おおむぎ (大麦) 

学名  Hordeum distichum
日本名  オオムギ(二条種)
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  カチカタ、フトムギ、ハトムギ、カワムギ、ヤバネオオムギ、ビールムギ
漢名  大麥(タイバク,damai)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  
英名  Barley
2005/05/24 東大農園
あまぎ二条 成城十七号 はるな二条

 オオムギ属 Hordeum(大麥屬)については、オオムギ属を見よ。
 オオムギの栽培品は、六条オオムギ Hordeum vulgare と二条オオムギ H.distichum に大別され、いずれも野生二条種 H. spontaneum から生じたものと考えられている。日本でたんにオオムギというときは、六条オオムギを指す。
 麦については、むぎを見よ。
 イネ科 Poaceae(Gramineae;禾本科)については、イネ科を見よ。
 むぎを見よ。
 オオムギは、はじめイラク-トルコの山岳地帯でB.C.7000頃に栽培され始め、やがて栽培種が成立したと考えられている。
 西方には、B.C.4200-2500ころヨーロッパに伝わり、ギリシア・ローマ時代にはヨーロッパ各地で主食とされていた。
 中国ではB.C.2700ころすでに栽培されていた、最古の主食用穀物。日本には、明治時代にヨーロッパから入った。

 コムギと異なりグルテンを含まないのでパンには向かず、西方ではビールやウィスキーの原料とする。
 中国における誌は、むぎを見よ。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index