むぎ (麥・麦) 

 日本語では、栽培されるイネ科の穀物のうち、イネアワキビヒエ以外のものを総称してムギと言い、次のようなものがある。
和名 漢名 英名 学名
オオムギ(六条種) 大麥 Barley Hordeum vulgare
オオムギ(二条種) 大麥 Barley Hordeum distichum
コムギ 小麥 Common wheat Triticum aestivum
ライムギ Rye Secale Cereale
エンバク Oat Avena sativa
ハトムギ 薏苡 Job's tears Coix lachryma-jobi var. mawyuen
トウムギ(トウモロコシ) 玉蜀黍 Maize Zea mays
 なお、イネ科の植物のうち、イヌムギネズミムギホソムギ・ドクムギ・エゾムギ・ハマムギなどの雑草も、麦に似ていることからむぎの名を持つ。
 (麦,バク,mai)の字の成り立ちは、
 一説に「(来,ライ,lai)+夊(スイ)」。來は穂を出したムギの象形文字、夊は足の形、麦踏みの意であろう(白川)。
 一説に、「來+足」、麥は「遠くから歩いてもたらされたムギ」の意
(ムギが外来であることを言う)。本来、來が「ムギ」、麥が「くる」意であったが、入れ替った(藤堂)
 日本では、源順『倭名類聚抄』(ca.934)に、麦は「和名牟岐。今案大小麦之揔名也」、大麦は「和名布土無岐、一云加知加太」、小麦は「和名古牟岐、一云末牟岐」などと。
 「雑穀という言葉は、英語ではミレット、ドイツ語ではヒルセであるが、日本語の"ザッコク"はむりに作った言葉である。これに対して日本語の"ムギ"という言葉の中には、コムギ、オームギ、ライムギ、エンバクなどを一括するのに、かえってそれらを主作としている西洋には"ムギ"に対応する言葉がない。これは両方とも、一度成立したそれぞれの農耕文化基本複合の上に、あらたな作物群の波を受けたとき、新しい作物グループにだけ総括名が生じた結果であろう。東洋では雑穀よりムギが新しく、西洋ではムギより雑穀が新しいのだ。このようにムギと雑穀は、根本的にそれぞれ異なった文化複合から起源したものである。」(中尾佐助『栽培植物と農耕の起源』) 
 オオムギコムギの起源・栽培については、それぞれの項目を見よ。
 ライムギ(ライ麦)は、トルコ・イランの原産、アフガニスタンで品種が分化した。栽培され始めたのはB.C.3000-B.C.2500ころ、1世紀ころまでにヨーロッパに広まった。東方への伝播は遅く、日本に入ったのは明治時代。
 エンバク(燕麦・マカラスムギ)は、カラスムギから改良されたもので、中央アジア・アルメニア地方の原産。日本には明治初に渡来。
 中国では、麦は五穀の一。
 『詩経』には、麥が7篇に、來が2編に、牟が2編に歌われている。
 そのうち、麥はオオムギ・コムギの総称、來はコムギ、牟はオオムギ、という。
 国風・鄘風
(ようふう)桑中に、「爰(ここ)に麦を采(と)る、沫(まい)の北に」と。鄘風・載馳に、「我其の野を行くに、芃芃(はうはう)たる其の麦あり」と。
 『礼記』「月令」に、麦の農事暦を載せて、
   三月、麦の為に実りを祈る。
   四月、農乃ち麦を登(すす)む。天子乃ち彘(テイ,ぶた)を以て麦を嘗め、先づ寝廟に薦む。
   八月、麦を種うるを勧め、時を失ふ或る毋からしむ。
 『大戴礼』「夏小正」三月に「麦実を祈る。
〔麦の実は、五穀の先づ見(あらは)るる者なり。故に祈るを急ぎて之を記すなり。〕」と、また九月に「栄鞠(キク)あり。〔鞠は草なり。鞠 (はな)さきて麦を樹(う)う。時の急なるなり。〕」と
 『礼記』「内則」に、麦食(バクシ,むぎめし)の食い方が載る。曰く、干肉のあつものや鶏のあつものと合せて食う、と。
 後漢の頃からオオムギ・コムギの区別が一般化し、それ以降は麥はコムギを表すようになった。
 日本では、『古事記』上に、須佐之男命(すさのおのみこと)に殺された大気津比売(おおげつひめ)の体から五穀が生じたという。すなわち「故(かれ)、殺さえし神の身に生(な)れる物は、頭に蚕生り、二つの目に稲種生り、二つの耳に粟生り、鼻に小豆生り、陰(ほと)に麦生り、尻に大豆生りき」と。この麦はオオムギ(六条種)であるらしい。
 『日本書紀』神代第5段一書第11に、保食神(うけもちのかみ)に関わる同様の説話が載る。

 『万葉集』に、

   うませ
(馬柵)越しに麦は(食)む駒の詈(の)らゆれど猶し恋しく思(しの)びがてなく (12/3096,読人知らず)
   くへ
(垣)ごしにむぎ(麦)はむこうま(子馬)のはつはつにあひ見し児らしあやにかな(愛)しも
      
(14/3537,読人知らず)
 

   麦はえてよき隠家や畠村 
(芭蕉,1644-1694)
   田や麦や中にも夏のほととぎす (同)
   一日
(ひとひ)一日麦あからみて啼(なく)雲雀 (同)
   麦めしにやつるゝ恋か猫の妻 
(同)
   いざともに穂麦喰はん草枕 
(同)
   行
(ゆく)(こま)の麦に慰むやどり哉 (同。甲斐の山中に立よりて)

   つかみ合ふ子供のたけや麦畑 
(去来か,『猿蓑』1691)
   麦藁の家してやらん雨蛙 
(「孫を愛して」,智月,『猿蓑』1691)

   麦秋
(むぎあき)や鼬(いたち)(なく)なる長(をさ)がもと (蕪村,1716-1783)
   麦秋や遊行
(ゆぎょう)の棺ギ(ひつぎ)通りけり (同)
   麦秋や狐のゝかぬ小百姓 
(同)
   麦の秋さびしき顔の狂女かな 
(同)
   辻堂に死せる人あり麦の秋 
(同)
   病人の駕
(かご)も過けり麦の秋 (同)
   麦秋やひと夜は泊る甥法師 
(同)
   旅芝居穂麦がもとの鏡たて 
(同)
   狐火や五助畠の麦の雨 
(同)
   舂
(うすづく)や穂麦が中の水車 (同)
   長旅や駕なき村の麦ぼこり 
(同)
   麦刈て瓜の花まつ小家哉 
(同)
 

     淺くのみ春は霞みて
     麥の色わづかに靑し
     旅人の群
(むれ)はいくつか
     畠中の道を急ぎぬ
       
島崎藤村「千曲川旅情の歌」より

   馬鈴薯の花咲き穂麦あからみぬあひびきのごと岡をのぼれば (北原白秋『桐の花』1913)

   まはりみち畑にのぼればくろぐろと麦奴(むぎのくろみ)は棄てられにけり
      
(1913,斉藤茂吉『赤光』1913)
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index