さとうきび (砂糖黍) 

学名  Saccharum officinarum
日本名  サトウキビ
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  カンショ・カンシャ(甘蔗)、サトウノクサ
漢名  甘蔗(カンシャ,ganzhe)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  
英名  Sugar cane
2009/08/23 岐阜県大野郡白川村

 ワセオバナ Saccharum 属(甘蔗屬)には、次のようなものがある。
   S. arundinaceum(斑茅・大密)
   S. barberi
インドで栽培
   サトウキビ S. officinarum
   S. robustum
ニューギニアに自生
   チクシャ S. sinensis(甘蔗・竹蔗) 
日中で栽培。『中国本草図録』Ⅹ/4913
   ナンゴクワセオバナ S. spontaneum(甜根子草・割手密)
『中国雑草原色図鑑』321
     ワセオバナ var. arenicola 
 日本の九州南部の海岸付近に生えるワセオバナ(早生尾花)は、S. spontaneum var. arenicola。
 イネ科 Poaceae(Gramineae;禾本科)については、イネ科を見よ。
 和名カンショは、漢名甘蔗(カンシャ)の音の転訛。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)29甘蔗に、「サトウキビ サトウノキ サトウグサ サトウダケ」と。
 サンスクリット語でシャルカラー sarkara、プラークリット語でサッカラ sakkara といい、学名の属名・英名などはこれに基づく。
 野生種の S. robustum は、ボルネオ・ニューギニアなどに分布、S.spontaneumは、広くアフリカ・インド・中国南部・東南アジアなどに分布する 。
 栽培品種として、①からは マレーシア・ポリネシアで栽培されていたサトウキビ(英名はnoble cane)が、②からは インド・中国南部・東南アジアで栽培されていたサトウキビS. sinense が、それぞれ作り出された。今日の栽培サトウキビ S. officinarum は、さらに栽培の2種と野生2種の交雑をくり返して作られたもの。
 日本には、1609年中国から奄美大島に竹蔗が渡来した。
 漢・楊孚『異物志』に、「甘蔗、遠近皆有り。交趾に産する所の甘蔗は、特に諄好、本末薄厚無く、其の味至って均し。囲数寸、長丈餘、頗る竹に似る。斬りて食えば既に甘し。汁を迮取して飴餳(いじょう)を為り、之を名づけて糖と曰う。益々復た珍なり。又た之を煎じて曝せば、既に凝り、氷の如し。破りて博棊(はくき)の如くし(砕いて碁石ほどの大きさにして)、之を食う。口に入れれば消釈す。時の人之を石蜜と謂う」と(賈思勰『斉民要術』10引)
 
文中、飴餳はサトウキビのジュース、蔗漿(ショショウ,zhejiang)。石蜜は氷砂糖(こおりざとう)、氷糖(ヒョウトウ,bingtang)。
 日本では、17世紀末に至っても 高価な輸入品であった。
 
「暖国にそだつ物なり。近年薩摩には、琉球より取り伝へて種ゆるとかや。是を諸国に作る事は国郡の主にあらずば、速やかに行はわれがたかるべし。庶人の力には及びがたからん。是常に人家に用ゆる物なるゆへ、本邦の貴賎財を費す事尤甚し。是を種ゆる事よく其法を伝へ作りたらば、海辺の暖国には必ず生長すべし。若其術を尽して世上に多く作らば、みだりに和国の財を外国へ費しとられざる一つの助たるべし。・・・」(宮崎安貞『農業全書』1697)。
 
   いつのまに刈り干しにけむ甘蔗黍
(さとうきび)刈り干しにけむあはれもず啼く
     
(北原白秋『桐の花』1913)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index