えんじゅ (槐) 

学名  Sophora japonica (Styphonolobium japonicum)
日本名  エンジュ
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  エニス、エスノキ、エンジ、エンズ、コヤスノキ、キフジ、シナエンジュ
漢名  槐樹(カイジュ,huaishu)
科名(漢名)  豆(トウ,dou)科
  漢語別名  槐花樹(huaihuashu)、紫槐(zihuai)、白槐(ハクカイ,baihuai)、槐角子(カイカクシ,huaijiaozi)
英名  (Japanese) Pagoda-tree
2007/04/29 神代植物公園 2007/06/02 同左

2008/06/01 薬用植物園

2007/07/19 神代植物公園

2005/09/18  薬用植物園
2006/08/12 同上

2007/10/04 神代植物公園

2006/01/15 薬用植物園 2011/04/10 神代植物公園


 クララ属 Sophora(槐屬)については、クララを見よ。
 和名は、古名エニスの転訛。一説に、漢名槐子の呉音エス we-ju の転訛。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)槐に「和名恵爾須」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)31に、槐は「ヱニス和名鈔 キフヂ古名 ヱンジユ エンジ コヱンジユ」と。
 中国では各地で栽培されている樹木、とくに華北ではごく普通に植えられている。
 中国では、古くから 日かげを作るために 庭木・街路樹として植えた。材は堅いので建築に用い、葉・蕾(槐花)・花・果実(槐角)・樹皮を薬用にする。また花は食用にし、優良な蜂蜜を取る。実は石鹸の代用にし、油を取る。花から黄色の、樹皮から栗色の染料を採る。『中薬志』Ⅱpp.454-456・Ⅲpp.390-392 
 『周礼』秋官・朝士に、朝廷に三本の槐を植え 三公の位としたという(「面三槐、三公位焉。州長衆庶、在其後。」)。これより、最高の官位を「槐位」、大臣の家系を「槐門」などと美称する。このように、エンジュは立身出世の象徴。
 賈思勰『斉民要術』(530-550)巻5に「種槐・柳・楸・梓・梧・柞」が載る。
 日本の伝説では、神功皇后は宇美八幡宮(福岡県宇美町)の地で エンジュにとりすがって応神天皇を産んだと言う(『愚管抄』)
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「冬木之分」に、「槐 大ゑんじゆハ葉あらし。小ゑんじゆハ葉こまかに木(もく)めよくくろし。夏木、冬落葉」と。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index