ボントクタデ (ぼんとく蓼) 

学名  Persicaria pubescens (Polygonum pubscens)
日本名  ボントクタデ
科名(日本名)  タデ科
  日本語別名  
漢名  辣蓼(ラツリョウ,laliao)
科名(漢名)  蓼(リョウ,liao)科
  漢語別名  紅辣蓼、辣柳草、辣馬蓼
英名  
2008/09/11 入間市宮寺
2006/09/23 野川公園自然観察園

 牧野によれば、Polygonum flaccidum と同。
 漢名などは P. flaccidum のものである。
 イヌタデ属 Persicaria については、イヌタデ属を見よ。
 和名はボントク(ボンツクの転訛、愚か者の意)とは、本蓼(真蓼・ヤナギタデ)と異なり辛味が無く、食用にならないことから。
 日本(本州以南)・中国(ほぼ全国)・臺灣・マレーシア・インドに分布。
 中国では、ボントクタデ(辣蓼・紅辣蓼)・ヤナギタデ(水蓼・辣蓼)の全草を 薬用にする。また、地方により、P. caespitosum(叢枝蓼・簇蓼・辣蓼)・イヌタデ・P. lapathifolium var. salicifolium(柳葉蓼)・P. polystachym(多穗蓼)を、辣蓼として用いる。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index