こむぎ (小麦) 

学名  Triticum aestivum
日本名  コムギ
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  パンコムギ、マムギ、コゴミ
漢名  小麥(ショウバク,xiaomai)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  
英名  Common wheat
2005/05/24 東大農園

 コムギ属 Triticum(小麥屬)には、変異が大きいので、かつては20以上の種が記録されたが、今日ではこれらを次の5種にまとめる。

   T. monococcum
1粒系、2倍体、野生亜種と栽培亜種がある。
     ssp. boeoticum
ギリシア乃至イラン(ザグロス山脈)に野生
     ssp. monococcum 突然変異で生じた栽培亜種、9000年前に西アジアの新石器文化で栽培、
        
5000年前までに地中海地方・ヨーロッパに伝播

   T. turgidum 2粒系、4倍体、野生亜種と栽培亜種がある。
     パレスチナコムギ
野生亜種、T.monococcum ssp.boeoticum と
        タルホコムギ属 Aegilops の野生種クサビコムギ A.speltoides の雑種。
     エンマーコムギ ssp. dicoccum 突然変異で生じた栽培亜種、9000年前に
        西アジアの新石器文化で栽培、5000年前までに地中海地方・ヨーロッパに伝播
     マカロニコムギ
(デュラムコムギ) ssp. turgidum convar. durum 地中海地方産

   T. aestivum 普通系、6倍体、栽培型のみ。2粒系栽培品と 畑の雑草であったタルホコムギ
         Aegilops squarrosa の雑種、カスピ海西部で成立
     パンコムギ ssp. vulgare 
グルテンが強い
     スペルタコムギ ssp. spelta
スペイン(アストゥーリアス地方)で栽培

   T. timopheevi ティモフェービ系、野生亜種と栽培亜種がある。
     アルメニアコムギ ssp. araraticum 野生亜種、T.monococcum ssp.boeoticum と
        タルホコムギ属 Aegilops の野生種クサビコムギ A.speltoides の雑種。
     チモフェービコムギ ssp. timophoeevi
        
アルメニアコムギから栽培化。今日ではグルジア西部で栽培。

   T. zhukovskyi
ジュコブスキー系、栽培型のみ。
        栽培1粒系とチモフェービコムギの雑種、1957発見
 
 麦については、むぎを見よ。
 イネ科 Poaceae(Gramineae;禾本科)については、イネ科を見よ。
 むぎを見よ。
 日本では、深江輔仁『本草和名』(ca.918)小麦に、「和名古牟岐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)小麦に、「和名古牟岐、一云末牟岐」と。
 コムギは、B.C.9000ころからメソポタミアで利用され始め、B.C.7000-6000ころには栽培化された。なかでも、栽培・収穫量・脱穀・製パンなどの点で優れていた普通系コムギは、B.C.6000ころに西アジアで成立したらしく、B.C.4000ころにはエジプトやドナウ川・ライン川流域に、B.C.3000ころには全ヨーロッパに、伝わった。
 東方には、B.C.2000ころにインダス平原や中国に伝わった。
 日本では、縄文晩期には栽培され始めていた。奈良時代には広く栽培されるようになっており、水田の裏作として栽培されるようになったのは奈良時代または鎌倉時代といわれる。
 こんにち世界で最も広く栽培されているのは、普通系のパンコムギ T.aestivum であるが、マカロニコムギ(デュラムコムギ)T. durum も 中央アジアから欧米にかけて広く栽培されている。
 むぎを見よ。
 中国では、水に浸して浮いてくる穎果を、浮小麥と呼び、薬用にする。『中薬志U』pp.377-379 
2005/05/16  新座市大和田
2004/04/24  三芳町竹間沢 2004/04/28 所沢市坂之下


2004/05/20 富士見市水子 2004/06/03 清瀬市下宿 2004/05/20 所沢市南永井



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index