とうもろこし (唐もろこし) 

学名  Zea mays
日本名  トウモロコシ
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  トウキビ、ナンバン・ナンバンキビ、トウムギ、コウライキビ、サツマキビ
漢名  玉蜀黍(ギョクショクショ,yushushu)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  玉米(ギョクベイ,yumi)、包穀(ホウコク,baogu)、包蘆(ホウロ,baolu)
英名  Maize, Corn, Indian corn
2008/06/28 入間市宮寺
2005/08/12  清瀬市下宿 (飼料用か)

 茎・葉はモロコシによく似るが、モロコシは傷つくと濃紅褐色の斑ができるのにたいして、トウモロコシではできない。
 トウモロコシ属 Zea(玉蜀黍屬)には、新大陸に2種がある。
   Z. diploperennis
1977メキシコで発見
   トウモロコシ A. mays(玉蜀黍) 
 トウモロコシには、次のような亜種がある。
   ソフトコーン amylacea
   ワキシーコーン
(モチトウモロコシ) ceretina 澱粉がアミロペクチンのみからなる
       (他の亜種はアミロースとアミロペクチンからなる)
   ポップコーン everta
小さい穀粒は、加熱すると蒸気爆発する
   デントコーン indentata
   フリントコーン indurata
澱粉質の胚乳を持つ。普通のトウモロコシ。未熟なものを蔬菜とする
   スイートコーン sacchorata
未熟な胚乳に甘みがある
   ポッドコーン trunicata
 現在見られるものは全て栽培型。
 考古学的に発掘されたものには、穂の小さい野生型のものがある。
 イネ科 Poaceae(Gramineae;禾本科)については、イネ科を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』19(1806)に、「玉蜀黍 ナンバン ナンバンキビ ナンバキビ播州 クハシンキビ同上 トウモロコシ東国 サツマキビ備前 タカキビ因州 コウライキビ讃州 トウキビ筑前加州 ナンバントウノキビ遠州 クハシキビ越後 トウキミ奥州 キミ南部 ハチボク勢州 マメキビ越後 タマキビ」と。
 英名及び種小名は、アメリカ原住民タイノー族の mahiz, mayz から。
 中央アメリカまたはアンデス地方原産。
 古くから現地の主食であり、5000B.C.頃には中央アメリカで栽培されていたという。
 ヨーロッパには15世紀末コロンブスが持ち込んだ。
 南・東南・東アジアには、ポルトガル人によって15-16世紀にもたらされた。
 中国には1516年に伝えられ、『本草綱目』
(1578)に「種は西土に出づるも、種(ウ)うるものまた罕(マレ)」と記載されている。田藝衡『留青日札』(1563)には、西番からもたらされたので番麦といい、またかつて進御を経たので御麦というとある。
 日本に伝来したのは天正7年(1579)、トウモロコシの名は『本朝食鑑』(1695)に見える。
 本格的に栽培されだしたのは明治初、北海道にアメリカ種を導入してから。
 中国では、花柱を玉米鬚と呼び、薬用にする。
 宮崎安貞『農業全書』(1696)に、「又一種玉蜀黍(なんばんきび)と云ふあり。種ゆる法 前(モロコシ)に同じ。其粒玉のごとし。菓子にすべし。・・・」(岩波文庫本)と。

   玉蜀黍
(もろこし)の穂は思ふことなきやうに夕日の風に揺り眠るかな
     
(島木赤彦『馬鈴薯の花』)

 函館の友人からトウモロコシが届いた。近郊の農家からもぎたてを手に入れてきたという。「そのまま生で」と、電話口の声がはずんでいた。
 初めての体験なので、おそるおそるかじったら、草の香りのあと口の中に甘みが広がった。それからは、ざくざくほおばった。トウモロコシ畑に入り込み、好物をむさぼっている馬の気分になった。
 馬で思い出した。その1週間前、中国東北部のハルビンを旅行した時に、路上で焼いていたトウモロコシを食べた。ぱさぱさとした粒をかみしめながら、甘くなるのを待った。「まるで飼料だ」と、思わずつぶやいた。
 ハルビン郊外の農村地帯を回ると、広大なトウモロコシ畑が広がっていた。刈り取ったトウモロコシの茎は干して燃料に使い、葉は家畜の飼料にするという。むだのない作物だと農家のあるじは言っていた。味どころではないのだろう。 ・・・     (高成田享、2006/08/01 朝日新聞夕刊「窓」)
 群芳譜の著者から:トウモロコシは、日本でも「むだのない作物」のようですよ。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index