なつみかん (夏蜜柑) 

学名  Citrus natsudaidai
日本名  ナツミカン
科名(日本名)  ミカン科 
  日本語別名  ナツカン(夏柑)、ナツダイダイ(夏橙)
漢名  夏橙(カトウ,xiacheng)
科名(漢名)  芸香(ウンコウ,yunxiang)科
  漢語別名  
英名  Watson pomelo
2005/05/02 学内
2007/05/18 学内
2005/10/30 2005/11/16
2004/12/02
2005/12/05
 ブンタン系の雑種から起源したという。
 いわゆる柑橘類の果樹、及びミカン属(カンキツ属) Citrus(柑橘屬)については、かんきつ類を見よ。
 
 18世紀初、山口県長門市仙崎(青海島)大日比(おおひび)で、於長(おちょう)という女の子が、海岸に漂着した果実を拾ってその種子をまいたものが原木で、現存するという。
 果実の成熟期が遅く、晩春・初夏が食べごろ。
 1930年代の初め、大分県津久見市で川野豊氏が早生の突然変異種(川野なつだいだい・甘夏)を見出し、1950年に登録、旧来のナツミカンにとって代った。
 江戸時代には子どもの玩具や食酢として用いられた。
 食用果実としては、萩の武家屋敷の庭先栽培から普及した。明治時代には、失業した武士の救済策として その栽培が奨励された。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index