いぬたで (犬蓼) 

学名  Polygonum longisetum (=Persicaria longiseta)
日本名  イヌタデ
科名(日本名)  タデ科
  日本語別名  アカマンマ(アカノマンマ・アズキノマンマ)、オコワバナ(オコワクサ・キツネノオコワ)、ハナタデ、オニタデ
漢名  假長尾葉蓼(カチョウビヨウリョウ,jiachangweiyeliao)
科名(漢名)  蓼(リョウ,liao)科
  漢語別名  犬蓼
英名  
2008/08/29 群馬県嬬恋村
2008/10/09 入間市宮寺
2006/09/23 野川公園自然観察園


 イヌタデ属 Persicaria には、次のようなものがある。
   ウナギツカミ P. aestiva(Polygonum aestivum)
   エゾノミズタデ P. amphibia(Polygonum amphibium;兩棲蓼・小黄藥)
         『中国本草図録』Ⅴ/2057・『中国雑草原色図鑑』19
   ケタデ Polygonum barbatum (P.rivulare;毛蓼・四季靑) 『中国本草図録』Ⅰ/0038
      var. gracile (小毛蓼・細刺毛蓼・蓼子草)
   ナガバノヤノネグサ P. breviochreata(Polygonum breviochreatum)
   Polygonum bungeanum (柳葉刺蓼・本氏蓼)
         『中国本草図録』Ⅸ/4085・『中国雑草原色図鑑』21
   Polygonum caespitosum (叢枝蓼・簇蓼・辣蓼)
 『中国本草図録』Ⅳ/1595
   ヒメツルソバ P. capitata(Polygonum capitatum;頭花蓼・紅酸杆・石莽草)
        
外来の観賞用栽培植物『中国雑草原色図鑑』21
   ツルソバ
(タイワンツルソバ・ホウノミ) P. chinensis (Polygonum chinense;
        火炭母草・黄鱔藤・冷飯藤・鷄屎蔓・川七・暈藥)
        『中国本草図録』Ⅲ/1085・『中国雑草原色図鑑』22
      var. hispida (粗毛火炭母・小紅人)
      var. thunbergiana (赤地利,セキチリ,chidili,
しゃくちり)
   サクラタデ P. conspicua(Polygonum conspicuum)
   ミヤマタニソバ P. debilis(Polygonum debile)
   ナツノウナギツカミ P. dichotoma(Polygonum dichotomum)
   Polygonum dissitiflorum (稀花蓼)
 『中国本草図録』Ⅸ/4086
   ヒメタデ P. erecto-minor(Polygonum erecto-minus)
   P. flaccidum(辣蓼・紅辣蓼) 牧野によれば P.pubescensと同
   P. foliosa(Polygonum foliosum)
     ヤナギヌカボ var. paludicola
   ホソバノウナギツカミ P. hastato-auriculata(Polygonum hastato-suriculatum)
   ナガバノウナギツカミ P. hastato-sagittata(Polygonum hastato-sagittatum)
   ヤナギタデ
(マタデ) P. hydropiper(Polygonum hydropiper;水蓼)
        『中国本草図録』Ⅴ/2059・『中国雑草原色図鑑』24
     アザブタデ
(エドタデ) var. fastigiata
   シロバナサクラタデ P. japonica (Polygonum japonicum;蠶繭草)
        
 『中国雑草原色図鑑』24
   オオイヌタデ P. lapathifolia (Polygonum lapatifolium;酸模葉蓼・早苗蓼・
        大馬蓼・旱辣蓼) 『中国本草図録』Ⅸ/4087・『中国雑草原色図鑑』25
      var. salicifolia (柳葉蓼・綿毛酸模葉蓼)『中国雑草原色図鑑』25
   イヌタデ P. longiseta (Polygonum longisetum, Polygonum blumei,
        Persicaria blumei;假長尾葉蓼・犬蓼・辣蓼)
   サデクサ P. maackiana (Polygonum maackianum;長戟葉蓼) 『中国雑草原色図鑑』26
   オオネバリタデ P. makinoi(Polygonum makinoi)
   タニソバ P. nepalensis (Polygonum nepalense;尼泊爾蓼・猫兒眼睛)
        『中国本草図録』Ⅵ/2559・『中国雑草原色図鑑』26
   ヤノネグサ P. nipponensis(Polygonum nipponense)
   オオベニタデ
(オオケタデ) P. orientalis (Polygonum orientale;紅蓼・葒草・
        東方蓼) 外来種。 『中国雑草原色図鑑』27
   イシミカワ P. perfoliata (Polygonum perfoliatum;槓板歸・貫葉蓼)
        
 『中国雑草原色図鑑』27
   オオケタデ P. pilosa(Polygonum pilosum)
   ボントクタデ P. pubescens (P.flaccidum, Polygonum pubescens;辣蓼
        紅辣蓼) 牧野は Polygonum flaccidum と同。

   Polygonum runcinatum (缺腰葉蓼・赤脛散) 『雲南の植物』73
   サナエタデ P. scabra(Polygonum scabrum)
   ママコノシリヌグイ P. senticosa (Polygonum senticosum;刺蓼)
         『中国本草図録』Ⅹ/4574・『中国雑草原色図鑑』28
   アキノウナギツカミ P. sieboldi (Polygonum sieboldi;箭葉蓼・雀翹)
         『中国本草図録』Ⅴ/2061・『中国雑草原色図鑑』29
   ヌカボタデ P. taquettii(Polygonum taquetii)
   ミゾソバ P. thunbergii (Polygonum thunbergii;戟葉蓼・水犂壁草)
         『中国雑草原色図鑑』30
   アイ P. tinctoria (Polygonum tinctorium;蓼藍
外来の栽培植物
   ホソバイヌタデ P. trigonocarpa(Polygonum minus var. trigonocarpum,
        Polygonum trigonocarpum)
   ネバリタデ P. viscofera(Polygonum viscoferum)
   ニオイタデ P. viscosa (Polygonum viscosum;粘毛蓼)
        『中国本草図録』Ⅲ/1090・『中国雑草原色図鑑』29
   ハルタデ P. vulgaris (Polygonum persicaria;桃葉蓼・馬蓼)
   ハナタデ P. yokusaiana(Polygonum yokusaianum,
        P. caespitosum;叢枝蓼) 
 タデ科 Polygonaceae(蓼科)については、タデ科を見よ。
 和名は、本蓼(真蓼・ヤナギタデ)と異なり辛味が無く、食用にならないことから。
 アカマンマは、よく子供たちがままごと遊びに用いたことから。
 日本・朝鮮・中国・台湾・タイ・ネパールなどに分布。
 中国では、イヌタデ属の植物のうち、ボントクタデ(辣蓼・紅辣蓼)・ヤナギタデ(水蓼)・P.lapathifolia var.salicifolia(柳葉蓼・綿毛酸模葉蓼)などの全草・根・葉を、辣蓼(ラツリョウ,laliao)と呼び、薬用にする。江蘇省では、イヌタデを辣蓼として用いる。
 
   露草や赤のまんまもなつかしき 
(泉鏡花。絶筆という)
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index