きび (黍) 

学名  Panicum miliaceum
日本名  キビ
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  コキビ、キミ(黄実)
漢名  黍(ショ,shu)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  稷(ショク,ji)、糜子(ビシ,meizi)
英名  Common millet,Proso millet, Hog millet
2007/07/21 薬用植物園
2005/08/05 東大農園
コキビ    市原在来

 中国では、実が粘り、茎に毛があるものを黍と呼び、実が粘らず、茎に毛がないものを稷と呼び、区別する。
 キビ属 Panicum(稷屬)には、世界に約600種がある。
   P. austro-asiaticum (南亞稷)
   ヌカキビ P. bisulcatum (糠黍)『中国雑草原色図鑑』312
   クサキビ P. brevifolium (短葉黍)
東南アジア・熱帯アフリカ産
   ハナクサキビ
(キヌイトヌカキビ) P. capillare 北アメリカ原産
   P. cruciabile (剛脈稷)
   オオクサキビ P. dichotomiflorum 北アメリカ原産
   イヌヤマキビ P. incomtum (藤竹草)
東南アジア・インド産
   ニコゲヌカキビ P. lanugiosum (P.acuminatum;綿毛稷)
北アメリカ原産
   ギニアキビ P. maximum (大黍)
熱帯アフリカ原産
   キビ P. miliaceum (・糜子)
 『中国本草図録』Ⅵ/2922
   P. notatum (心葉稷)
   P. paludosum (水生黍)
   P. psilopodium (細柄黍)
     var. epaleatum (無稃細柄黍)
   ハイキビ P. repens (鋪地黍・硬骨草・田基薑・風臺草・竹蒿草頭・馬鞭節)
        『中国本草図録』Ⅸ/4395・『中国雑草原色図鑑』313
   ホウキヌカキビ
(ケヌカキビ) P. scoparium 北アメリカ原産
   P. trichoides (發枝稷)
   P. trypheron (旱黍草)
   P. virgatum (柳枝稷)
 イネ科 Poaceae(Gramineae;禾本科)については、イネ科を見よ。
 和名は、黄実の転訛、実が黄色いことから。
 中国において古来穀物を表してきたさまざまなことば(文字)については、五穀を見よ。
 種子がモチ性のものを、ウルチ性のものを(セイ,ji)と区別したほか、秬(キョ,ju)・秫(ジュツ,shu)・秠(ヒ,pi)などの方言があった。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)に、丹黍は「和名阿加岐々美」、黍は「和名岐美」、稷は「和名岐美乃毛知」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)に、秬黍は「和名久呂木々美」、秫は「和名木美乃毛智」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』19(1806)に、「稷 キビ コキビ
大和本草 イネキビ ウルシキビ」、「黍 コキビ モチキビ」と。
 原産地は中央・東アジア温帯の乾燥地帯。中国では、新石器時代から栽培する。
 中国では、漢代まで、華北における重要な穀物であり、主食とするほか、酒を醸した。五穀を見よ。
 また、黍の根を黍根と呼び、茎を黍莖と呼び、種子を黍米と呼び、稷の茎を糜穰と呼び、種子を稷米と呼び、それぞれ薬用にする。
 『詩経』国風・王風・黍離(しょり)に、「はよく実り、稷は苗がのびる」と。
 『礼記』「月令」五月に、「農乃ち黍を登(すす)む。天子乃ち雛を以て黍を嘗む」と。
 『大戴礼』「夏小正」二月に、「往きて黍を耰(ゆう)す。襌(たん)なり。襌は単なり」と。
 日本には弥生時代に渡来。
 明治時代まで広く栽培されていたが、今日ではほとんど見られない。
 『万葉集』に、

   なし
(梨)(なつめ)きみ(黍)に粟(あは)嗣ぎ延(は)ふ田葛(くず)
      後もあはむと葵
(あふひ)花咲く (16/2834,読人知らず)

 昔話「桃太郎」に出てくる黍団子が有名だが、今日岡山県の名物になっている吉備団子は白玉粉で作る。
モチキビ   2009/08/23 岐阜県大野郡白川村

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index