さといも (里芋) 

学名  Colocasia esculenta(C.antiquorum var.esculenta)
日本名  サトイモ 
科名(日本名)  サトイモ科
  日本語別名  イモ、タイモ(田芋)、ハタケイモ、イエツイモ(家芋)、タロイモ、シロミグサ、ツユトリグサ
漢名  芋(ウ,yu)、芋頭(ウトウ,yutou)
科名(漢名)  天南星(テンナンセイ,tiannanxing)科
  漢語別名  芋艿(ウジョウ,yunai)、毛芋(モウウ,maoyu)、蹲鴟(ソンシ,cunchi)、莒(キョ,ju)
英名  Taro, Old cocoyam
2005/07/11   三芳町竹間沢 2005/08/12  清瀬市下宿


 サトイモ科 Araceae(天南星科)には、主に世界の熱帯・亜熱帯に約105-115属2000-2500種がある。
   ショウブ属 Acorus(菖蒲屬)
   Aglaonema(亮絲草屬)
   クワズイモ属 Alocasia(海芋屬)
   コンニャク属 Amorphophallus(魔芋屬)
   Anadendrum(杯被藤屬)
   ベニウチワ属 Anthurium(花燭屬)
   テンナンショウ属 Arisaema(天南星屬)
   Arum
広くユーラシア・北アフリカ・アゾレス諸島に26種
   Caladium(花葉芋屬)
     C. bicolor(五彩芋)
   ヒメカイウ属 Calla(水芋屬)
北半球の冷温帯に1種
     ヒメカイウ C. palustris(水芋)
   サトイモ属 Colocasia(芋屬)
   Cryptocoryne(隱棒花屬)
   Cyrtosperma
太平洋の島々に分布
   Dieffenbachia(花葉萬年靑屬)
   Epipremnum(麒麟葉屬)
   Gonatanthus(曲苞芋屬)
   Homalomena(千年健屬)
     H. occulta(H.tonkinensis;千年健・一包針)
『中薬志Ⅰ』pp.64-66
   Lasia(刺芋屬)
   ミズバショウ属 Lysichiton
   Orontium
北アメリカ東岸に1種
   ハンゲ属 Pinellia(半夏屬)
   ボタンウキクサ属 Pistia(大薸屬)
   Pothos(石柑子屬)
   Remusatia(零餘芋屬)
4-5種
   Rhaphidophora(崖角藤屬)
   Sauromatum(合管蓮屬)
   Scindapsus(藤芋屬)
   Steudnera(香芋屬)
   ザゼンソウ属 Symplocarpus(臭菘屬)
   リュウキュウハンゲ属 Typhonium(犂頭尖屬)
東南アジアを中心に約30種
     リュウキュウハンゲ T. divaricatum(犂頭尖)
        日本(鹿児島南部・琉球・小笠原)・臺灣・中国(福建・廣東)・東南アジア・インドに分布。
        
『週刊朝日百科 植物の世界』11-84
     T. giganteum(獨角蓮・白附子)
『中薬志Ⅰ』pp.173-177
   Xanthosoma 新大陸原産
     X. brasiliense
葉を食用
     X. sagittifolium(E.Yautia)
 イモを食用、今はフィリピンでも栽培
   オランダカイウ属 Zantedeschia(馬蹄蓮屬)
南アフリカに6種 
 サトイモ属 Colocasia(芋屬)には、中国(南部)・インドシナ・ヒマラヤに4-5種がある。
   C. affinis var. jenningsii 
観葉植物として栽培
   C. antiquorum(C.esculenta var.antiquorum;野芋・鐵芋)
        
日本・中国(陝西・江西・福建等)・インド・マレーシア・メラネシアに分布。         『中国本草図録』Ⅹ/4919
   サトイモ C. esculenta(;E.Taro)
 日本・中国(南部)で栽培。 
   ハスイモ C. gigantea(大野芋)
 日本・中国(南部)・ビルマ・マレーシアなど。
       『中国本草図録』Ⅱ/0903・『週刊朝日百科 植物の世界』11-90
   C. tonoimo(紫芋) 『中国本草図録』Ⅶ/3406 
 サトイモ(里芋)・タイモ(田芋)は、ヤマイモ(山芋)の対。
 漢名の芋は、大きなサトイモを見て、人々が「おおっ、ううっ」と驚いたことから、という。
 莒は、イモが連なっている様子を表す。また、蹲鴟とは うずくまったフクロウ。芋の形が似ていることから。
 日本では、深江輔仁『本草和名』(ca.918)芋に、「和名以倍都以毛」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)芋に、「和名以毛」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』23(1806)芋に、「イヱツイモ
和名鈔 シロミグサ古歌 ツユトリグサ同上 イモ」と。
 タロイモのタロ taro は、マオリ語などから英語に入ったもの。
 熱帯アジア原産、非常に古くインド・中国・日本・太平洋諸島などに伝えられた。
 ローマ時代には南ヨーロッパへ入る。
 A.D.500年ごろインドネシア人によりマダガスカル島に入り、やがて西アフリカに達した。
 コロンブス以後、西インド諸島に入る。
 このように、今日では広く世界の熱帯・亜熱帯で栽培している。
 日本には、南方民族の移住とともに(稲作以前に)もたらされた最も古いいも
 賈思勰『斉民要術』(530-550)巻2に、「種芋」の章がある。
 日本では、サツマイモジャガイモが渡来する以前には、芋といえばこれを指し、主要な食料であった。また葉柄をずいき・いもがらと呼び、生や乾燥したものを蔬菜として食用にする。

 『万葉集』に、

     蓮葉
(はちすは)は是くこそ在るもの意吉麿が家にある物はうも(芋)の葉に有るらし
      
(16/3826,長忌寸意吉麿(ながのいみきおきまろ)「荷葉を詠む歌」)
 

   種芋や花のさかりに売ありく 
(芭蕉,1644-1694)
   いも植て門
(かど)は葎(むぐら)のわか葉哉 (同)
   いものはや月待
(まつ)さとの焼(やき)ばたけ (同)
   月に名を包みかねてやいもの神 
(同)

  芋洗ふ女西行ならば歌よまむ
    
(伊勢の「西行谷の麓に流あり。をんなどもの芋あらふを見るに」、芭蕉『野ざらし紀行』1684)

   庵の月主をとへば芋掘に 
(蕪村,1716-1783)
   五六升芋煮る坊の月見かな 
(同)
 
 諺に「芋の煮えたもご存じ無い」とは、そんな簡単なことも知らない世間知らず、の意(平野雅章『食物ことわざ事典』1978)。


黒葉サトイモ 'Black Magic'
  2008/07/21 神代植物公園




跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index