あきのうなぎつかみ (秋鰻攫) 

学名  Persicaria sieboldii (P.sagittata var. sibirica, Polygonum sagittatum var. sieboldii, Polygonum sieboldii)
日本名  アキノウナギツカミ
科名(日本名)  タデ科
  日本語別名  アキノウナギヅル
漢名  箭葉蓼(センヨウリョウ,jianyeliao)
科名(漢名)  蓼科
  漢語別名  雀翹(ジャクギョウ,queqiao)・秋雀翹、水紅骨蛇
英名  
2008/09/11 入間市宮寺

2006/09/23 野川公園自然観察園
2008/10/09 入間市宮寺

 イヌタデ属 Persicaria については、イヌタデ属を見よ。
 和名は、秋ざきのウナギツカミ。ウナギツカミは、茎にある四稜角に下向きの刺毛が生えていて、これをもってすればウナギも捕まえられる、の意。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北・華北・河南・陝西・山東・江蘇・浙江)・臺灣・千島・樺太・アムール・ウスリー・シベリアに分布。
 中国では、果実・全草を雀翹と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index