ねじき (捩木)

学名  Lyonia ovalifolia var. elliptica
日本名  ネジキ
科名(日本名)  ツツジ科
  日本語別名  
漢名  綟木(レイボク,limu)
科名(漢名)  杜鵑花(トケンカ,dujuanhua)科
  漢語別名  小果南燭(ショウカナンショク,xiaoguonanzhu)、白心木(ハクシンボク,baixinmu)
英名  
2009/04/30 薬用植物園
2007/05/12 神代植物公園
2007/06/02 同上
2007/06/28 同上
2009/10/29 神代植物公園
 ネジキ属 Lyonia(南燭屬)には、次のようなものがある。
   L. doyonensis(團葉南燭)
   L. ovalifolia
     ヒマラヤネジキ var. ovalifolia(南燭・烏草・飽花・牛筋)
        中国(雲南・四川・貴州・廣西)・臺灣・インドシナ・チベット・ネパール・ブータン
        
・シッキムに分布。『雲南の植物』146
     ネジキ var. elliptica(綟木・小果南燭・白心木)
 基本変種に比べ、やや小型
     var. hebecarpa
中国南部産
     var. lanceolata(陜葉南燭)
 『中国本草図録』Z/3270
   L. villosa(毛葉南燭・小米柴・牛屎柴) 
 ツツジ科 Ericaceae(杜鵑花科)については、ツツジ科を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)31に、綟木は「ネヂキ ネヂノキ丹後 アカネヂ若州 アカヅネ泉州 ツメアカ カスギ カシヲシギ共同上 カシヲズミノキ ヌリデ江州 カツヲシミ三才図絵 カスヲシ播州 カズヲシミ薩州 カシヲノキ城州岩倉 ハセワセ同上 カセホセ同州上加茂 サルノサイバシ同上 サルナメシ水戸 サルメラカシ肥前 サルスベリ伊州 カセウシギ大和本草 カシモドキ備前 カスウギ能州 ヌクヌクノキ アサメノキ共同上 メシツブノキ メシツブノハナ同上 シヤウジノキ越後 ヌリバシ勢州 キツネノヌリバシ江州 ハトノアシ備中 アカメ」と。
 東アジアの温帯に分布。中国では 華中・華南・貴州・四川に、日本では本州(岩手県以南)・四国・九州の山地に自生する。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index