ばなな (バナナ) 

学名  Musa acuminata
日本名  バナナ
科名(日本名)  バショウ科
  日本語別名  ミバショウ(実芭蕉)
漢名  香蕉(コウショウ,xiangjiao)
科名(漢名)  芭蕉(バショウ,bajiao)科
  漢語別名  甘蕉(カンショウ,ganjiao)、龍溪蕉(リョウケイショウ,longxijiao)、天寶蕉(テンポウショウ,tianbaojiao)、矮脚香蕉(ワイキャクコウショウ,aijiaoxiangjiao)
英名  Banana
2006/04/16 薬用植物園(温室)


 バナナの成立過程や分類については、専門書に譲る。下の「説」に一部を引いたが、素人目に見て区別できるものではなさそうだ。
 バショウ属 Musa(芭蕉屬)については、バショウを見よ。
 漢名・属名・英名について、バショウを見よ。
 (生食用・調理用を問わず)食用になるバナナは、次の内のいずれかである。
   野生種マレーヤマバショウ M.acuminata(AA)の改良品種 M.acuminata(AA,AAA,AAAA)
   野生種マレーヤマバショウ M.acuminata(AA)と、野生種リュウキュウバショウ M.balbisiana(BB)の雑種
 野性種マレーヤマバショウ M. acuminata(AA, C.阿加蕉)は、マレーシア西部からインド東部に分布。実は大きく美味、香も良い。ただしアズキ大の固い種子が詰っている。
 これを種無し・単為結果性に改良したものが、今日の生食用のバナナである。ニューギニアの現地人は改良されたAAを栽培している。それに対し、中南米で企業栽培する品種 Gros Michel や、日本でいう台湾バナナなど、今日の主流は同質三倍体AAAである。
 育種家は、更に4倍体AAAAを作っている。
 野生種リュウキュウバショウ M.balbisiana(BB, C.倫阿蕉)は、フィリピン・インドに産する。実は食用にならない。
 栽培段階にまで改良された M.acuminata(AA)と出あって様々な雑種が出現した。それらの雑種群は、今日でも世界の熱帯で多く栽培している。
 その中でも、M.×paradisiaca(M.×sapientum, AAB, E.French plantain, C.大蕉・芭蕉)と M.×corniculata(AAB, E.Horn plantain)は、澱粉質が多いのでリョウリバナナ(E.Plantain)と呼び、加熱調理して食用にする。
 1979年の統計では、世界のバナナの生産量は約3,900万トン、リョウリバナナの生産量は約2,000万トン。
 バナナは、日本では、沖縄・小笠原などで栽培。
 実を食用とするほか、繊維を取って芭蕉布を織り、葉を包装に用い、雄花・若芽を蔬菜とし、根茎を家畜の飼料とする。
 「バナナは全世界的に見ると、果物の中でいちばん重要なものだ。その生産量はあらゆる果物の中でいちばん多い。リンゴやブドウ、柑橘類よりバナナのほうが多いらしい。多いらしいというのは、東南アジア、アフリカ、中米などで原住民の自家消費が圧倒的な量を占めるからだ。統計なんてそこにはない。簡単な推算をしてみた結果こうなるわけだ。けれどもバナナは果物といっては都合が悪いかもしれない。バナナの中には煮たり焼いたりして食べる、イモのように使用される種類がそうとうある。バナナはおそろしく多様性に富んでいる。」(中尾佐助『栽培植物と農耕の起源』1966) 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index