とびかずら (飛蔓)

 学名  Mucuna sempervirens (M.japonica)
 日本名  トビカズラ
 科名(日本名)  マメ科
   日本語別名  アイラトビカズラ
 漢名  常春油麻藤(ジョウシュンユマトウ,changchunyoumateng)
 科名(漢名)  豆(トウ,dou)科
   漢語別名  牛馬藤、過山龍、常綠黎豆
 英名  

2010/08/21 富山県中央植物園

 トビカズラ属 Mucuna(油麻藤屬)には、世界の熱帯・亜熱帯に約80-100種があり、日本には4種が野生する。
  M. birdwoodiana(白花油麻藤・勃氏黎豆・鷄血藤・大蘭布麻)
 兩廣に産。
        
『中薬志Ⅲ』pp.500-505。ムラサキナツフジを見よ
  カショウクズマメ
(ハネミノモダマ) M. bracteata
  M. capitata → Stizolobium capitatum
  M. castanea(褐毛黎豆・黑豆藤・牛豆)
 海南島に産。
  M. championii(絹毛油麻藤)
  ワニグチモダマ
(ミドリモダマ・ムニンモダマ) M. gigantea(M.toyoshimae;巨黎藤・大血藤)
  M. hainanensis(海南黎豆・水流藤)
 広西・海南・ベトナムに産。
  ウジルカンダ
(イルカンダ・カマエカズラ・クズモダマ・タイワンワニグチ)
        M. macrocarpa(M.ferruginea var.irukanda, M.ferruginea
        var.bungoensis, M.irukanda, M.irukanda var.bungoana;
        長莢油麻藤・大果油麻藤・血藤・蔓葉藤)
  カショウクズマメ
(ハネミノモダマ) M. membranacea(M.iriomotensis)
  コウトウクズマメ M. nigricans(野黎豆)
  M. paohwashanica(寧油麻藤)
  M. pruriens
    var. pruriens

    ハッショウマメ var. utilis(Stizolobium pruriens var.hassjoo,
         Stizolobium hassjoo;黎豆) 東南アジア熱帯の産。日本でも栽培。
  トビカズラ M. sempervirens(M.japonica;常春油麻藤)
  M. subferruginea(近銹毛油麻藤・血藤)
  M. wangii(鸚哥花藤・王氏油麻藤) 
 

 マメ科 LEGUMINOSAE(FABACEAE;豆科)については、マメ科を見よ。
 そのマメ亜科 Papilionoideae(Faboideae;蝶形花亞科)乃至マメ科 Papilionaceae(Fabaceae;蝶形花科)については、マメ亜科を見よ。

 和名は、源平合戦の時に観音像が空を飛んできてこの木に乗り移り、焼き打ちを逃れた、という伝説に基づく(『週刊朝日百科 植物の世界』)

 中国の、浙江・福建・江西・湖北・四川・貴州・雲南に分布。
 日本には、熊本県菊鹿
(きくか)町相良(あいら)に一株だけあり、国の天然記念物に指定されている。おそらく中国からはいったものだろう、と言う。 

 中国では、全草を薬用にする。種子は食用にし、油を採る。塊根からは澱粉を採る。茎の皮の繊維からは麻袋を作り、紙を漉く。 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index