. hainanensis(海南黄檀)
     D. hancei(藤黄檀)
     D. hepeana(黄檀)
     D. latifolia(E.Indian rosewood)
     D. millettii(香港黄檀)
     D. nigra(E.Brazilian rosewood)
     D. obtusifolia(鈍葉黄檀)
     D. odorifera(降香檀)
     D. pinnata(斜葉黄檀)
     D. polyadelpha(多體蕊黄檀・雲南黄檀)
     D. rimosa(多裂黄檀)
     シッソノキ D. sisso(印度黄檀)
     D. szemaoensis(思茅黄檀)
     D. yunnanensis(滇黔黄檀)
  ナハキハギ属 Dendrolobium
     D. triangulare(假木豆)
     ナハキハギ D. umbellatum(Desmodium umbellatum)
  ドクフジ属 Derris(魚藤屬)
     ドクフジ D. elliptica(Millettia pachycarpa;毛魚藤・魚藤)
     インドトバ D. ferruginea(銹毛魚藤)
     D. fordii(中南魚藤)
     D. hancei(肇慶魚藤)
     D. heptaphylla(突出魚藤・七葉魚藤)
     D. laxiflora(疏花魚藤)
     タチトバ D. malaccensis(麻六甲魚藤・馬來魚藤)
     D. marginata(邊莢魚藤)
     D. microptera(小翅魚藤)
     D.oblonga(短葉魚藤)
     D. scabricaulis(毛枝魚藤)
     D. scandens(攀登魚藤)
     シイノキカズラ D. trifoliata(魚藤)
  ヌスビトハギ属 Desmodium(山螞蝗屬)
  コウシュンフジマメ属 Dolichos(扁豆屬)
  Dolichovigna(台豆屬)
  ノササゲ属 Dumasia(山黑豆屬)
  ノアズキ属 Dunbaria(野扁豆屬)
     D. circinalis(卷圈野扁豆)
     D. fusca(褐野扁豆)
     D. parvifolia(小葉野扁豆)
     カイナンノアズキ D. podocarpa(長柄野扁豆)
     D. rotundifolia(圓葉野扁豆)
     ノアズキ villosa(毛野扁豆)
  イヌムレスズメ属 Echinosophora
  Eriosema(毛瓣花屬)
     E. chinense(猪仔笠・山葛)
     E. himalaicum(綿三七・草仔薯)
  デイコ属 Erythrina(刺桐屬)
  ミヤマトベラ属 Euchresta(山豆根屬)
本草綱目啓蒙14下/378
     タイワンミヤマトベラ E. formosana(E.formosana var.riukiuensis,
         E.horsfieldii var.formosana;臺灣山豆根)
     E. horsfieldii(伏毛山豆根)

     ミヤマトベラ E. japonica(日本山豆根)
     E. trifoliata(三小葉山豆根)
     E. tubulosa(管萼山豆根)

  Eversmannia(刺枝豆屬)
  エノキマメ属 Flemingia
     F. ferruginea(銹毛千斤拔)
     F. fluminalis(水邊千斤拔・河邊千斤拔・岩豆)
     F. lineata(細葉千斤拔)
     F. macrophylla(大葉千斤拔)
       エノキマメ var. philippinensis(F.philippinensis,Moghania macrophylla)
     F. philippinensis(千斤拔)
     ソロハギ F. strobilifera(Moghania strobilifera;球穗千斤拔)
     F. yunnsnensis(滇千斤拔・毛葉千斤拔)
  Fordia(千花豆屬)
     F. cauliflora(干花豆・水羅傘・蝦鬚豆・福特豆)
  ハギカズラ属 Galactia(乳豆屬)
     G. elliptifoliola(乳豆・毛豆・老鼠藤)
     ハギカズラ G. tashiroi
  Galega(山羊豆屬)
  Geissaspis(苞覆花屬)
  ヒトツバエニシダ属 Genista(染料木屬)
     ヒトツバエニシダ G. tinctoria
  ダイズ属 Glycine(大豆屬)
  カンゾウ属 Glycyrrhiza(甘草屬)
  Gueldenstaedtia(米口袋屬)
     G. coelestis(藍花米口袋)
     G. henryi(川鄂米口袋・紫花地丁)
     G. himalaicus(高山米口袋・喜馬拉雅米口袋)
     G. maritima(光滑米口袋・海濱米口袋)

     イヌゲンゲ(タチゲンゲ)G. multiflora(Amblytropis multiflora;
       米口袋・小丁黄・地丁花・甜地丁・老鼠尾根)
       
 『中国雑草原色図鑑』103。地丁を見よ。
     G. pauciflora(少花米口袋・地丁)
     G. stenophylla(狹葉米口袋)
     G. verna(洱源米口袋・康滇米口袋)
     G. yunnanensis(雲南米口袋)
四川・雲南・西藏産、『雲南の植物』130
  Halimodendron(鹽豆木屬)
  イワオウギ属 Hedysarum(岩黄耆屬)
     H. alpinum(山岩黄耆)
     H. austrosibiricum(紫花岩黄耆)
     H. citrinum(黄花岩黄耆)
     アカバナオウギ H. coronarium
     カラフトゲンゲ H. hedysaroides(H.sachalinense)
       チシマゲンゲ f. neglectum(H.sachalinense ssp.confertum, H.austrokurilense,
          H.confertum, H.sachalinense ssp.austrokurilense)
     H. lignosum(木岩黄耆)
     H. limitaneum(滇岩黄耆)
     H. multijugum(紅花岩黄耆)
     H. polybotrys(多序岩黄耆)
     H. pseudoastragalus(紫雲英岩黄耆・假岩黄耆)
     H. scoparium(細枝岩黄耆)
     H. sikkimense(錫金岩黄耆)
     H. smithianum(山西岩黄耆)
     H. taipeicum(太白岩黄耆)
     H. thiochroum(硫花岩黄耆)
     H. tuberosum(塊莖岩黄耆)
     H. ussuriense(長白岩黄耆)
     H. vicioides(巣菜状岩黄耆)
       イワオウギ ssp. japonicum var. japonicum
  コマツナギ属 Indigofera(木藍屬)
  Kennedia
  ヤハズソウ属 Kummerowia(鷄眼草屬)
  フジマメ属 Lablab
  キングサリ属 Laburnum(毒豆屬)
     キバナフジ L. anagyroides(L.vulgare)
  レンリソウ属
(ハマエンドウ属) Lathyrus(香遠藤屬)
  ヒラマメ属
(レンズマメ属) Lens(兵豆屬)
     ヒラマメ(レンズマメ) L. esculenta(L.culinaris,Ervum lens;E.Lentil)
       
近東でB.C.6000-8000に栽培、最古の栽培植物の一。莢・種子を食用
  ハギ属 Lespedeza(胡枝子屬)
  ミヤコグサ属 Lotus(百脈根屬)
  ハウチワマメ属 Lupinus(羽扇豆屬)
     シロバナハウチワマメ
(シロバナルーピン) L. albus
     アオバナルーピン L. angustifolius
     ニシキハウチワマメ L. hartwegii
     キバナハウチワマメ L. luteus(黄花羽扇豆)
     ケハウチワマメ L. micranthus(L.hirsutus)
     マダラハウチワマメ L. mutabilis
     チャボハウチワマメ L. nanus
     ハウチワマメ L. perennis
     タヨウハウチワマメ L. polyphyllus(多葉羽扇豆)
     エジプトルピナス L. termis(E.Egyptian lupine)
エジプト・スーダンで種子を食用
  イヌエンジュ属 Maackia(馬鞍樹屬)
  ナンバンアカバナアズキ属 Macroptilium 
アメリカ熱帯・亜熱帯に約20種
     クロバナツルアズキ M. atropurpureum(Phaseolus atropurpureum)
     ナンバンアカバナアズキ M. lathyroides(Phaseolus lathyroides)
       
南アメリカ原産、世界の熱帯・亜熱帯に帰化、琉球にも帰化。
  Macrotyloma
     ゼオカルパマメ M. geocarpuum
     ホースグラム M. uniflorum インド南部産
  Mecopus(長柄莢屬)
  ウマゴヤシ属 Medicago(苜蓿屬)
  シナガワハギ属 Melilotus(草木犀屬)
  ナツフジ属 Millettia(鷄血藤屬)
 Moghania(千斤拔屬)
   トビカズラ属 Mucuna(油麻藤屬)
  バルサムノキ属 Myroxylon(南美槐屬)
     ペルーバルサム M. pereirae(秘魯香膠樹・秘魯樹香脂・百露拔爾撒謨樹)
 中央アメリカ産
     トルーバルサム M. toluiferum(吐魯香膠樹)
 南アメリカ北部産
  Onobrychis(驢豆屬)
     イガマメ O. viciifolia
  Ononis(芒柄花屬)
     ハリモクシュク O. spinosa
  ハマセンナ属 Ormocarpum(鏈莢木屬)
     ハマセンナ O. cochinchinensis
  Ormosia(紅豆樹屬)
     O. fordiana(肥莢紅豆)
     O. glaberrima(光葉紅豆・広西紅豆樹)
     O. henryi(花櫚木・毛葉紅豆樹)
     O. hoisei(紅豆樹・鄂西紅豆樹)
     O. indurata(韌莢紅豆)
     O. microphylla(小葉紅豆)
     O. nuda(光葉花櫚木・禿葉紅豆樹)
     O. semicastrata(軟莢紅豆)
     O. xylocarpa(木莢紅豆・瓊州紅豆)
  オヤマノエンドウ属 Oxytropis(棘豆屬)
  クズイモ属 Pachyrhizus(豆薯屬)
     クズイモ P. erosus(豆薯・地瓜・涼薯・沙葛・白土瓜;E.Yam bean)
       
中央アメリカ・メキシコに自生。イモを食用
  Parochetus(金雀花屬)
     P. communis(紫雀花・金雀花・藍花接骨草)
  インゲンマメ属 Phaseolus(菜豆屬)
  Phylacium(苞護豆屬)
  ウチワツナギ属 Phyllodium
     P. elegans(毛排錢樹・絨毛排錢樹)
     P. kurzianum(雲南排錢樹)
     P. longipes(長葉排錢樹)
     ウチワツナギ P. pulchellum(Desmodium pulchellum;排錢樹)
  Physostigma(加刺拔兒豆屬)
  Piptanthus(黄花木屬)
     P. nepalensis(黄花木)
  エンドウ属 Pisum(豌豆屬)
  Pocockia
     P. ruthenica(Medicago ruthenica;扁蓿豆・花苜蓿)
  クロヨナ属 Pongamia(水黄皮屬)
 1属1種
     クロヨナ P. pinnata(水黄皮.水流豆)
  Priotropis(黄雀兒屬)
     P. cytisoides(Crotalaria cytisoides;黄雀兒・思茅猪屎豆・思茅小扁豆)
  シカクマメ属 Psophocarpus(四稜豆屬)
  Psoralea(補骨脂屬)
     オランダビユ P. corylifolia(Cullen corylifolia;補骨脂・破故紙・婆固脂・胡韭子・
       和蘭莧)ビルマ・インド産、古く中国に入る。
中薬志Ⅱ』pp.134-136
  シタン属 Pterocarpus(紫檀屬)
     インドシタン P. indicus(紫檀)
     ビルマシタン P. macrocarps
     P. marsupium(吉納檀)
     サンダルシタン P. santalinus
  クズ属 Pueraria(葛屬)
  キンチャクマメ属 Pycnospora(密子豆屬)
     キンチャクマメ P. lutescens(密子豆・假蕃豆)
  タンキリマメ属 Rhynchosia(鹿藿屬)
     トキリマメ
(オオバタンキリマメ) R. acuminatifolia 日本(本州・九州)・朝鮮に分布
     R. dielsii(菱葉鹿藿・山黄豆藤)
     ヒメノアズキ R. minima
     タンキリマメ
(ウイロウマメ・キンチャクマメ・キツネマメ) R. volubilis(鹿藿;E.Rosary bean)
       日本(関東以西)・朝鮮・臺灣・中国・フリピンに分布。
       
本草綱目啓蒙23/521はツルマメなどと混同しているか
  ハリエンジュ属 Robinia(洋槐屬)
  Salweenia(冬麻豆屬)
  Sesbania(田菁屬)
     トゲツノクサネム S. aculeata
     トゲナシツノクサネム S. bispinosa
     キバナツノクサネム S. cannabina(田菁・細葉木蘭)
     アメリカツノクサネム S. exaltata
     アカゴチョウ S. grandiflora(木田菁・大花田菁) 
シロゴチョウ 'Alba'がある
     キダチデンセイ S. sesban(印度田菁)
  Shuteria(宿苞豆屬)
     S. ferruginea(繡毛宿苞豆)
     S. pampaniniana(毛宿苞豆)
     S. sinensis(中國宿苞豆・宿苞豆)
     S. vestia(西南宿苞豆・光宿苞豆)
  シバネム属 Smithia(坡油甘屬)
     シバネム S. ciliata
     S. conferta(密節坡油甘)
     ネムリハギ S. sensitiva(坡油甘)
  クララ属 Sophora(槐屬)
  Spatholobus(密花豆屬)
     S. harmandii(光葉密花豆)
     S. sinensis(紅血藤・華密花豆)
     S. suberectus(密花豆・鷄血藤
)
  レダマ属 Spartium(鷹爪豆屬)
  Sphenostylis
     アフリカクズイモ S. stenocarpa
  Stizolobium(黎豆屬)
     ハッショウマメ(オシャラクマメ・フジマメ・テンジクマメ) S. capitatum
       (Mucuna capitata, S.hasjoo;頭花黎豆・黎豆・貍豆・虎豆)
本草綱目啓蒙20
     S. cochinchinensis(龍爪黎豆・龍爪豆・虎爪豆・狗爪豆)
     S. hasjoo → S. capitatum
     S. pruriens(刺毛狸豆・刺毛黎豆)
     S. venulosum(細脈狸豆・細脈黎豆・瘴氣藤)
  Stracheya(藏豆屬)
  ヒスイカズラ属 Strongylodon
  Swainsonia(苦馬豆屬)
     デザートピー S. formosa
     S. salsula(苦馬豆)
  タデハギ属 Tadehagi
 1973年属として立てられた
     タデハギ T. triquetrum(Desmodium triquetrum;葫蘆茶)
  ナンバンクサフジ属 Tephrosia(灰葉屬)
     キダチナンバンクサフジ T. candida
     タイワンクサフジ T. obovata
     ナンバンクサフジ T. purpurea(灰葉)
     T. villosa(長毛灰葉)
  センダイハギ属 Thermopsis(黄華屬)
  Trifidacanthus(三叉刺屬)
  シャジクソウ属 Trifolium(車軸草屬)
  Trigonella(胡盧巴屬)
     T. arciducis-nicolai(靑藏胡盧巴)
     レイリョウコウ T. caerulea(盧豆)
     コロハ T. foenum-graecum(胡蘆巴・苦豆・香草・苦草;E.Fenugreek)
       
地中海地方原産、数千年前から中東・インドで栽培。『中薬志Ⅱ』pp.296-298
     T. tibetana(西藏胡盧巴)
  ハリエニシダ属 Ulex(荊豆屬)
     ハリエニシダ U. europaeus
  フジボグサ属 Uraria(兔尾草屬)
     フジボグサ U. crinita(猫尾射・虎尾輪)
     オオバフジボグサ U. lagopodioides(狸尾草・狐尾草)
     ホソバフジボグサ U. picta(美花兔尾草)
     U. xinensis(中華兔尾草・猫尾草)
  Urariopsis(算珠豆屬)
     U. brevissima(短序算珠豆)
     U. cordifolia(算珠豆)
  ソラマメ属 Vicia(野豌豆屬)
  ササゲ属 Vigna(豇豆屬)
  Voandzeia
     バンバラマメ V. subterranea(E.Bambara groundnut, Madagascar peanut)
       
西アフリカ原産
  Whitfordiodendron(大莢藤屬)
     W. filipes(大莢藤・細梗密束花・猪腰子)
  フジ属 Wisteria(紫藤屬)
  スナジマメ属 Zornia(丁癸草屬)
     Z. gibbosa(丁癸草)
     スナジマメ Z. cantoniensis(Z.gibbosa var.cantoniensis) 

 日本語のまめ(豆)は、その種子を食用に供せられるマメ科の植物の総称。
 中国・日本などで栽培されている主要なマメ類には、以下のものがある。

(1) 熱帯・亜熱帯起源のもの
ササゲ  Vigna sinensis
 
(V. unguiculata)
 アフリカ原産。
ナタマメ  Canavalia gladiata  熱帯アジア原産。
シカクマメ  Psophocarpus tetragonolobus  熱帯アジア原産。
フジマメ  Lablab purpreus
 
(Dolichos lablab)
 インド原産。
リョクトウ  Vigna radiata  インド原産。本草綱目啓蒙20
インゲンマメ  Phaseolus vulgaris  南アメリカ原産。
ラッカセイ  Arachis hypogaea  南アメリカ(ボリビア)原産。
ベニバナインゲン  Phaseolus coccineus  中央・南アメリカ原産。
(2) 温帯起源のもの
ダイズ  Glycine max  東アジア原産。夏作作物。
 ツルマメの栽培品。
アズキ  Vigna angularis  東アジア原産。夏作作物。
 ヤブツルアズキの栽培品。
エンドウ  Pisum sativum  地中海地方原産。冬作作物。
ソラマメ  Vicia faba  地中海地方原産。冬作作物。
 その他、熱帯地方で栽培される豆に、次のようなものがある。
ライマメ  Phaseolus lunatus  中央・南アメリカ原産。
トンカマメ  Dipteryx odorata  南アメリカ熱帯原産。木本。
ヒヨコマメ  Cicer arietinum  インド原産。
キマメ  Cajanus cajan  インド原産。木本。
タマリンド  Tamarindus indica  インド原産。木本。
 

 マメは、記紀では末米・末女などと表記された。

 今日の漢語でマメを意味する(トウ,dou)の字は、もとは たかつき(高杯)の象形文字。
 先秦時代には、マメは
(シュク,shu)と記した。菽は、草と叔(小さい)の会意・形声文字で、「小さい実」から来たものと言う。

 源順『倭名類聚抄』(ca.934)に、大豆、一名菽は「和名万米」と。また烏豆は「和名久呂末女」と、■{燕偏に鳥}豆は「和名曽比末女」などと。

 「マメ科植物は湿った地帯にも乾燥地帯にももともとたくさんの種類が野生しており、その多くは雑穀の粒とは比較にならない大きなマメがめだちやすいサヤの中に生じている。ところがこれを食べようとすると、なかなかむつがしい。野生のマメ類には有毒性のものがそうとうあるし、この毒ぬきは一般に有毒なイモの毒ぬきよりむつかしいものである。そのうえマメはかたくて煮えにくいという性質がある。マメを食べるには、ただ焼いたくらいではかたくて食べにくいものがふつうだから、どうしても水を加えてやわらかに煮てやらねばならない。それでマメの食用には鍋がどうしても必要になる。土鍋でも金属製でもよいが、ともかくマメが人間の食料リストにはいるときには、鍋の存在、簡単にいえば、土器の発明以後と見てよい。その鍋で豆を煮てみると、雑穀の精白してない粒より、マメ類のほうがだいたい煮えにくい。だからマメの栽培種は、野生のなかから煮えやすいものを選びだし、また栽培化してからも品種改良で、より煮えやすい方向に淘汰されていかねばならなかった。げんざいわれわれがふつうと考えている食用のマメは、その点ずいぶん改良されてきたものだが、それでもまだ、たとえばダイズを煮るのがなかなかむつかしい作業であることは、台所で煮豆を作った人ならばだれでも知っているだろう。」(中尾佐助『栽培植物と農耕の起源』)

 古代の中国では、五穀の一として主要な主食作物であった。
 菽は、戎菽とも記されるように外来のもので、中原に初めからあったものではない。戦国時代の菽は、おそらく東北地方原産のダイズであろうという。
 後に『周礼』鄭玄
(127-200)註などには 大小の豆を区別しているので、このころからアズキ(小豆)が栽培され始めてダイズ(大豆)と区別されたと説かれる(ただし、たんに大きいマメと小さいマメを区別しただけだ、とする説もある)
 なお、「大豆は菽、小豆は荅」ともあるので、それ以前の菽はダイズであったとされる。
 中国の古代のマメについては、ダイズを見よ。

 日本では、記紀にマメ(末米)・オオマメ(於保末女)と記されたものは、ダイズであったろうという。

 『万葉集』には、

   みち
(道)のへ(邊)のうまら(荊)のうれ(末)には(這)ほまめ(豆)
     からまるきみ
(君)をはか(別)れかゆ(行)かむ (20/4352,丈部鳥)
 

 近代では、

   とりいれのをはりの豆を打ちをへて筵をたたむ日暮の夫婦
     
(島木赤彦『馬鈴薯の花』)
 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index