えにしだ 

学名  Cytisus scoparius (=Sarothamus scoparius)
日本名  エニシダ
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  エニスダ
漢名  金雀兒(キンジャクジ,jinque'er)
科名(漢名)  豆(トウ,dou)科
  漢語別名  金雀花
英名  Scotch broom, Common broom
 エニシダ属 Cytisus(金雀兒属)には、約33種がある。
   C.×dallimorei
   シロバナセッカエニシダ
(シロバナエニシダ) C. multiflorus イベリア・北アフリカ原産
   C. praecox
   C.×racemosus
   エニシダ C. scoparius(金雀兒)
     ホオベニエニシダ var. andreanus 
   ヒメエニシダ C.×spachianus
   C. stenopetalus 
 マメ科 LEGUMINOSAE(FABACEAE;豆科)については、マメ科を見よ。
 そのマメ亜科 Papilionoideae(Faboideae;蝶形花亞科)乃至マメ科 Papilionaceae(Fabaceae;蝶形花科)については、マメ亜科を見よ。
 和名は、オランダ語の genista(ヘニスタ)から、一説にスペイン語の hiniesta(イエニスタ)から。これらは、いずれもラテン語の genista(ゲニスタ)の転訛。
 ただし、今日の学名では Genista はヒトツバエニシダ属(染料木屬)を指す。
 学名の属名 Cytisus は ギリシア語のKitisos(クローバーの一種)から、三出複葉に由来する。
 学名の種名 scoparius は「箒の」の意、この枝から箒を作ったことから。英名 broom も箒。
 ヨーロッパ原産、日本には延宝(1673-1681)年間にオランダから入る。
 花の観賞用に庭園に植えられるが、有毒植物であり、茎葉を薬用にする。また若い蕾・若い莢を 塩漬けにして食用にし、種子はコーヒーの代用にする。
 イギリスのプランタジネット Plantagenet 王朝(1154-1399)の紋章。
 そもそも このいっぷう変った王家の名は、初代の王ヘンリーII
(1133-1189)の父アンジュー伯ジェフリー(1113-1151)が、いつも冑にエニシダの小枝(ラテン語で planta genista)を挿していたことに由来する。
 エニシダの枝で作った箒は、魔女の持ち物、彼女らはこれに乗って夜の空を飛ぶ。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index