おおべにたで (大紅蓼)
 

学名  Persicaria orientalis (Polygonum orientale, Polygonum orientale var. pilosum, Persicaria cochinchinensis, Polygonum cochinchinense)
日本名  オオベニタデ
科名(日本名)  タデ科
  日本語別名  ベニバナオオケタデ、オオタデ、イヌタデ、オニタデ、オオケタデ、ハブテコブラ、マムシグサ、ハチグサ
漢名  葒草(コウソウ,hongcao)
科名(漢名)  蓼(リョウ,liao)科
  漢語別名  紅蓼(コウリョウ,hongliao)、東方蓼(トウホウリョウ,dongfangliao)、大毛蓼、大蓼子、天蓼、家蓼、狗尾巴花・狼尾巴花、游龍(ユウリョウ,youlong)・龍古、
英名  Prince's feather
2005/09/02  薬用植物園
2007/08/24 小平市
 次のものを別種或は変種として、区別することがある。

   
オオオベニタデ(ベニバナオオケタデ) Persicaria orientalis
     (Polygonum orientale;葒草高1-3m、毛が少ない。花穂は紅色、長く太くて垂れ下がる。
     
原産地はオオケタデと重なる。日本では観賞用に栽培。 
   オオケタデ
(ハブテコブラ) Persicaria pilosa
     (Polygonum pilosum;Polygonum orientale var. pilosum) 高1m、
     茎・葉・葉柄に毛が多い。花穂は淡紅色ときに白色、ふつう直立する。朝鮮・ウスリー・中国(南部)・
     
フィリピン・マレーシア・インドネシア・ヒマラヤ・インドに分布。日本では観賞用に栽培。 

 しかし、そもそも原産地で変異が大きく、区別は困難、という。
 イヌタデ属 Persicaria については、イヌタデ属を見よ。
 和名別名ハブテコブラは、ポルトガル語 paŏ de cobra の転訛。蛇毒を解くと考えられたことから。他にキササゲゴシュユなどにもハブテコブラの称がある。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)葒草に、「和名以奴多天」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)葒草に、「和名伊沼多天」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)に、「オホケタデ イヌタデ
古名 ホタルタデ トウタデ阿州 ヒラクチオドン肥前 マムシグサ伯州 守敏草同上 オニタデ備後 チヤウセンタバコ ハチグサ丹波」と。
 南・東アジア原産。
 中国では 全国で栽培、また路傍・湿地に野生。
 日本には宝永
(1704-1711)年間に入り、観賞用・薬用に栽培し、今は全国各地で野生化。
 中国では、全草或は根ごとの全草を葒草と呼び、花序を葒草花と呼び、本種・オオイヌタデの果実を 水紅花子(スイコウカシ,shuihonghuazi)と呼び、それぞれ薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.38-42 
 日本では、葉の汁は虫刺され・かぶれなどの毒消し作用があり、マムシの毒消しにもなると言う。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index