ふき (蕗) 

学名  Petasites japonicus
日本名  フキ 
科名(日本名)  キク科 
  日本語別名  
漢名  蜂鬪菜(ホウトウサイ,fengdoucai)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  蛇頭草、網絲皮、水鐘流頭
英名  Japanese butterbur
2007/12/25 薬用植物園
2006/03/08 学内 2006/03/15 同左
2006/03/20 小平市 2007/03/07 小平市

2007/03/22 小平市

2005/04/22 三芳町竹間沢

 大型になる変種(葉柄が 1.5-2.0m)に、アキタブキ(秋田蕗) var. giganteus があり、北海道・東北・サハリンに分布する。 
 フキ属 Petasites(蜂鬪菜屬)には、次のようなものがある。
   ニオイカントウ P. gragrans
地中海地方原産、日本には昭和初期に観賞用に渡来
   フキ P. japonicus(蜂鬪菜)
     アキタブキ(秋田蕗) var. giganteus
日本(北海道・東北)・サハリンに分布
   P. tricholobus(毛裂蜂鬪菜) 
中国(陝西・甘肅・四川・雲南)に分布 
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 葉柄をふき、花茎をふきのとう(薹)と呼ぶ。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)に、蕗は「和名布々岐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)に、蕗は「和名布々木」、款冬は「和名夜末不々木、一云夜末不木」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)に、「フキノトウ フキノヂイ
河州 フキノシウトメ和州 バツカイ南部松前 バシカイ南部」と。
 日本では、フキの漢字としてしばしば款冬を当てるが、誤り。款冬(カントウ,kuandong)は フキタンポポである。
 ただし、民間にはフキを款冬と呼ぶことがある。
 中華民国時代の『植物学大辞典』(1933縮本、商務印書館)ではフキを款冬とし、蜂鬪菜の名を載せない。ただし、これは日本語の輸入であろう。
 属名は、ギリシア語「日除け帽子」から。
 日本(本州岩手県水沢市以南・四国・九州・琉球)・朝鮮・中国(陝西・安徽・福建・江西・湖北・四川)・サハリンに自生。
 雌雄異株。
 日本では古い蔬菜、花序・花茎・葉柄を食う。
 栽培品種に愛知早生フキ
(三倍体)・秋田フキ・水フキの三がある。商品として流通するフキの9割を占めるのは愛知早生フキ、ただし雄株のみ。
 『新撰字鏡』(ca.901)に初見、『延喜式』(927)には蔬菜として載る。
 アキタブキの栽培は、19世紀中葉から。愛知早生フキは、明治中葉に見出されて 全国に広がった。
 フキの砂糖漬けは、明治12年に秋田で始められた。

   (ふき)の葉に丁寧にあつめし骨くづもみな骨瓶(こつがめ)に入れしまひけり
     (斎藤茂吉「死にたまふ母」(1913)より。『赤光』所収)
   十尺
(とさか)よりも秀でておふる蕗のむれに山がはのみづの荒れてくる見ゆ
     
(これはアキタブキであろう。1932志文内,斎藤茂吉『石泉』)
   まぼろしに現
(うつつ)まじはり蕗の(たう)萌ゆべくなりぬ狭き庭のうへ
   枯れ伏しし蕗にまぢかき虎耳草(ゆきのした)ひかりを浴みて冬越えむとす
     
(1937「庭前」,齋藤茂吉『寒雲』)
 
アキタブキ var. giganteus
   2008/07/18 北大植物園

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index