もろこし (唐)

学名  Sorghum bicolor
日本名  モロコシ
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  タカキビ(高黍)、モロコシキビ、コーリャン、ソルガム
漢名  高粱(コウリョウ,gaoliang)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  蜀黍(ショクショ,shushu)
英名  Sorghum, Grain sorghum, Great millet
2004/06/24 薬用植物園
2007/08/07 同上


2006/08/12 同上

2006/11/04 同上
 茎・葉はトウモロコシによく似るが、傷つくと濃紅褐色の斑ができる。
 モロコシ属 Sorghum(蜀黍屬)には、世界の暖地に約60種がある。
   S. arundinaceum
栽培モロコシの原種
   モロコシ
(モロコシキビ・タカキビ) S. bicolor(S.vulgare)
     サトウモロコシ var. saccharatum(蘆粟・甜高粱)
     ホウキモロコシ var. hoki(E.broom corn)
     コウリャン var. nervosum(S.nervosum;蜀黍・高粱)
   スーダンモロコシ S.×drummondii(S.sudanense;蘇丹草;Sudan grass)
        
北アフリカ原産
   S. halepense
地中海原産あるいは北アメリカ産
     セイバンモロコシ var. propinquum(S.propinquum;擬高粱)
南アジア産
   コモロコシガヤ S. nitidum(光高粱・草蜀黍)
     モロコシガヤ var. majus
 
 イネ科 Poaceae(Gramineae;禾本科)については、イネ科を見よ。
 中国において古来穀物を表してきたさまざまなことば(文字)については、五穀を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』19(1806)に、「蜀黍 トウキビ モロコシキビ東国 タカキビ四国 タチギミ津軽 コキビ肥前 ホキビ加州 キミ中国 キビ越後 セイタカキビ同上」と。
 エチオピアなど中央アフリカ原産。5000年以上前から作物として栽培、古代エジプトに入り、B.C.7c.頃にはメソポタミアで栽培。
 中国には、インドを経由して 4世紀以前に伝来、今日では華北・東北が主産地。日本には平安時代乃至それ以前のころ伝来(一説に室町時代の伝来)。
 食用のほか、製糖用・飼料用・兼用などさまざまな品種があるが、箒製造専用の品種(ホウキモロコシ)があるのが面白い。
 宮崎安貞『農業全書』(1696)に、「五穀の類」の一として「蜀黍(もろこしきび)」をあげ、
 「是を唐(もろこし)きびとも、又高くのびぬる故、高黍(たかきび)とも名付くるなり。・・・実を取りて稈(から)をば簾にあみ、筵にうち、又民家の箒にも用ゆべし。或は隣さかいの籬にもたて、其破をふさぎ、米は色々食物に調へ、尤餅にして味よし。殊更性のよき物なり。米も稭(から)も皆すたる物なし。・・・」(岩波文庫本)と。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index