つつじしゃくなげ




 ツツジ科 Ericaceae(杜鵑花科)には、103属約3350種がある。
   Agapetes(樹蘿蔔屬)
   ヒメシャクナゲ属 Andromeda
   イチゴノキ属 Arbutus
地中海地方・カナリア諸島・北アメリカ西部などに20種
   コメバツガザクラ属 Arcterica
   ウラシマツツジ属 Arctous(Arctostaphylos;北極果屬)
   チシマツガザクラ属 Bryanthus
 1属1種
   ギョリュウモドキ属 Calluna(彩萼石楠屬)
1属1種、ヨーロッパ・トルコ産、北アメリカに帰化
   イワヒゲ属 Cassiope(岩鬚屬)
   ヤチツツジ属 Chamaedaphne(濕原躑躅屬) 
1属1種
   ハリガネカズラ属 Chiogenes(伏地杜屬)
 日本・朝鮮・北アメリカに各1種
   ミヤマホツツジ属 Cladothamnus 
日本・北アメリカに各1種
   Craibiodendron(假木荷屬)
   Diplarche(杉葉杜屬)
   ホツツジ属 Elliottia 日本・北アメリカに各1種
   ドウダンツツジ属 Enkianthus(吊鐘花屬)
   イワナシ属 Epigaea 
日本と北アメリカ東部に各1種
   エリカ属 Erica(歐石楠屬)
   シラタマノキ属 Gaultheria(白珠樹屬)
   ジムカデ属 Harrimanella 1属2
   カルミア属 Kalmia(山月桂屬)
   イソツツジ属 Ledum(杜香屬)
   イワナンテン属 Leucothoë(木藜櫨屬)
   ミネズオウ属 Loiseleuria
   ネジキ属 Lyonia(南燭屬)
   ヨウラクツツジ属 Menziesia
   Oxycoccus(紅苺苔子屬)
 ツルコケモモの仲間
   Pentapterygium(五翅苺屬)
   ツガザクラ属 Phyllodoce(栂櫻屬)
   アセビ属 Pieris(馬醉木屬・梫木屬)
   ツツジ属 Rhododendron(杜鵑屬)
   エゾツツジ属 Therorhodion(雲間杜鵑屬) 
2種
   ハコネコメツツジ属 Tsusiophyllum
   スノキ属 Vaccinium(越橘屬・烏飯樹屬) 
 日本語のつつじという語には、植物学的に定義された意味はないという。
 日本では、一般に、ツツジ科 ツツジ属 のうち、シャクナゲ亜属のものをシャクナゲ、それら以外のものを ツツジと総称する。
 ヨーロッパでは、ツツジ属の植物のうち常緑樹を導入して園芸用に栽培し、これをロードデンドロン rhododendron と呼ぶ。一方、アメリカでは落葉性のものを中心に園芸化し、これをアザレア azalea と呼ぶ。
 いずれにせよ、つつじとしゃくなげ、rhododendron と azalea の間は連続しており、これらの区別は便宜的なもの、という。
 ツツジ属 Rhododendron(杜鵑屬)には、約850種がある。
  (なお、しゃくなげ類は、シャクナゲ亜属をも見よ。)

   R. achroanthum(多色杜鵑)
   カラフトミヤマツツジ R. adamsii
   R. adenogynum(腺房杜鵑) 
『雲南の植物Ⅰ』185
   R. aechmophyllum(矛頭杜鵑)
   R. aganniphum
『雲南の植物』148
   R. agastum(迷人杜鵑)
   R. agglutinatum(R.phaeochrysum var.agglutinatum;凝毛杜鵑)
         『雲南の植物』152・『中国本草図録』Ⅸ/4269
   ムラサキヤシオツツジ(ミヤマツツジ) R. albrechtii
     シロバナムラサキヤシオツツジ f. albiflorum
   アマギツツジ R. amagianum(R. weyrichii var. amagianum)
   アマクサミツバツツジ R. amakusaense(R.viscistylum var.amakusaense)
   アマミセイシカ R. amamiense
   サキシマツツジ R. amanoi(R.amanoi var.glandulistylum, R.scabrum var.amanoi)
   R. ambiguum(問客杜鵑)
   R. amesiae(紫花杜鵑)
   R. anhweiense(黄山杜鵑・安徽杜鵑)
 『中国本草図録』Ⅶ/3271 
   R. annae(桃葉杜鵑)
   R. anthopogon(髯花杜鵑)『週刊朝日百科 植物の世界』6-149
   R. anthopogonoides(烈香杜鵑・黄花杜鵑)
   R. anthosphaerum(團花杜鵑)
   R. apodectum(可喜杜鵑)
   R. apricum(上杭杜鵑)
   R. arboreum(樹形杜鵑・粉紅樹形杜鵑・紅花杜鵑) 雲南・ビルマ・アッサム・シッキム・ブータン・
        ネパール・スリランカに分布。ネパールの国花。『週刊朝日百科 植物の世界』6-137・
        『原色高山植物大図鑑』282
   R. argyrophyllum(銀葉杜鵑)
   R. arizelum(奪目杜鵑)
   R. artosquameum(微心杜鵑)
   R. asterochnoum(星毛杜鵑)
   R. augustinii(毛肋杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4270
   キバナシャクナゲ R. aureum (R.xanthostephanum;鮮黄杜鵑)
   R. auriculatum(耳葉杜鵑)
   R. bachii(腺萼馬銀花)
   R. baileyi(輻花杜鵑)
   R. barbatum(硬刺杜鵑)
   R. basilicum(大葉杜鵑)
   R. beanianum(刺枝杜鵑)
   R. beesianum(寛鐘杜鵑)
   ムニンツツジ(オガサワラツツジ) R. boninense
   R. brachyanthum(短花杜鵑)
   ハクサンシャクナゲ R. brachycarpum(短果杜鵑)
 『中国本草図録』Ⅲ/1315
     ケナシハクサンシャクナゲ f. fauriei(R. fauriei)
     カラハクサンシャクナゲ var. tigerstedtii
   R. bracteatum(苞葉杜鵑)
   R. brevinerve(短脈杜鵑)
   ナンオウシャクナゲ R. breviperulatum
   R. brevistylum(短柱杜鵑)
   R. bullatum(泡泡葉杜鵑)
   R. callimorphum(卵葉杜鵑)
   R. calopytum(美容杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4271
   R. calostrotum(美被杜鵑)
   R. campanulatum(鐘花杜鵑)
   R. campylocarpum(彎果杜鵑・黄花杜鵑)
   R. campylogynum(彎柱杜鵑)
   R. capitatum(頭花杜鵑・小葉杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4272
   R. cardiobasis(心基杜鵑)
   R. carneum(肉色杜鵑)
   R. cavaleriei(多花杜鵑)
   R. cephalanthum(毛喉杜鵑・小葉杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4273
     var. nmaiense(賞花毛喉杜鵑)
   R. cerasinum(櫻花杜鵑)
   R. chaetomallum(絹毛杜鵑)
   R. championae(刺毛杜鵑・太平杜鵑・廣東杜鵑)
   R. charianthum(淑花杜鵑)
   R. charitopes(雅容杜鵑)
   R. chartophyllum(紙葉杜鵑)
   R. chasmanthum(張口杜鵑)
   R. chengshienianum(擬黄花杜鵑)
   R. chienianum(金山杜鵑)
   タイワンゴヨウツツジ R. chilanshanense
   R. chisinianum(龍勝杜鵑)
   R. chloranthum(黄綠杜鵑)
   R. chrysanthum(牛皮杜鵑・牛皮茶・七里香)
 『中国本草図録』Ⅲ/1316 
   R. chryseum(金黄杜鵑)
   R. chrysocalyx(金萼杜鵑)
   R. chrysodoron(純黄杜鵑)
   R. chunienii(金鱗杜鵑)
   R. chunii(宿柱杜鵑)
   R. ciliatum(睫毛杜鵑)
『原色高山植物大図鑑』286
   R. ciliicalyx(睫毛萼杜鵑)
   R. cinnabarinum(朱砂杜鵑)
『週刊朝日百科 植物の世界』150・『原色高山植物大図鑑』283
   R. clementinae(麻點杜鵑)
   r. boeloneurum(麻葉杜鵑)
   R. concinuum(秀雅杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4274
   R. coriaceum(革葉杜鵑)
   R. crinigerum(長粗毛杜鵑・剛毛杜鵑) 
『雲南の植物Ⅰ』185
   R. cyanocarpum(藍果杜鵑) 
『雲南の植物Ⅰ』186
   R. dabashanense(大坂山杜鵑)
   R. dalhousiae『週刊朝日百科 植物の世界』151
   エゾムラサキツツジ R. dauricum(興安杜鵑・滿山紅・映山紅)
        
『中国本草図録』Ⅳ/1779、『中草薬現代研究』Ⅰp.328
   R. davidii(腺果杜鵑) 『中国本草図録』Ⅶ/3272
   R. davidsonianum(凹葉杜鵑)
   R. decorum(太白杜鵑)
『雲南の植物Ⅱ』191・『雲南の植物』149・『中国本草図録』Ⅴ/2241
   アズマシャクナゲ R. degronianum(R. metternichii var.pentamerum)
     アマギシャクナゲ var. amagianum
     ツクシシャクナゲ ssp. heptamerum → R. japonoheptamerum

   R. delavayi(R.arboreum ssp.delavayi;馬纓花・馬纓杜鵑)
        
『雲南の植物Ⅱ』192・『中国本草図録』Ⅴ/2242
   R. dendrocharis(樹生杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4275
   R. desquamatum(茶花葉杜鵑)
   R. detonsum(落毛杜鵑)
   R. diaprepes(高尚杜鵑)
   R. dichroanthum(兩色杜鵑)
   R. didymum(黑紅杜鵑)
   ミツバツツジ R. dilatatum
     ヒダカミツバツツジ var. boreale(R. hidakanum)
     トサノミツバツツジ var. decandrum(var.pilosum, R.decandrum)
     アワノミツバツツジ var. lasiocarpum(R. inobeanum)
     ハヤトミツバツツジ var. satsumense
   R. discolor(喇叭杜鵑)
   R. dryophyllum(櫟葉杜鵑) 『雲南の植物Ⅰ』187
   R. duclouxii(昆明杜鵑)
 『雲南の植物Ⅱ』193
   R. eclecteum(雜色杜鵑)
   R. edgeworthii(泡泡葉杜鵑) 
『雲南の植物Ⅰ』187・『原色高山植物大図鑑』286
   R. emarginatum(缺頂杜鵑)
 『中国本草図録』Ⅵ/210
   マルバサツキ R. eriocarpum(R.tamurae, R.simsii var.tamurae)
     センカクツツジ var. tawadae
   R. eriogynum(綿毛房杜鵑)
   R. erubescens(紅暈杜鵑)
   R. euonymifolium(衞矛葉杜鵑)
   R. excellens(大喇叭杜鵑) 『中国本草図録』Ⅵ/211
   R. exquisitum(優美杜鵑)
   R. faberi(金頂杜鵑)
   R. faithae(大雲錦杜鵑)
   R. falconeri アッサム・ネパールに分布。
        
『週刊朝日百科 植物の世界』6-136・『原色高山植物大図鑑』283
   R. fargesii(粉紅杜鵑)
   トウサクラツツジ R. farrerae(丁香杜鵑・天目杜鵑)
   R. fastigiatum(密枝杜鵑)
『雲南の植物』150
   アルペンローゼ R. ferrugineum
   R. fictolacteum(假乳黄杜鵑)
   R. flavidum(淡黄杜鵑)
   R. floccigerum(棉毛杜鵑)
   R. floribundum(繁花杜鵑)
   R. fokienense(福建杜鵑)
   タイワンシャクナゲ R. formosanum
   R. forrestii(紫背杜鵑)
   R. fortunei(雲錦杜鵑・天目杜鵑)
 『中国本草図録』Ⅵ/2763
   R. fulvum(鐮果杜鵑)
   R. galactinum(乳黄葉杜鵑)
   R. genestierianum(灰色杜鵑)
   R. giganteum(大樹杜鵑)
   R. glischrum(粘毛杜鵑)
   R. grande(巨魁杜鵑)
   R. griersonianum(朱紅大杜鵑)
   R. haemaleum(紫血杜鵑)
   R. haematodes(擬血杜鵑)
   R. hainanense(海南杜鵑)
   R. hanceanum(疏葉杜鵑)
   R. hancockii(滇南杜鵑)
   R. haofui(光枝杜鵑)
   R. headfortianum(獨花杜鵑)
   R. heishuiense(黑水杜鵑)
   R. heliolepis(亮鱗杜鵑)
   R. hemsleyanum(波葉杜鵑)
     var. chengianum(無腺杜鵑)
   R. henryi(彎蒴杜鵑)
   R. hippophaeroides(灰背杜鵑)
『雲南の植物』150
     var. occidentale(長柱灰背杜鵑) 
『雲南の植物Ⅰ』188
   R. hodgsonii(多裂杜鵑)
   R. hongkongense(白馬銀花)
   R. hookeri(串珠杜鵑)
   R. horaeum(美艷杜鵑)
   R. hutchinsonianum(二郎山杜鵑)
   R. hypenanthum(毛花杜鵑)
   R. hyperythrum(微笑杜鵑)
   R. hypoglaucum(粉白杜鵑)
   R. hypolepidotum(緑柱杜鵑)
   ヒュウガミツバツツジ R. hyugaense(R. viscistylum var. hyugaense)
   サツキ R. indicum
   R. insigne(不凡杜鵑)
   R. intricatum(隱蕊杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4276
   R. irroratum(露珠杜鵑・黄馬纓花)
 『雲南の植物Ⅱ』193
   レンゲツツジ R. japonicum(R. molle var. glabrius)
   ツクシシャクナゲ R. japonoheptamerum
     ホンシャクナゲ(シャクナゲ) var. hondoense(R.metternichii var.hondoense,
          R. degronianum ssp. heptamerum var. hondoense)
     ツクシシャクナゲ var. japonoheptamerum(R. japonicum, R. degronianum
          ssp. heptamerum, R. metternichii)
     キョウマルシャクナゲ var. kyomaruense(R. degronianum ssp. heptamerum
          var. kyomaruense, R. metternichii var. kyomaruense)
     オキシャクナゲ var. okiense(R. degronianum ssp. heptamerum var. okiense)
   R. kaempferi
     ヤエザキヤマツツジ f. komatsui(R. obtusum var. kaempferi f. komatsui)
     シキザキヤマツツジ f. semperflorens
     ヤマツツジ var. kaempferi(R. obtusum var. kaempferi, R. scabrum
          var. kaempferi, R. kaempferi var. lucidusculum)
     オオシマツツジ var. macrogemma(R. macrogemma, R. obtusum var. macrogemma)
     ミカワツツジ var. mikawanum(R. obtusum var. mikawanum)
     サイカイツツジ var. saikaiense(R. obtusum var. saikaiense)
     ヒメヤマツツジ var. tubiflorum(R. obtusum var. tubiflorum)
   ウライツツジ R. kanehirae(臺北杜鵑)
   シマシャクナゲ R. kawakamii(R. taiwanianum)
   ヒカゲツツジ R. keiskei(R. keiskei var. cordifolium)
     ウラジロヒカゲツツジ var. hypoglaucum
     ハイヒカゲツツジ
(ヤクシマヒカゲツツジ) var. ozawae
   R. keysii(管花杜鵑)
   ミヤマキリシマ R. kiusianum(R. obtusum var. japonicum) 霧島・阿蘇・九重・雲仙等に分布。
        
ヤマツツジ R.obtusum var.kaempferi の高山型変種ともいう。江戸時代に島原藩が
        ウンゼンツツジ(雲仙に生えるつつじの意)と呼び、今日長崎県花として「ウンゼンツツジ
        
(ミヤマキリシマ)」と呼ぶもの。植物名としてのウンゼンツツジは別種。
   キヨスミミツバツツジ R. kiyosumense(R. dilatatum var. kiyosumense)
   アシタカツツジ R. komiyamae
   R. kwangfuens(廣福杜鵑)
   R. kwangsiense(廣西杜鵑)
   R. kwangtungense(廣東杜鵑)
   R. lacteum(乳黄杜鵑)
   R. lagopus
     ダイセンミツバツツジ var. lagopus(R. nudipes ssp. niphophilum var. lagopus,
          R. reticulatum var. lagopus)
     ユキグニミツバツツジ var. niphophilum(R. nudipes ssp. niphophilum)
     ツルギミツバツツジ var. tsurugisanense
     トクシマミツバツツジ var. tokushimense
   R. lanigerum(綿絨杜鵑)
   R. lapponicum
     モウセンツツジ ssp. alpinum(R. parvifolium var. alpinum, R. confertissimum)
     サカイツツジ ssp. parvifolium(R. parvifolium)
   セイシカ
(聖紫花) R. latoucheae(R.ellipticum,R.leiopodum;鹿角杜鵑・岩杜鵑)
          
 琉球・臺灣・中国(浙江・江西・福建・廣東)に分布、『週刊朝日百科 植物の世界』6-101
     アマミセイシカ var. amamiense(R. ellipticum var. amamiense, R.amamiense,
          R. leiopodum var. amamiense)
   R. laudandum(毛冠杜鵑)
     var. temoense(鐵木杜鵑)
   R. lavinei(南嶺杜鵑)
   R. ledoides(簡花杜鵑)
   R. leei(紫腺杜鵑)
   R. leiopodum(光脚杜鵑)
   R. lepidotum(鱗腺杜鵑)
   R. leptothrium(薄葉杜鵑・薄葉馬銀花)
 『雲南の植物Ⅰ』189
   R. liliiflorum(百合花杜鵑)
   R. lindleyi(大花杜鵑)
   R. lingii(乳源杜鵑)
   R. longesquamatum(長鱗杜鵑)
   R. ludlowii(廣口杜鵑)
   R. lutescens(黄花杜鵑)
   R. lyi(長柱杜鵑)
   モチツツジ R. macrosepalum
   R. maculiferum(麻花杜鵑)
   R. maddenii(隱脈杜鵑)『週刊朝日百科 植物の世界』1502
   R. magnificum(宏壯杜鵑)
   エンシュウシャクナゲ(ホソバシャクナゲ) R. makinoi(R. yakushimanum ssp. makinoi)
   R. mallotum(羊毛杜鵑)
   シュジョウツツジ R. mariesii(R. shujoense;滿山紅) 『中国本草図録』Ⅵ/2764
   R. mariae(嶺南杜鵑・紫花杜鵑・異葉杜鵑)
   R. mariesii(滿山紅・山石榴)
   R. martinianum(少花杜鵑)
   ナンゴクミツバツツジ R. mayebarae(R. nudipes var. mayebarae, R. dilatatum
          var. viscistylum subvar. mayebarae)
     オオスミミツバツツジ var. ohsumiense
   R. meddianum(紅萼杜鵑)
   R. megacalyx(大萼杜鵑)
   R. megeratum(招展杜鵑)
   R. melinanthum(蜜花杜鵑)
   ホザキツツジ
(コゴメツツジ) R. micranthum(照山白・照白杜鵑・白鏡子・燒達香・達子香・
          黄金花・萬經棵) 
『中国本草図録』Ⅰ/251、『中草藥現代研究』Ⅲp.229
   R. microphyton(亮毛杜鵑・酒瓶花)
『雲南の植物』151・『中国本草図録』Ⅸ/4277
   R. minutiflorum(小花杜鵑)
   R. molle
     トウレンゲツツジ var. molle(羊躑躅・鬧羊花・六軸子) 中国(長江流域各省・福建・廣東)産,
          
『中国本草図録』Ⅵ/2765・『週刊朝日百科 植物の世界』6-103
     レンゲツツジ ssp. japonicum(var. glabrius, R. japonicum)
   R. monanthum(一朶花杜鵑)
   R. monosematum(黄斑杜鵑)
   R. moulmainense(絲綫吊芙蓉) 『中国本草図録』Ⅵ/212
   R. moupinense(寶興杜鵑)
   リュウキュウツツジ R. mucronatum(白花杜鵑) 『中国本草図録』Ⅵ/2766
   R. mucronulatum
     カラムラサキツツジ var. mucronulatum(迎紅杜鵑)
        
 朝鮮・中国(東北・北部)に分布。『中国本草図録』Ⅳ/1780
     ゲンカイツツジ var. ciliatum(var. lucidum;毛葉迎紅杜鵑)
   R. muliense(木里杜鵑)
   R. naamkwanense(南昆杜鵑)
   ナカハラツツジ R. nakaharae(R. longiperulatum)
   R. neriiflorum(火紅杜鵑・大紅杜鵑) 
『雲南の植物Ⅰ』189・『週刊朝日百科 植物の世界』6-142
   R. nigropunctatum(黑鱗杜鵑)
   オオバツツジ R. nipponicum
   R. nitidulum(米亮杜鵑)
   R. nivale(雲層杜鵑)
   イサオツツジ R. noriakianum(R. sikayotaizanense)
   サイゴクミツバツツジ R. nudipes(R. reticulatum var. nudipes)
     ヒメミツバツツジ var. gracilescens(var. nagasakianum, R. gracilescens)
     キリシマミツバツツジ var. kirishimense
   R. nuttallii(木蘭杜鵑)
   R. obtusum
     サタツツジ var. obtusum
 鹿児島県の丘陵草原や低山に自生
     ヤマツツジ var. kaempferi(R. kaempferi)
北海道・本州・四国・九州の明るい林床・林縁に自生
     サイカイツツジ var. saikaiense
 五島列島・甑島に自生
     ミカワツツジ var. mikawanum 
愛知県三河の産
     ヒメヤマツツジ var. tubiflorum 
広島・山口産
   キンモウツツジ R. ohldamii(磚紅杜鵑)
     オオシマツツジ
(オオシマヤマツツジ・コウヅシマヤマツツジ) var. macrogemma 伊豆地方産
   R. oleifolium(油葉杜鵑)
   R. openshawianum(尖葉杜鵑)
   R. orbiculare(團葉杜鵑)
   R. oreodoxa(山光杜鵑)
   R. oreotrephes(山育杜鵑) 
『雲南の植物Ⅰ』190
   R. orthocladum
『雲南の植物』151
   ウラジロミツバツツジ R. osuzuyamense(R. dilatatum var. glaucum, R$. vescistylum
          var. glaucum)
   R. oulotrichum(卷毛杜鵑)
   マルババイカツツジ R. ovatum(卵葉杜鵑・馬銀花)
     ランダイヒカゲツツジ var. lamprophyllum(R. lamprophyllum)
   R. pachytrichum(絨毛杜鵑)
   R. parmulatum(盤萼杜鵑)
   サカイツツジ R. parvifolium(小葉杜鵑)
 『中国本草図録』Ⅲ/1317
   R. pemakoense(假單花杜鵑)
   R. pentaphyllum
     ツクシアケボノツツジ var. pentaphyllum(var. villosum)
     アカヤシオ
(ゴヨウツツジ・アカギツツジ) var. nikoense(R. nikoense)
     アケボノツツジ var. shikokianum
   R. peramoenum(悦人杜鵑)
   R. phaeochrysum(褐黄杜鵑)
『雲南の植物Ⅰ』190
     var. agglutinatum → R.agglutinatum
   R. pholidotum(蒼山杜鵑)
   R. pingianum(海綿杜鵑)
   R. planetum(闊口杜鵑)
   R. platyphyllum(闊葉杜鵑)
   R. platypodum(闊柄杜鵑)
   R. polylepis(多鱗杜鵑)
   R. potaninii(甘肅杜鵑)
   R. praestans(優秀杜鵑)
   R. praevernum(早春杜鵑)
   R. prattii(康定杜鵑)
   R. primulaeflorum(櫻草杜鵑)
『雲南の植物Ⅰ』191・『雲南の植物』153
     var. cephalanthoides(微毛杜鵑)
     var. lepidanthum(鱗花杜鵑)
   R. prostratum(平臥杜鵑)
   R. protistum(魁首杜鵑)
   R. przewalskii(靑海杜鵑・光背杜鵑・隴蜀杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4278
   ニイタカシャクナゲ R. pseudochrysanthum
     モリシャクナゲ ssp. morii(R. morii)
       ナンコシャクナゲ var. nankotaisanense
       アカボシャクナゲ var. taitunense(R.rubropunctatum)
   R. pseudoyanthinum(紫蕊杜鵑)
   R. pebescens(柔毛杜鵑)
   R. pulchrum(錦繍杜鵑)
   R. pumilum(矮小杜鵑)『週刊朝日百科 植物の世界』6-149
   R. purdomii(太白杜鵑)
   シロヤシオ(ゴヨウツツジ・マツハダ) R. quinquefolium
   チベットシャクナゲ R. racemosum(腋花杜鵑)
        
『雲南の植物Ⅰ』191・『雲南の植物』153・『中国本草図録』Ⅸ/4279
   R. ravum(灰色杜鵑)
   コバノミツバツツジ R. reticulatum
     アラゲミツバツツジ var. ciliatum
     ニシキコバノミツバツツジ var. parvifolium
     ゲンペイコバノミツバツツジ f. versicolor
   R. rex(大王杜鵑)
   R. rigidum(基毛杜鵑)
   キシツツジ R. ripense(R. mucronatum var. ripense)
   R. ririei(大鐘杜鵑)
   R. rivulare(溪畔杜鵑)
   R. roxieanum(卷葉杜鵑)
   R. rubiginosum(紅棕杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4280『雲南の植物』154
   R. rubrolineatum(紅錢杜鵑)
   アカゲツツジ
(ケシベツツジ) R. rubropilosum(R. lasiostylum)
   R. rufescens(紅背杜鵑)
   R. rufum(黄毛杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4281
   R. rupicola(多色杜鵑)
『雲南の植物Ⅰ』194
     var. chryseum(金黄杜鵑)
『雲南の植物Ⅰ』194・『雲南の植物』154
   R. russatum(紫藍杜鵑)
   サイシュウツツジ R. saisiuense
   R. saluenense(怒江杜鵑)
   ジングウツツジ R. sanctum(R. weyrichii var. sanctum)
     シブカワツツジ var. lasiogynum
   R. sanguineum(血紅杜鵑)
   R. sargentianum(水仙杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4282
   サタツツジ R. sataense(R. kiusianum var. sataense, R. kaempferi var. sataense,
          R. austrokiusianum)
   R. scabrifolium(糙葉杜鵑)
 『雲南の植物Ⅱ』194
   ケラマツツジ R. scabrum 
『花壇地錦抄』(1695)に「けらまつつじ 赤、大りん」と
   クロフネツツジ R. schlippenbachii(大字杜鵑)
        朝鮮・中国(東北)に分布,『中国本草図録』Ⅵ/2767
   R. scopulorum(石峰杜鵑)
   R. scottianum(波瓣杜鵑)
   R. searsiae(綠點杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4283
   R. selense(多變杜鵑)
   バイカツツジ R. semibarbatum
   R. semilunatum(彎月杜鵑)
   R. semnoides(圓頭杜鵑)
   R. seniavinii(毛果杜鵑)
   R. serotinum(晩花杜鵑)
   ウンゼンツツジ R. serpyllifolium 伊豆半島・紀伊半島・四国南部・大隅半島に分布。長崎県には
        
分布せず、その地方で言うウンゼンツツジ(雲仙に生えるつつじの意)はミヤマキリシマ。
     シロバナウンゼン var. albiflorum 
本州西部・四国に分布
   R. setosum(剛毛杜鵑)
『週刊朝日百科 植物の世界』152・『原色高山植物大図鑑』289
   R. sherriffii(紅鐘杜鵑)
   R. siderophyllum(銹葉杜鵑) 
『雲南の植物Ⅰ』194
   R. siderophyllum(銹葉杜鵑)
   R. simiarum(猴頭杜鵑)
   シナヤマツツジ(トウサツキ・トウヤマツツジ・タイワンヤマツツジ) R. simsii
        (杜鵑・映山紅・紅花杜鵑)
『雲南の植物Ⅱ』195・『中国本草図録』Ⅰ/252
   R. sinogrande(凸尖杜鵑)
『雲南の植物』155・『週刊朝日百科 植物の世界』6-143
   R. sinonuttalli(大果杜鵑)
   R. souliei(白碗杜鵑)
   R. spadiceum(蔗黄杜鵑)
   R. spiciferum(碎米杜鵑・毛葉杜鵑)
 『雲南の植物Ⅱ』195
   R. spinuliferum(爆仗花・爆仗杜鵑・大杜鵑・紅杜鵑)
        
『雲南の植物Ⅱ』196・『雲南の植物』155・『中国本草図録』Ⅸ/4284
   R. stamineum(R.cavaleriei var.chaffanjoni, R.aucubaebolium, R.pittosporaefolium;
         長蕊杜鵑・六骨筋) 『中国本草図録』Ⅶ/3273
   R. stenalum(長蒴杜鵑) 『中国本草図録』Ⅵ/213
   R. stereophyllum(硬葉杜鵑)
   R. stewartianum(多趣杜鵑)
   R. strigillosum(芒刺杜鵑)
 『雲南の植物Ⅱ』196
   R. sulphureum(硫黄杜鵑)
   R. supranubium(雲上杜鵑)
   R. sutchuenense(四川杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4285
   R. taggianum(白喇叭杜鵑)
   ヒメキンモウツツジ R. taiwanalpinum(R. rubropilosum var. taiwanalpinum)
   R. raliense(大理杜鵑)
   R. taronense(薄皮杜鵑)
   サクラツツジ R. tashiroi (櫻色杜鵑)
     ケサクラツツジ(アラゲサクラツツジ) var. lasiophyllum
   テボタン R. tebotan
   R. telmateium(草原杜鵑) 
『雲南の植物Ⅰ』194
   R. tephropeplum(灰被杜鵑)
   R. thayerianum(反邊杜鵑)
   R. thomsonii(半團葉杜鵑) チベット南東部・ネパール・ブータンに分布。
        
『週刊朝日百科 植物の世界』6-135・『原色高山植物大図鑑』289
   R. thymifolium(千里香杜鵑・百里香葉杜鵑) 『中国本草図録』Ⅸ/4286
   R. timeteum(可敬杜鵑)
   フジツツジ(メンツツジ) R. tosaense(R. obtusum var. tosaense)
     シロバナフジツツジ f. albiflorum
   R. traillianum(川滇杜鵑)
   オオヤマツツジ R. transiens
   R. trichocladum(糙毛杜鵑) 
『雲南の植物Ⅰ』196
   R. trichostomum(毛嘴杜鵑)
   R. triflorum(三花杜鵑)
『週刊朝日百科 植物の世界』6-148
   コメツツジ R. tschonoskii
     チョウジコメツツジ var. tetramerum(R. tetramerum)
     オオコメツツジ var. trinerve
   R. tsinghaienes(靑海杜鵑)
   R. tsoi(兩廣杜鵑)
   ツルギミツバツツジ R. tsurugisanense(R. nudipes var. tokushimense, R. nudipes
          ssp. niphophilum var. tsurugisanense, R. lagopus var. tokushimense,
          R. lagopus var. tsurugisanense)
     アカイシミツバツツジ var. nudipetiolatum
   ハコネコメツツジ R. tsusiophyllum(R. tanakae)
   R. tubulosum(長管杜鵑)
   R. uvarifolium(紫玉盤杜鵑)
   トキワバイカツツジ R. uwaense 
1984年愛媛県北宇和郡で発見
   R. vaccinioides(越橘杜鵑)
   R. vellereum(白毛杜鵑)
   R. vernicosum(亮葉杜鵑)
 四川・雲南に分布。
        『週刊朝日百科 植物の世界』6-140・
『雲南の植物Ⅰ』196
   R. versicolor(變色杜鵑)
   R. vialii(紅馬銀花)
 『雲南の植物Ⅱ』197
   R. villosum(長毛杜鵑)
   R. violaceum(紫丁杜鵑)
   R. virgatum(柳條杜鵑)
   タカクマミツバツツジ R. viscistylum(R. dilatatum var. viscistylum)
     アマクサミツバツツジ var. amakusaense(R. amakusaense)
   トウゴクミツバツツジ R. wadanum(R. reticulatum var. wadanum)
     カイミツバツツジ var. kaiense
   R. wallichii(簇毛杜鵑)
   R. wardii(黄杯杜鵑)
『雲南の植物』156
   R. wasonii(異色杜鵑)
   R. watsonii(無柄杜鵑)
   R. websterianum(毛蕊杜鵑)
   R. westlandii(絲錢吊芙蓉・毛棉杜鵑花)
   オンツツジ(ツクシアカツツジ) R. weyrichii
     ムラサキオンツツジ f. purpuriflorum
     タンナアカツツジ var. psilostylum
   R. wightii(宏鐘杜鵑)
   R. williamsianum(圓葉杜鵑) 『中国本草図録』Ⅶ/3274
   R. wiltonii(皺皮杜鵑) 『中国本草図録』Ⅶ/3275
   キバナシャクナゲ R. xanthostephanum(R.aureum;鮮黄杜鵑)
   ヤクシマヤマツツジ R. yakuinsulare(R. scabrum var. yakuinsulare)
   ヤクシマミツバツツジ R. yakumontanum
   ヤクシマシャクナゲ R. yakusimanum(R.metternichii var. yakushimanum)
     オオヤクシマシャクナゲ var. intermedium
   R. yedoense
     チョウセンヤマツツジ var. yedoense 
朝鮮産
     タンナチョウセンヤマツツジ var. hallaisanense
   R. youngae(彎尖杜鵑)
   R. yungningense(永寧杜鵑) 
『雲南の植物Ⅰ』198
   R. yunnanense(雲南杜鵑) 
『雲南の植物Ⅰ』199・『雲南の植物』157 
   R. zaleuvum(白面杜鵑) 
 日本で栽培するものに、次のようなものがある。
   キリシマ R.×obtusum
 ヤマツツジの栽培品種。
          早く正保(1644-1648)頃、薩摩から京都・江戸に送られている。
   クルメツツジ R. obtusum 'Sakamotoi'
 江戸時代末期に九州久留米地方で、
          サタツツジ R.sataense とヤマツツジをもととし、ミヤマキリシマが加わって
          改良されたもの。今日約300品種がある。
   ヒラドツツジ R.×pulchrum
 長崎県平戸の武家屋敷に植えられた、リュウキュウツツジ・
          キシツツジ R. ripense ・ヤマツツジ・モチツツジ・シナサツキ・ケラマツツジなどの
          自然交雑によりできたもの。今日約200品種がある。
   リュウキュウツツジ R.×mucronatum 
   オオムラサキ R.×pulchrum 'Oomurasaki' (var. speciosum, R.oomurasaki;
          錦繡杜鵑) 
一説に、ケラマツツジ R. scabrum とリュウキュウツツジの交配種。
   アザレア Azalea
 


 日本ではつつじの漢字として、躑躅・杜鵑花・映山紅などが当てられる。しかし・・・

 漢語では、躑躅(テキチョク,zhizhu)とは 躊躇して進まないようすを表す語。行っては止まり 行っては止まりして、さまよう、うろつく、など。ある種のつつじは有毒で、羊がこれを食うと中毒して躑躅して倒れることから、羊躑躅(ヨウテキチョク,yangzhizhu)と名づけられた。ここから、躑躅はつつじの通称となった。


 こんにち羊躑躅(閙羊花・六軸子)と呼ぶものはトウレンゲツツジ R. molleレンゲツツジを見よ。

 杜鵑花(トケンカ,dujuanhua)の名は、シナヤマツツジが杜鵑
(ほととぎす)が鳴くころにさくことから。シナヤマツツジの誌を見よ。 
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)に、羊躑躅は「和名以波都々之、又之呂都々之、一名毛知都々之」と、茵芋は「和名尓都々之、一名乎加都々之」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)に、羊躑躅は「和名以波豆々之、一云毛知豆々之」と、茵芋は「和名仁豆々之、一云乎加豆々之」と、山榴は「和名阿伊豆々之」と。
 和名シャクナゲは、漢語の石楠花(セキナンカ,shinanhua)の転訛。
 ただし、漢名を石楠というものは オオカナメモチ Photinia serrulata(P. serratifolia)、別名は千年紅・扇骨木・鬼目。カナメモチの同属異種であり、シャクナゲとは関係が無い。
 属名 Rhododendron は「赤い(花のさく)木」の意。
 英語のアザレア Azalea は、つつじ一般の総称。
 日本でアザレアという時は、海外において、ことに19世紀初にベルギーのピー・モルチェルが作り出し、20世紀まで引き続き改良されてきた園芸品種群をいう。日本には、アメリカ人ベーマーが明治25年頃に持ち込んだ。
 


 中国では、漢名の一 杜鵑花に、ある伝説がまつわる。
 「昔 人有り。姓は杜、名は宇。蜀
(今の四川省) 号して望帝と曰う。宇 死す。俗説に云う、宇 化して子規(ホトトギス,Cuculus poliocephalus)と為る。子規は鳥の名なり。蜀の人、子規の鳴くを聞くに、皆 望帝と曰うなり」と(『蜀記』。左思「蜀都賦」注所引)。この子規の別名を、杜鵑という。
 さて、ホトトギスは不如帰とも書くが、これはその鳴き声を不如帰 burugui
(帰りたい、帰りたい)と聞き為し、書き写したもの。そのように鳴きながら、ホトトギスが吐いた血が 地上に落ちて、ツツジの花を真紅に染めたのだ、という。
 日本では、『万葉集』に、つつじとして、

   物念(おも)はず 道行く去(ゆ)くも 青山を 振り放(さ)け見れば
   つつじ花 香
(にほえ)未通女(をとめ) 櫻花 盛(さかえ)未通女
   汝をそも 吾に依すと云ふ 吾をそも 汝に依すと云ふ・・・
       
(13/3305,読人知らず。また 13/3309 略同

 いわつつじ
(岩に生えるつつじ)として、

   水伝ふ 磯の浦廻
(うらみ)の 石(いは)つつじ も(茂)く開(さ)く道を また見なむかも
      
(2/185,読人知らず)
   山超えて 遠津の浜の 石つつじ 吾が来るまでに 含みてあり待て
      
(7/1188,読み人知らず)

 につつじ
(赤い花のさくつつじ)として、

   ・・・ 冬ごもり 春さり行かば 飛ぶ鳥の 早く来まさね
   龍田道の 岳邊
(をかべ)の路に 丹(に)つつじの 薫はむ時の 桜花 開きなむ時に
   山たづの 迎え参
(まい)出む きみが来まさば (6/971,高橋虫麿)

 しらつつじ
(白い花のさくつつじ)として、

   かざはやの 美保の浦廻
(うらみ)の 白(しら)つつじ 見れどもさぶし 無き人念へば
      
(3/434,河辺宮人)
   細
(たく)ひれ(領巾)の 鷺坂山の 白つつじ 吾ににほはね 妹に示さむ
     
(9/1694,読人知らず)
   をみなへし 咲く野に生ふる 白つつじ 知らぬ事もち 言はえし吾が背
     
(10/1906,読人知らず)

などと詠われる。
 平安時代に入り、『古今集』には、

   おもひいづる ときはの山の いはつつじ いはねばこそあれ 恋しき物を
(よみ人しらず)

 西行
(1118-1190)『山家集』に、

   いは
(岩)つたひ お(折)らでつつじを てにぞとる さか(嶮)しき山の とりどころには
   つつじさく 山のいはかげ ゆふば
(夕映)えて をぐらはよその な(名)のみ成けり
     
(「つゝじ山のひかりたり」。小倉山と小暗いをかける)
 

   ひとり尼わら家すげなし白つゝじ 
(芭蕉,1644-1694)

   山鳥や躑躅よけ行尾のひねり 
(探丸,『猿蓑』1691)

   つゝじ野やあらぬ所に麦畑 
(蕪村,1716-1783)
   つゝじ咲て石移したる嬉しさよ 
(同)
   岩に腰我
(われ)頼光(らいくわう)のつゝじ哉 (同)
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index