とうがん (冬瓜) 

学名  Benincasa cerifera (=B. hispida)
日本名  トウガン 
科名(日本名)  ウリ科
  日本語別名  カモウリ(氈瓜)、トウガ(冬瓜)、チョウセンウリ
漢名  冬瓜(トウガ,donggua,ton kwa)
科名(漢名)  葫蘆(コロ,hulu)科
  漢語別名  白瓜(ハクカ,baigua)、白冬瓜、水芝(スイシ,shuizhi)
英名  Wax gourd, White gourd, Ash gourd, Chinese winter melon, Ton kwa
2006/06/22 薬用植物園
2005/08/02  同上 2005/09/18  同上

2005/09/12  三芳町竹間沢

 トウガン属 Benincasa(冬瓜屬)は、1属1種。
 var. chieh-gua(節瓜・毛瓜;E.Chinese squash, Mo kwa)がある。
 300年前から兩廣で栽培、未熟果を食用。
 ウリ科 Cucurbitaceae(葫蘆科)については、ウリ科を見よ。
 漢名の冬瓜は、冬に熟するから(『本草綱目』)
 和名のトウガンは冬瓜の訛、カモウリ(氈瓜)は果実に毛があることから。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)冬瓜に、また源順『倭名類聚抄』(ca.934)冬瓜に、「和名加毛宇利」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)24冬瓜に、「カモウリ トウガン防州 トンガ伊州」と。
 東南アジア原産、ジャワに野生している。
 東南アジア・インド・中国などで栽培。日本では10世紀ころから栽培されている。
 果肉を食用にする。
 中国では、茎を冬瓜藤と呼び、葉を冬瓜葉と呼び、果皮を冬瓜皮と呼び、果肉を冬瓜瓤と呼び、種子を冬瓜子と呼び、それぞれ薬用にする。
『中薬志Ⅱ』pp.83-85 
 「冬瓜はふとく成りたりとも、未だ白き粉を生ぜざるをばとるべからず。早くもぎたるはくさりやすし。霜下りてのち、よく熟して白粉のよく出たるは、春まで置きても損ずる事なし」(宮崎安貞『農業全書』1697)

   冬瓜やたがいにかはる顔の形
(なり) (芭蕉,1644-1694)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index