つくししゃくなげ (筑紫石楠花) 

学名  R. japonoheptamerum var. japonoheptamerum
(R. japonicum, R. degronianum ssp. heptamerum, R. metternichii)
日本名  ツクシシャクナゲ
科名(日本名)  ツツジ科
  日本語別名  シャクナゲ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2007/04/15 神代植物公園


 ツツジ属 Rhododendron(杜鵑屬) シャクナゲ亜属 Subgen. Hymenanthes には、日本・中国・ヒマラヤに次のようなものがある。

  R. aganniphum
四川・雲南・靑海・西藏東南部に分布。『雲南の植物』148
  R. arboreum(樹形杜鵑)
雲南・ビルマ・アッサム・シッキム・ブータン・ネパール・スリランカに分布。
        ネパールの国花。『週刊朝日百科 植物の世界』6-137『原色高山植物大図鑑』282
  キバナシャクナゲ R. aureum (R.xanthostephanum;鮮黄杜鵑)
日本(北海道・本州中北部)・朝鮮(北部)・
        中国(雲南・西藏)・ビルマ(北部)・千島・樺太・カムチャツカ・東シベリア中国に分布。
  R. barbatum(硬刺杜鵑)
チベット南部・ネパール・ブータン・シッキムに分布。
        『週刊朝日百科 植物の世界』6-135
  ハクサンシャクナゲ R. brachycarpum(短果杜鵑) 『中国本草図録』Ⅲ/1315
  R. campanulatum(鐘花杜鵑)
チベット南部・カシミール・ネパール・ブータンに分布。
        『週刊朝日百科 植物の世界』6-138
  R. campylocarpum(彎果杜鵑)
雲南・チベット南東部・ネパール・ブータンに分布。
        『週刊朝日百科 植物の世界』6-136
  R. chamaethomsonii 中国産
  R. citriniflorum 中国産
  R. decorum(大白杜鵑)
四川・雲南に分布。『雲南の植物』149
  アズマシャクナゲ R. degronianum(R. metternichii var.pentamerum)
    アマギシャクナゲ var. amagianum
  R. delavayi(馬纓杜鵑)
雲南・貴州・タイ・ビルマ・チベット・アッサムに分布。
        『雲南の植物Ⅱ』192・『中国本草図録』Ⅴ/2242
  R. erastum 中国産
  R. falconeri
アッサム・ネパールに分布,『週刊朝日百科 植物の世界』6-136・『原色高山植物大図鑑』28
  R. fastigiatum(密枝杜鵑) 雲南に分布。『雲南の植物』150
  R. fictolacteum(假乳黄杜鵑)
四川・雲南産。『週刊朝日百科 植物の世界』6-141
  R. forrestii(紫背杜鵑) 雲南・チベット島南部に分布
  R. fortunei(雲錦杜鵑)
安徽・浙江・福建・江西・湖南・四川に分布。『中国本草図録』Ⅵ/2763
  R. fulgens アッサム・ブータン・ネパールに分布
  R. grande(巨魁杜鵑)
チベット南部・アッサム・ブータン・ネパールに分布
  R. griffithianum アッサム・ネパールに分布。『週刊朝日百科 植物の世界』6-139
  R. hippophaeoides(灰背杜鵑) 雲南に分布。『雲南の植物』150
    var. occidentale(長柱灰背杜鵑) 『雲南の植物Ⅰ』188
  R. hodgsonii(多裂杜鵑)
チベット南東部・ネパール・ブータ・シッキムンに分布。
        『週刊朝日百科 植物の世界』6-144
  ツクシシャクナゲ R. japonoheptamerum
    ホンシャクナゲ
(シャクナゲ) var. hondoense 本州(中部・近畿)・四国・中国に分布
    キョウマルシャクナゲ var. kyomaruense 南アルプス産
    オキシャクナゲ var. okiense 隠岐諸島産
  R. kesangiae
ブータンに分布
  R. lanatum チベット南東部・ネパール・ブータンに分布。『週刊朝日百科 植物の世界』6-140
  エンシュウシャクナゲ
(ホソバシャクナゲ) R. makinoi
  R. neriiflorum(火紅杜鵑)
雲南産。『雲南の植物Ⅰ』189・『週刊朝日百科 植物の世界』6-142
  R. phaeochrysum var. agglutinatum  雲南・チベット東南部に分布。『雲南の植物』152
  R. primulaeflorum(櫻草杜鵑) 四川・雲南・西藏に分布。『雲南の植物Ⅰ』191・『雲南の植物』153
  R. princepis
チベット産。『週刊朝日百科 植物の世界』6-136
  R. racemosus(腋花杜鵑) 四川・雲南に分布。『雲南の植物』153
  R. rex(大王杜鵑)
四川・雲南・チベットに分布
  R. rubiginosum(紅棕杜鵑) 四川・雲南に分布。『雲南の植物』154・『中国本草図録』Ⅸ/4280
  R. rupicola(多色杜鵑) 『雲南の植物Ⅰ』194
    var. chryseum(金黄杜鵑)
『雲南の植物Ⅰ』194・『雲南の植物』154
  R. sanguineum(血紅杜鵑)
雲南・チベット東南部
  R. sinogrande(凸尖杜鵑)
雲南・ビルマ・チベット南東部に分布。
        『雲南の植物』155・『週刊朝日百科 植物の世界』6-143
  R. spinuliferum(爆仗花・爆仗杜鵑・大杜鵑) 四川・雲南に分布。『雲南の植物Ⅱ』196・
        『雲南の植物』155・『中国本草図録』Ⅸ/4284

  R. thomsonii(半團葉杜鵑) チベット南東部・ネパール・ブータンに分布
        『週刊朝日百科 植物の世界』6-135・『原色高山植物大図鑑』289

  R. vernicosum(亮葉杜鵑)
四川・雲南に分布。『週刊朝日百科 植物の世界』6-140・『雲南の植物Ⅰ』196
  R. wardii(黄杯杜鵑) 四川・雲南に分布。『雲南の植物』156
  R. wallichii(簇毛杜鵑) チベット南部・アッサム・ブータン・ネパールに分布
  R. wightii(宏鐘杜鵑) チベット東南部・アッサム・ブータン・ネパールに分布。
        『週刊朝日百科 植物の世界』6-138
  ヤクシマシャクナゲ R. yakusimanum(R.metternichii var. yakushimanum)
    オオヤクシマシャクナゲ var. intermedium
  R. yunnanense(雲南杜鵑) 四川・雲南に分布。『雲南の植物Ⅰ』199『雲南の植物』157 
 ツツジ属 Rhododendron(杜鵑屬)については、つつじを見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)32に、石南は「シヤクナン シヤクナゲ シヤクナンゾウ肥前古書ニシヤクナン草ノ名アリ ヒヤクナン豫州 モウノハナ伊州 卯月バナ勢州」と。
 なお、漢語で石楠(セキナン,shinan)というものは、オオカナメモチである。
 日本の紀伊半島・四国・九州に分布。
 花色は淡紅色、花冠は直径4-5cmの漏斗形で七裂する。雄蘂は14個。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「冬木之分」に、「柘南花(しやくなんげ) 木夏初。葉ハもつこくのごとく花ハ桜色、一所ニあつまりさく」と。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index