ゆり (百合・由利) 

 ユリ科 Liliaceae(百合科)には、広く世界に約220-240属3500-4000種がある。
 『日本の野生植物』は、これを次のような亜科に分ける。
   ヤブラン亜科 Ophiopogonoideae (ヤブラン科 Ophiopogonaceae とすることがある)
     Liriope, Ophiopogon
   シュロソウ亜科 Melanthioideae(シュロソウ科 Melanthaceae とすることがある)
     Alectorurus, Chinographis, Heloniopsis, Japonolirion, Metanarthecium,
     Narthecium, Protolirion, Tofielda, Tricyrtis, Veratrum, Zygadenus 
   ツルボラン亜科 Asphodeloideae(ツルボラン科 Asphodelaceae とすることがある)
     Dianella, Hemerocallis, Hosta 
   ソクシンラン亜科 Aletroideae
     Aletris 
   ネギ亜科 Allioideae(ネギ科 Alliaceae とすることがある)
     Allium, Caloscordum, Gagea 
   ユリ亜科 Lilioideae
     Amana, Cardiocrinum, Erythronium, Fritillaria, Lilium, Lloydia, Tulipa 
   ツルボ亜科 Scilloideae
     Hyacinthus, Muscari, Ornithogalum, Urginea 
   クサスギカズラ亜科 Asparagoideae
     Asparagus, Convallaria, Clintonia, Disporum, Maianthemum, Paris,
     Polygonatum, Reineckea, Rhodea, Smilacina, Streptopus, Trillium 
   シオデ亜科 Smilacoideae  → サルトリイバラ科 Smilacaceae 
 以下に、ユリ科の属を学名順に列挙する。

   アガパントゥス属 Agapanthus(百子蓮屬)
   Albuca
   ケイビラン属 Alectorurus 
1種
     ケイビラン A. yedoensis
日本産
   ソクシンラン属 Aletris(粉條兒菜屬)
世界に約10種
     A. alpestris(高山粉條兒菜)
『雲南の植物』14
     ネバリノギラン A. foliata
     A. formosana
臺灣産
     A. glabra(無毛粉條兒菜)『雲南の植物』14
     A. glandulifera(腺毛粉條兒菜)
     ノギラン A. luteoviridis
       ヤクシマノギラン var. nutans
     ヒメソクシンラン A. makiyataroi
     A. pauciflora(少花粉條兒菜)
中国(南西部)・ヒマラヤ産、『週刊朝日百科 植物の世界』10-148
     A. scopulorum(短柄粉條兒菜)
     ソクシンラン A. spicata(Hypoxis spicata;粉條兒菜・金綫吊白米)
     A. stenoloba(狹瓣粉條兒菜)
   ネギ属 Allium(葱屬)
   アロエ属 Aloe(蘆薈屬) → アロエ科 Aloaceae
   ユリズイセン属 Alstroemeria(六出花屬)
   アマナ属 Amana 
東アジアに2種
   アマリリス属 Amaryllis(朱頂蘭屬) → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   Amianthium
   ハナスゲ属 Anemarrhena(知母屬)
   Anthericum(蜘蛛百合屬)
   クサスギカズラ属 Asparagus(天門冬屬)
   Asphodeline
   ツルボラン属 Asphodelus
地中海地方・西アジアに約12種
   ハラン属 Aspidistra(蜘蛛抱蛋屬)
   Bloomeria
北アメリカ太平洋岸に2種
   Brimeura
   Brodiaea(布羅地屬) 
北アメリカ西部に13種
   Bulbine
   Bulbinella
   ハナビニラ属 Caloscordum 
2種
     ステゴビル C. inutile(Nothoscordum inutile)
 日本産
     ハナビニラ C. neriniflorum
中国産
   Camassia(卡瑪百合屬)
     C. leichtlinii(卡瑪百合)
     C. quamash 
『週刊朝日百科 植物の世界』10-41
   ウバユリ属 Cardiocrinum(大百合屬)
   Chamaeliriu
   Chionodoxa(雪寶花屬) 
7種
     ユキゲユリ C. luciliae(C.gigantea;雪寶花)
     C. sardensis
     C. siehei 
『週刊朝日百科 植物の世界』10-42
   シライトソウ属 Chionographis(白絲草屬)
   オリヅルラン属 Chlorophytum(吊蘭屬)
     C. chinense(狹葉吊蘭)
     オリヅルラン C. comosum(吊蘭)
     ヒロハオリヅルラン C. elatum
     C. laxum(小花吊蘭)
     C. nepalense(西南吊蘭)
   ツバメオモト属 Clintonia(七筋菇屬)
 東アジア・北アメリカに5種
     ツバメオモト C. udensis(七筋菇)
東アジアにはこの1種、『週刊朝日百科 植物の世界』10-108
   クンシラン属 Clivia(君子蘭屬) → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   イヌサフラン属 Colchicum(秋水仙屬)
   スズラン属 Convallaria(鈴蘭屬)
   Cordyline(朱蕉屬) → リュウゼツラン科 Agavaceae(龍舌蘭科)
   ハマオモト属 Crinum(文殊蘭屬) → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   キンバイザサ属 Curculigo(仙茅屬) → キンバイザサ科 Hypoxidaceae
   Cyrtanthus → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   Daiswa → ツクバネソウ属 Paris(重樓屬)
   Danae
   Daubenya
1種
     D. aurea
   キキョウラン属 Dianella(山菅屬)
東アジアなどに約10-30種
     キキョウラン D. ensifolia(山菅)
   Dichelostemma
   ホウチャクモドキ属 Disporopsis(假萬壽竹屬)
   チゴユリ属 Disporum(萬壽竹屬)
   Diuranthera(鷺鷥草屬)
     D. major(鷺鷥草・土洋參)
     D. minor(小鷺鷥草)
   リュウケツジュ属 Dracaena(龍血樹屬) → リュウゼツラン科 Agavaceae(龍舌蘭科)
   Eremurus(獨尾草屬)
中央アジア西部産
     E. chinensis(獨尾草)
『雲南の植物』27
   カタクリ属 Erythronium(猪牙花屬)
   Eucharis → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   Eucomis
     E. autumnalis
   バイモ属 Fritillaria(貝母屬)
   キバナノアマナ属 Gagea(頂冰花屬)
ユーラシアに約60種
     G. albertii(毛梗頂冰花)
     G. bulbifera(珠芽頂冰花)
     G. hiensis(小頂冰花)
     ヒメアマナ G. japonica
     キバナノアマナ G. lutea
     G. pauciflora(少花頂冰花)
     エゾヒメアマナ G. vaginata
   マツユキソウ属 Galanthus → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   Galtonia(夏風信子屬)
     G. candicans(夏風信子) 
『週刊朝日百科 植物の世界』10-42
   キツネユリ属 Gloriosa(嘉蘭屬)
 1属1種
     キツネユリ
(ユリグルマ)  G. superba(嘉蘭) アジア・アフリカの熱帯(中国では雲南)に分布
   Haemanthus(鋼球花屬) → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   Harperocallis
   Helonias
   ショウジョウバカマ属 Heloniopsis(胡麻花屬)
   ワスレグサ属 Hemerocallis(萱草屬)
   カラスバサンキライ属 Heterosmilax(肖菝葜屬)
      → サルトリイバラ科 Smilacaceae(菝葜科)

   ヒッペアストルム属 Hippeastrum(孤挺花屬) → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   ギボウシ属 Hosta(玉簪屬)
   ツリガネズイセン属 Hyacinthoides
   ヒアシンス属 Hyacinthus(風信子屬)
 3種
   Hymenocallis(水鬼蕉屬) → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   コキンバイザサHypoxis(小金梅草屬) → キンバイザサ科 Hypoxidaceae
   ハナニラ属 Ipheion(春星花屬)
   Iphigenia(山慈姑屬)
     I. indica(山慈姑・土貝母・草貝母)
   オゼソウ属 Japonolirion 
1-2種
     オゼソウ J. osense
日本産
   キヌガサソウ属 Kinugasa → ツクバネソウ属 Paris(重樓屬)
   シャグマユリ属 Kniphofia(火把蓮屬)
   Lachenalia(非洲蓮香屬)
     L. aloides(非洲蓮香)
     L. pendula(長筒非洲蓮香)
     L. unicolor(單色非洲蓮香) 
『週刊朝日百科 植物の世界』10-41
   Leucojum → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   ユリ属 Lilium(百合屬)
   ヤブラン属 Liriope(土麥冬屬・麥冬屬)
   Littonia
   チシマアマナ属 Lloydia(洼瓣花屬)

   ヒガンバナ属 Lycoris(石蒜屬) → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   マイヅルソウ属 Maianthemum(舞鶴草屬)
   Massonia
   Medeola
   Melanthium
   Merendera
   ノギラン属 Metanarthecium 日本・臺灣に2種
     ノギラン
(キツネノオ) M. luteoviride
       ヤクシマノギラン var. nutans
   Milula(穗花韭屬)
     M. spicata(穗花韭)
   ムスカリ属 Muscari(藍瓶花屬)
   スイセン属 Narcissua(水仙屬) →ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   キンコウカ属 Narthecium 
北半球に約4-9種
     キンコウカ N. asiaticum
   Nerine(尼潤蘭屬) → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   Nomocharis(豹子花屬)
 中国・ビルマ・ヒマラヤに8種
     N. farreri(滇西豹子花)
     N. forrestii(滇蜀豹子花)『週刊花百科』ゆり2(2004,講談社)p.19・『雲南の植物』24
     N. meleagrina(多斑豹子花)
 『週刊朝日百科 植物の世界』10-18
     N. pardanthina(豹子花)『雲南の植物』25
     N. saluenensis(雲南豹子花)
   Notholirion(假百合屬
) 中国(四川・貴州・雲南)・ビルマ・チベット・ヒマラヤ・インド・スリランカに4種
     N. bulbiferum(假百合) 
ヒマラヤ産。『雲南の植物』28
     N. campanulatum(鐘花假百合)
     N. macrophyllum
ヒマラヤ・チベット産。『週刊朝日百科 植物の世界』10-18
   ハナタケニラ属 Nothscordum
南北アメリカ産
   ジャノヒゲ属 Ophiopogon(沿階草屬)
   オオアマナ Ornithogalum(虎眼萬年靑屬)
   ツクバネソウ属 Paris(重樓屬)
   Peliosanthes(球子草屬)
 臺灣・中国(南部)・インドシナ・マレーに1-10種
     P. macrostegia(大蓋球子草)
     P. minor(小球子草)
   Petrosavia(無葉蓮屬)
     P. sinii(無葉蓮)
   Pleea
   ナルコユリ属 Polygonatum(黄精屬)
   Prosartes
   サクライソウ属 Protolirion 
サクライソウ科 Protoliriaceae とすることがある。東南アジア乃至日本に数種
     サクライソウ P. sakuraii
日本(岐阜・石川・福井・京都)・奄美・臺灣に分布
   キチジョウソウ属 Reineckea(吉祥草屬)
 1種
     キチジョウソウ R. carnea(吉祥草)
   オモト属 Rohdea(萬年靑屬)
   ナギイカダ属 Ruscus(假葉樹屬)
   Sandersonia(燈籠百合屬)
南アフリカに1種
     サンダーソニア S. aurantiaca(燈籠百合)
   チトセラン属 Sansevieria(虎尾蘭屬) → リュウゼツラン科 Agavaceae(龍舌蘭科)
   Scadoxus → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   Schoenocaulon
   ツルボ属 Scilla(棉棗兒屬)
   Scoliopus
   ユキザサ属 Smilacina(鹿藥屬)
   サルトリイバラ属(シオデ属) Smilax(菝葜属) → サルトリイバラ科 Smilacaceae(菝葜科)
   Speirantha(白穗花屬)
     S. gardenii(白穗花)
   Stenanthium
   Sternbergia  → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   タケシマラン属 Streptopus(扭柄花屬)
 北半球の冷温帯・寒帯に7種
     オオバタケシマラン S. amplexifolium(var. papillatus)
     S. koreanus(絲梗扭柄花)
     S. obtusatus(扭柄花)
     コンゴウソウ S. ovalis(Disporum ovale;卵葉扭柄花)
     S. simplex(腋花扭柄花)
     S. streptopoides
       ヒメタケシマラン ssp. streptopoides
         オタケシマラン var. koreanus(S.koreanus)
       タケシマラン ssp. japonicus(S.japonicus)
   Theropogon(夏鬚草屬)
     T. pallidus(夏鬚草)
   Thysanotus(異蕊草屬)
     T. chinensis(異蕊草)
   チシマゼキショウ属 Tofieldia(岩菖蒲屬)
     T. coccinea(長白岩菖蒲)
       チシマゼキショウ var. coccinea(var.fusca, T.nutans, T.fusca)
       アッカゼキショウ var. akkana
       ゲイビゼキショウ var. geibiensis
       ハコネハナゼキショウ var. gracilis(var.kiusiana, T.nutans var.kiusiana)
       チャボゼキショウ var. kondoi(T.nutans var.kondoi)
     T. divergens(叉柱岩菖蒲・九節蓮)『雲南の植物』31
     イワショウブ T. glutinosa(T.japonica)
     ハナゼキショウ
(イワゼキショウ) T. nuda
       ヤシュウハナゼキショウ var. furusei
       ヒゼンハクゼキショウ var. hizenensis
       ハナゼキショウ var. nuda
       ヤクシマチャボゼキショウ var. yoshiiana
     ヒメイワショウブ T. okuiboi
     T. thibetica(岩菖蒲・石竹根・岩瓢子)
   ホトトギス属 Tricyrtis(油點草屬)
   エンレイソウ属 Trillium(延齡草屬)
   Triteleia
   Tulbaghia
アフリカに約20種
   チューリップ属 Tulipa(鬱金香屬)
   Tupistra(開口箭屬)
     T. aurantiaca(橙花開口箭)
     T. chinensis(開口箭・牛尾七・竹根七)
     T. delavayi(筒花開口箭)
     T. ensifolia(劔葉開口箭)
     T. fimbriata(鬚瓣開口箭)
     T. tui(蝶花開口箭)
     T. watanabei(臺灣開口箭)
     T. wattii(彎萼開口箭)
   カイソウ属 Urginea(海葱屬)
     カイソウ U. maritima(海葱) 
地中海地方産、有毒で、殺鼠剤に用いる。
   Uvularia
   Veltheimia
   シュロソウ属 Veratrum(藜蘆屬)
   Xerophyllum
   Ypsilandra(丫蕊花屬) 
中国(四川・雲南)・ヒマラヤに4種
     Y. alpinia
     Y. cavaleriei(小果丫蕊花)
     Y. thibetica(丫蕊花・小瓢兒菜)
     Y. yunnanensis(雲南丫蕊花)
   イトラン属 Yucca(絲蘭屬) → リュウゼツラン科 Agavaceae(龍舌蘭科)
   タマスダレ属 Zephyranthes(玉簾屬) → ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)
   リシリソウ属 Zigadenus(棋盤花屬)
 11種
     リシリソウ Z. sibiricus(棋盤花) 
 ユリ属 Lilium(百合屬)には、北半球の温帯を中心に約100-130種がある。
 日本には、15種が自生し、7種は固有種。
   ウケユリ L.alexandrae(L.japonicum var.alexandrae)
         日本(奄美大島とその属島)に分布。『週刊花百科』ゆり1(2004,講談社)p.11
   コマユリ L.amabile 朝鮮・中国(東北)に分布。『週刊花百科』ゆり2(2004,講談社)p.9
   L.amoenum 中国(雲南)に分布。『雲南の植物』17
   ヤマユリ L.auratum(天香百合) 日本(本州の東北から近畿)に自生
     サクユリ(タメトモユリ) var.platyphyllum(L.platyphyllum) 
        日本(伊豆七島)に分布。『週刊花百科』ゆり1(2004,講談社)p.4
   タツタユリ L. batemanniae
   L.bakerianum(滇百合) 中国(雲南・四川)・ビルマに分布。『雲南の植物』19・『中国本草図録』Ⅸ/4419
     var. rubrum
『週刊朝日百科 植物の世界』10-2
     var.yunnanense 『雲南の植物』19
   L. bolanderi
米国(オレゴン南部乃至カリフォルニア北部)産
   L. brownii(山百合・野百合)
『中国本草図録』Ⅹ/4933
     ハカタユリ var.viridulum(var.colchesteri;
        百合・野百合・山百合・藥百合・家百合・喇叭筒)
『中薬志Ⅰ』pp.204-209
        中国(河北・陝西・甘肅・河南・西南・東南)に分布。日本には 鎌倉時代に食用として博多に渡来
        『雲南の植物Ⅱ』254・『中国本草図録』Ⅰ/0418・『週刊花百科』ゆり2(2004,講談社)p.6
   L. bulbiferum
ヨーロッパ中央部産、特にアルプス・チロルに多い。『週刊朝日百科 植物の世界』10-13
   L. buschianum → L. concolor
   ノヒメユリ(スゲユリ) L. callosum(條葉百合) 
        日本(四国・九州)・琉球・朝鮮・中国(東北・河南・浙江・安徽・江蘇・廣東)・臺灣・アムールに分布
     キバナノヒメユリ(キスゲユリ) var.flaviflorum 日本(沖縄)に分布
   L. canadense
カナダ(ケベック)乃至米国(ウェストバージニア)に分布
   ニワシロユリ(マドンナリリー) L. candidum(E.Madonna lily, Annunciation lily)
        
 ヨーロッパの白百合。イスラエル北部原産、ローマ軍により全ヨーロッパにもたらされた
   L. cathayanum
     var. yunnanense(蕎麥百合)
 中国(中南・西北)に分布
   マツバユリ L. cernuum 朝鮮・中国(東北)・ウスリーに分布。『週刊花百科』ゆり2(2004,講談社)p.9
   ヒメユリ L. concolor(L.concolor var.partheneion, L.buschianum;渥丹・山丹) 
        日本(東北地方南部以南)・朝鮮・中国(陝西・河北・河南・山東)・アムールに分布
        『中国本草図録』Ⅴ/2415
     キヒメユリ f. coridion
     チョウセンヒメユリ var. pulchellum(有斑百合)
         中国(東北・山東・河北・山西・内蒙古)に分布。『中国本草図録』Ⅳ/1930
   ダルハンソニー L. dalhansonii
   エゾスカシユリ L. dauricum(L.maculatum ssp.dauricum, L.pensylvanicum,
        L.sachalinense;毛百合・卷蓮花・卷蓮百合)
         日本(北海道)・朝鮮・中国(東北・河北)・千島・樺太・カムチャツカ・ダフリアに分布
        『中国本草図録』Ⅳ/1931。花壇地錦抄「草花 夏之部」にゑぞゆり
   L. davidii(川百合・西北百合・大衞百合)
         中国(河南・山西・陝西・甘肅・四川・雲南)に分布。『雲南の植物』20・『中国本草図録』Ⅸ/4420
   チョウセンクルマユリ L. distichum(東北百合・閃浪花・輪葉百合)
         中国(東北)に分布。『中国本草図録』Ⅴ/2414・『週刊朝日百科 植物の世界』10-4
   L. duchartrei(寶興百合・野百合)
         中国(西藏・四川・甘肅)に分布。『雲南の植物』18・『中国本草図録』Ⅸ/4421
   L. fargesii(綠花百合) 中国(陝西・湖北・四川・雲南)に分布
   タカサゴユリ L. formosanum(L.philippinense var.formosanum;臺灣百合) 臺灣に分布
   シンテッポウユリ L.×formolongi テッポウユリとタカサゴユリの雑種
   タケシマユリ L. hansonii
         鬱陵島(竹島)に自生、日本で古くから栽培。花壇地錦抄「草花 夏之部」にあり。
           『週刊花百科』ゆり2(2004,講談社)p.9

   キカノコユリ L. henryi(湖北百合)
         中国(湖北・貴州)に分布。『週刊花百科』ゆり1 p.8・ゆり2 p.6(2004,講談社)
   ササユリ
(サユリ・ヤマユリ) L. japonicum 日本(本州中部以西・四国・九州)に分布
     ベニバナササユリ f. purpureum
     ジンリョウユリ var. abeanum 日本(徳島県)に分布
     var. alexandrae → L. alexandrae
     ニオイユリ(ヨウキヒユリ) var. angustifolium 
   オニユリ(テンガイユリ) L. lancifolium(L.tigrinum;卷丹)
         日本(全国、ただし古く中国から渡来したものか)・朝鮮・中国(ほぼ全国)に分布
     オウゴンオニユリ var.flaviflorum 
日本(対馬)に産
   L.lankongense(瀾江百合) 中国(西藏)に分布
   キヒラトユリ(キバナノコオニユリ) L.leichtlinii f. leichtlinii
         日本(本州・四国・九州・沖縄)に稀に自生
     コオニユリ f. pseudotigrinum(var.maximowiczii, var.tigrinum, L.pseudotigrinum)
         日本・朝鮮・中国(東北)・ウスリーに分布。『中国本草図録』Ⅳ/1932
   L. longiscapa
ヒマラヤ産、『週刊朝日百科 植物の世界』10-1
   テッポウユリ(タメトモユリ・リュウキュウユリ・サツマユリ・ツツナガユリ)
         L. longiflorum(麝香百合・鐵炮百合・岩百合)
         日本(薩南諸島・琉球)に分布、中国(兩廣・貴州)・臺灣で栽培
   L. lophophorum(尖被百合) 中国(雲南・四川)に分布
           『雲南の植物』21
・『中国本草図録』Ⅷ/3938・『週刊花百科』ゆり2(2004,講談社)p.7
   スカシユリ(イワトユリ) L. maculatum 日本の本州(紀伊半島・新潟県以北)に自生
   マルタゴンユリ L.martagon(帽子花)
        ヨーロッパ乃至シベリア、中国では新疆アルタイ山脈に分布
        『週刊朝日百科 植物の世界』10-5
   クルマユリ L.medeoloides
         日本(北海道・本州近畿以北・四国剣山)・朝鮮(済州島)・中国・千島・樺太・カムチャツカに分布
     クロバナクルマユリ f. atropurpureum
     フナシクルマユリ f. immaculatum
     サドクルマユリ var.sadoinsulare 日本(佐渡金北山)に自生
   L.nanum(小百合・矮莖百合)中国(西藏東南・雲南西北・四川西部)・ネパール・ブータン・シッキムに分布
           『週刊朝日百科 植物の世界』10-9

   ウコンユリ L. nepalense ヒマラヤに分布。
           『週刊朝日百科 植物の世界』10-10・
『週刊花百科』ゆり2(2004,講談社)p.6

     ジャコウユリ var. ochraceum(赭黄百合)
 四川・貴州・雲南。『雲南の植物Ⅱ』256
   タモトユリ L. nobilissimum 日本(トカラ列島口之島)に自生。花壇地錦抄「草花 夏之部」にあり
   パークマニー L. parkmannii
   L. pensylvanicum → L. dauricum
   ルソンユリ L. philippinense
     var. formosanum → L. formosanum
   L. platyphyllum → L .auratum var. platyphyllum
   L. primulinum var. ochraceum 『雲南の植物』23
   L. pseudotigrinum → L. leichtlinii f. pseudotigrinum
   イトハユリ L. pumilum(L.tenuifolium;山丹・細葉百合)
         中国(東北・内蒙古・河北・山東・河南・山西・寧夏・陝西・甘肅・靑海)に分布。『中薬志Ⅰ』pp.204-209
        『中国本草図録』Ⅱ/0917・『中国雑草原色図鑑』353・『週刊朝日百科 植物の世界』10-3
   L. pyrenaicum
ピレネー産
   オウカンユリ(リーガルリリー) L. regale(王百合・王香百合・峨眉百合)
         中国(西南)に分布、北京・上海などで栽培。ヨーロッパには20世紀に入る
         『週刊朝日百科 植物の世界』10-11・『週刊花百科』ゆり2(2004,講談社)p.6

   ヒメサユリ(オトメユリ) L. rubellum 日本(山形・福島・新潟県境)に自生
   L. souliei 『雲南の植物』21
   カノコユリ L. speciosum 
     シラタマユリ f. kratzeri(f.vestale, var.tametomo) 白花品
     シマカノコユリ var. speciosum 日本(九州西海岸・甑島)に分布
     タキユリ var. clivorum 日本(四国山中・九州西彼杵半島&九十九島)に分布
     タイワンカノコユリ var. gloriosoides(藥百合・鹿子百合)
         中国(浙江・安徽・江西)・臺灣に分布
   L. taliense(大理百合)
         中国(陝西・四川・雲南・貴州)に分布。『雲南の植物』22・『中国本草図録』Ⅷ/3939
   L. tenuifolium → L. pumilum
   L. tigrinum → L. lancifolium
   チョウセンカサユリ L. tsingtauense(靑島百合) 朝鮮・中国(山東)に分布
   L. wardii(卓巴百合) 中国(西藏東南部)に分布
   L. washingtonianum
米国(オレゴン乃至シエラネバダ山脈)産 
 19世紀以来、ユリには多くの園芸品種が作り出されてきた。それらは、次の8つの交雑グループと、さらにそれらを掛け合わせた品種群からなる。
   トランペット・ハイブリッド(T)
 中国のユリを中心に作られた交雑品種。
   オリエンタル・ハイブリッド(O)
日本固有種を親にする交雑品種。強い芳香がある。
     カサブランカ、ソルボンヌなど。
   ロンギフロールム・ハイブリッド(L)
 テッポウユリ・タカサゴユリなどを親とする交雑品種。
   アジアティック・ハイブリッド(A)
 エゾスカシユリ・イワトユリに中国・朝鮮産のユリを交雑した品種。
   マルタゴン・ハイブリッド
 マルタゴンユリ・タケシマユリを親とする交雑品種。
   カンディドゥム・ハイブリッド
 マドンナリリー・カルケドニウムなどヨーロッパ産のユリを親とする交雑品種。
   アメリカン・ハイブリッド
北アメリカ産のユリを親とする交雑品種。
   その他のハイブリッド 
    OT
オリエンタルハイブリッド×トランペットハイブリッド
    LO
ロンギフロールムハイブリッド×オリエンタルハイブリッド
    OA
オリエンタルハイブリッド×アジアティックハイブリッド
    LA
ロンギフロールムハイブリッド×アジアティックハイブリッド 
 なお、ウバユリウバユリ属 Cardiocrinum(大百合屬)、クロユリ(黒百合)バイモ(貝母)
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)百合に、「和名由利」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)百合に、「和名由里」と。
 属名 Lilium は、ケルト語の li(白い色)+ lium(花)に基づく。コプト語でも hleli であるよし。
 英名lily は、ラテン語から。
 英名を lily という植物は、ユリ属とは限らず、含意は広い。英名索引から、○○リリーというものを検索されたい。
 
 地下の鱗茎を食用にするのは、日本ではオニユリ・コオニユリ・ヤマユリ・ハカタユリ・タケシマユリなどを用いる。

 中国では、食用にするために栽培するゆりを家百合 jiabaihe と総称し、
   ヤマユリ L. auratum(天香百合)
   ヒメユリ L. concolor(渥丹)
   オニユリ L. tigrinum(卷丹)
   L. brownii var. viridulum(百合)
などを用いる。
 ただし、日本では生の鱗片を調理するが、中国では茹でて乾燥したものを用いる。
 中国では、次のものの地下の鱗茎を百合(ヒャクゴウ,bohe,baihe;別名は菜百合・藥百合・野百合・家百合・杜百合)と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.204-209
   ハカタユリ L.brownii var.viridulum(var.colchesteri;百合)
      『雲南の植物Ⅱ』254・『中国本草図録』Ⅰ/0418
   L.tenuifolium(細葉百合)
   ヒメユリ L.concolor(L.concolor var.partheneion;渥丹・山丹)
 『中国本草図録』Ⅴ/2415 
 日本におけるユリの語の初見は、『古事記』。
 神武天皇が狭井
(さゐ)河のほとりに伊須気余理比売(いすけよりひめ)を訪れて「一宿御寝し坐しき」の文に、割注として、「其の河を佐韋河と謂ふ由は、其の河の辺に山由理草多に在りき。故、其の山由理草の名を借りて佐韋河と号けき。山由理草の本の名は佐韋と云ひき」とある。
 『日本書紀』24皇極天皇3年に、「夏六月癸卯朔に、大伴馬飼連(おほとものうまかひのむらじ)、百合の花を献れり。其の茎の長さ八尺。其の本(もと)異にして末(すゑ)(あ)へり」と。
 『万葉集』に ゆり・さゆりと詠われているものは、ヤマユリまたはササユリであろうという。文藝譜を見よ。
 「又ゆりの根を塩湯にてゆびき、菓子に用ひてよし。吸物、にしめ物かれ是料理おほし」(宮崎安貞『農業全書』1697)。

   草むらや百合は中々花の貌 
(半残)
   空つりやかしらふらつく百合の花 
(「病後」,何処)
   すゝ風や我より先に百合の花 
(乙州,以上3句『猿蓑』1691)

   かりそめに早百合生けたり谷の房 
(蕪村,1716-1783)
 
 
  まぢかくに雲のただよふ山のかひ黒き百合の実食
(は)みつつゆけり
     
(1931「上山(かみのやま)雑吟 九月十九日沢庵禅師の遺跡を訪ふ」,齋藤茂吉『石泉』)
        さて、黒い実を食べたとは、なにユリであろう。あるいは、オニユリのむかごの意であろうか。

 
 聖書には、しばしばユリが登場する。
 『旧約聖書』雅歌に出てくるユリは、じつはヒヤシンスであったろう、とする説が有力。
 ナザレ人のイエスが活動した地、パレスチナに生えるユリは、
   ニワシロユリ L. candidum (E. Madonna lily
「聖母の百合」, Annunciation lily「受胎告知の百合」)
   L. chalcedonicum
の二種であるという。
 しかし、『新約聖書』マタイ伝6
28に出てくる「野の花・野の百合 the lilies of the field」がどのような植物を指したのかについては、諸説がある。上記の二種類のユリもその候補の一であるが、アネモネ(ボタンイチゲ) Anemone coronaria とする説が有力。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index