ささげ 

学名  Vigna unguiculata (V.sinensis, Dolichos sinensis)
日本名  ササゲ
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  
漢名  豇豆(コウトウ,jiangdou)
科名(漢名)  豆科
  漢語別名  豆角(トウカク,doujiao)、角豆、飯豆(ハントウ,fandou)、帶豆、裙帶豆(クンタイトウ,qundaidou)、薑豆、長豆
英名  Cow pea, Black-eyed pea

2008/07/21 薬用植物園

2005/08/02 薬用植物園

 蔓性と矮性がある。
 ササゲ属 Vigna(豇豆屬)には、主として旧世界の熱帯に約150種がある。
   モスビーン V. aconitifolia
インド産
   コチョウインゲン V. adenantha(Phaseolus adenantha)
 熱帯産
   V. angularis(Phaseolus angularis, Azukia angularis; 赤豆・赤小豆・紅豆)
     アズキ var. angularis
     ヤブツルアズキ var. nipponensis
   V. aureus(Phaseolus aureus;E.Mung bean, Green gram)インドの古来の作物
   V. caracakka(E.;Snailvine)
熱帯アメリカ産
   ハタササゲ
(ヤッコササゲ) V. cylindrica(V.unguiculata var.catjang, V. catjang,
         Dolichos unguiculata; 眉豆・飯豆;E.Catjung,catjang, Bombay cow pea)
         『中国本草図録』Ⅸ/4205
   サラワクマメ V. hosei
   ナガバハマササゲ V. luteola
   ハマアズキ V. marina
小笠原・南西諸島から熱帯にかけての海岸に分布
   ヒナアズキ(広義) V. minima
     ヒメツルアズキ var. minima(Vigna nakashimae, V.minima f.heterophylla
          (f.linearis), V.gracilicaulis, Azukia minima, Phaseolus minimus,
          Azukia nakashimae, ;山綠豆・賊小豆)
          
『中国本草図録』Ⅶ/3185)
日本(九州)・朝鮮・中国産
     ヒナアズキ(狭義) var. minor(Azukia riukiuensis, V.riukiuensis,
          Phaseolus riukiuensis)
 琉球・臺灣産
   ケツルアズキ
(ブラックマッペ) V. mungo(Phaseolus mungo;綠豆)
          
ネパール・インド・パキスタン・アフガニスタンに分布
   リョクトウ
(ヤエナリ・リョクズ) V. radiata(Azukia radiata, Phaseolus radiatus;綠豆)
     シマアズキ var. sublobata(V. stipulata, V.trilobata)
   オオヤブツルアズキ V. reflexopilosa(Azukia reflexopilosa,
          Phaseolus reflexopilosus)
 琉球・臺灣・東南アジア・オーストラリア
   バンバラマメ P. subterranea
   ツルアズキ
(カニメ) V. umbellata(Azukia umbellata,Phaseolus calcalatus;
          赤小豆・米赤豆・米菜豆・藿;E.Rice bean)
          中国(江西・兩廣)・東南アジア・インドに分布、食用・薬用。『中薬志Ⅱ』pp.142-147
   ササゲ V. unguiculata(V. sinensis; 豇豆・豆角・角豆・飯豆;E.Cow pea)
     ササゲ var. unguiculata
     ハタササゲ(ヤッコササゲ) var. catjang(ssp.cylindrica, V.cylindrica, Dolichos
          unguiculata; 眉豆・飯豆; E.Catjung,catjang, Bombay cow pea)
          『中国本草図録』Ⅸ/4205)
     ジュウロクササゲ var. sesquipedalis(ssp.sesquipedalis, V. sesquipedalis;長豇豆)
   アカササゲ(広義) V. vexillata (野豇豆)
     サクヤアカササゲ var. vexillata 
沖縄本島から熱帯に産
     アカササゲ(狭義) var. tsusimensis 
日本(九州・対馬)・朝鮮・中国
   V. yunnanensis(滇綠豆)

 上記の一部を、アズキ属 Azukia として独立させることがある。 
 マメ科 LEGUMINOSAE(FABACEAE;豆科)については、マメ科を見よ。
 そのマメ亜科 Papilionoideae(Faboideae;蝶形花亞科)乃至マメ科 Papilionaceae(Fabaceae;蝶形花科)については、マメ亜科を見よ。
 和名は捧げの意、ハタササゲの果実が初め上を向き、物を捧げるように見えることから。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)白角豆に、「和名佐々介」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)大角豆に「和名散々介」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』20(1806)豇豆に、「サゝゲ
和名鈔 大角豆同上 サゝ和方書」と。
 漢名豇豆は、紅色が多いことからとも云う。
 英名 cowpea は、全草を飼料・緑肥として用いることから。
 属名 Vigna は、イタリアの自然科学者ヴィニャ Domenico Vigna(17c.)に因む。
 アフリカ原産、古代インド・東南アジアに伝播。中国では『広雅』に初見。日本には、中国を経由して9世紀までには渡来。
 ヨーロッパには、アレクサンドロス大王の東征により入る。
 若い莢と熟した種子を食用とし、茎葉は飼料・肥料とする。
 中国では、根・葉・果皮・種子を薬用にする。

  豇豆畑
(ささげばた)の雑草(あらくさ)とるとあまつ日の入りたる後に連れられて来つ
    
(1945「疎開漫吟」,齋藤茂吉『小園』)
 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index