みずひき (水引) 

学名  Antenoron filiforme (Polygonum filiforme) 
日本名  ミズヒキ
科名(日本名)  タデ科
  日本語別名  
漢名  金綫草(キンセンソウ,jinxiancao)
科名(漢名)  蓼(リョウ,liao)科
  漢語別名  毛蓼、山蓼、一串紅、鐵拳頭、紅花鐵菱角、蓼子七、鷄心七、九龍盤
英名  
2005/05/19 野川公園自然観察園 2006/09/23 同左
2007/07/26 神代植物公園
花びらのように見えるのは、萼
2008/01/10 神代植物公園

 ミズヒキ属 Antenoron には、アジアに2種、北アメリカに1種がある。
   ミズヒキ A. filiforme (Polygonum filiforme, P.virginianum var. filiforme,
         Tovara virginianum var. filiformis;金綫草)
   シンミズヒキ A. neo-filiforme(Polygonum neo-filiforme,
        Tovara neofiliformis;短毛金綫草・蓼子七) 
朝鮮・中国・インド東部に分布。 
 タデ科 Polygonaceae(蓼科)については、タデ科を見よ。
 和名は、4枚の萼が上下に色が分かれるのを、水引(みずひき)の紅白二色に見立てて。
 日本・朝鮮・中国・インドシナに分布。
 庭園に植えられ、また生花に用いる。
 塊根・全草を薬用にする。

ギンミズヒキ   f. albiflora  2007/09/04 入間市宮寺
斑入り種
  2004/09/22 跡見学園女子大学新座キャンパス


中国産   2005/08/02  薬用植物園
中国産   2006/10/28 同上

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index