さいかち 

学名  Gleditsia japonica
日本名  サイカチ
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  カワラフジノキ、サイカシ(サイカイシ・サイカイジュ)
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  Japanese honey locust
2007/04/19 薬用植物園

2006/05/06 同上
2008/06/01 薬用植物園

2008/08/19 薬用植物園

2005/10/23  同上
 
 
2007/12/25 同上 2006/12/14 同上


 サイカチ属 Gleditsia(皂莢屬)には、約14種がある。
   G. australis(小果皂莢)
 『中国本草図録』Ⅸ/4195
   G. delavayi(雲南皂莢)
 『雲南の植物Ⅱ』127
   G. fera(華南皂莢)
 『雲南の植物Ⅲ』134
   G. heterophylla(野皂莢・山皂角・馬角刺・胡里豆)
   サイカチ G. japonica(山皂莢・山皂角)
     トゲナシサイカチ f. inermis(var.inermis)
     var. delavayi(滇皂莢)
     チョウセンサイカチ var. koraiensis
     ヒメサイカチ var. stenocarpa
   G. melanacantha(山皂莢)
 『中国本草図録』Ⅲ/1208
   G. officinalis(G.horrida;猪牙皂・皂角子・皂莢)
『中薬志Ⅱ』pp.158-161
   タイワンサイカチ G. rolfei
   シナサイカチ
(トウサイカチ) G. sinensis(皂莢,ソウキョウ,zaojia) 『中国本草図録』Ⅱ/0627
   アメリカサイカチ G. triacanthos(美國皂莢・三刺皂莢・新疆皂莢) 
 マメ科 LEGUMINOSAE(FABACEAE;豆科)については、マメ科を見よ。
 そのジャケツイバラ亜科 Caesalpinioideae(雲實亞科)乃至ジャケツイバラ科 Caesalpiniaceae(雲實科)については、ジャケツイバラ亜科を見よ。
 和名は、漢方薬名の皂角子(ソウカクシ)の転訛、一説に法華経などに見える細滑(さいかち)から。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)皂莢に、「和名加波良布知乃岐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)皂莢に「和名加波良布知、此俗云蛇結」と。蛇結はジャケツイバラであろう。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)31に、皂莢に「西海子古名 サイカシ サイカチ サイカイジユ筑前 サアカアシ石州」と。
 本州・四国・九州に分布。
 種子は薬用に供し、莢はサポニンを含むので石鹼の代用品として用いた。
 中国では、G. sinensis(皂莢)の 幹に生じる刺を、皂角刺(ソウカクシ,zaojiaoci)と呼び、薬用にする。
 『万葉集』に、

   ■莢に 延
(は)ひおぼとれる 屎葛(くそかづら) 絶ゆる事無く みやづかへせむ
      
(16/3855,高宮王。屎葛はヘクソカズラ)

とある。
 ■莢
(ソウキョウ)の■は 草冠に皂。したがって■莢は、漢語に云う皂莢(ソウキョウ,zaojia)。
 この皂莢を、かわらふじと読む人と、さいかちと読む人があるが、いずれにしても 指している植物はサイカチ。
 近代では、

   いつのまに黄なる火となりちりにけむ青さいかちの小さき葉のゆめ
   さいかちの青さいかちの実となりて鳴りてさやげば雪ふりきたる
     
(北原白秋『桐の花』1913)

 蒲原有明に「さいかし」(『独絃哀歌』1903)がある。

   落葉林
(おちばばやし)の冬の日に
   さいかし一樹
(ひとき)
      (さなりさいかし、)
   その實は梢いと高く風はかわけり。

   落葉林のかなたなる
   里の少女は
      (さなりさをとめ、)
   まなざし淸きその姿なよびたりけり。

   落葉林のこなたには
   風に吹かれて、
      (さなりこがらし、)
   吹かれて空にさいかしの莢
(さや)こそさわげ。

   さいかしの實は墜ち、
   風にうらみぬ、――
      (さなりわびしや、)
   『命は獨りおちゆきて拾ふすべなし。』

   さいかしの實は枝に鳴り、
   音もをかしく
      (さなりきけかし、)
   墜ちたる殻の友の身をともらひ嘆く、――

   『嗚呼世に盡きぬ命なく、
   朽ちせぬ身なし。』――
      (さなりこの世や、)
   人に知られてさいかしの實は鳴りにけり。

   風おのづから彈きならす
   小琴ならねど、
      (さなりひそかに、)
   枝に縋れる殻の實のおもひかなしや。

   わびしく實る殻の種子
(たね)
   この日みだれて、
      (さなりすべなく、)
   音には泣けども調なき愁ひをいかに。

   かくて世にまた新
(あらた)なる
   光あれども
      (さなり光や、)
   われは歎きぬ、さいかしの古き愁ひを。
          
(蒲原有明『独絃哀歌』1903)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index