さつまいも (薩摩芋) 

学名  Ipomoea batatas
日本名  サツマイモ
科名(日本名)  ヒルガオ科
  日本語別名  カライモ(唐芋)、バンショ(蕃薯)、リュウキュウイモ(琉球芋)、カンショ(甘薯)、アカイモ
漢名  甘藷(カンショ,ganshu)
科名(漢名)  旋花(センカ,xuanhua)科
  漢語別名  白藷(ハクショ,baishu)、紅藷(コウショ,hongshu)、紅苕(コウチョウ,hongshao)、蕃薯(バンショ,fanshu)、地瓜(チカ,digua)
英名  Sweet potato
2005/08/12 清瀬市下宿
『中国本草図録』Ⅳ/1815を参照。


 サツマイモ属 Ipomoea(甘薯屬)には、次のようなものがある。
   ヨウサイ I. aquatica (I.reptans;蕹菜・空心菜・通菜;E.Water spinach,
     Water convolvulus, Swanp cabbage, Ong tsoi) 熱帯・亜熱帯の水生・半水生植物、
     
インド東部原産か。中国でA.D.300頃から蔬菜として用いる。『中国本草図録』Ⅱ/0779
   サツマイモ I. batatas (甘薯・白薯・紅薯・蕃薯・地瓜・紅苕) 
6倍体
   ネコアサガオ I. biflora(I.sinensis;Aniseia sinensis;心萼薯・毛牽牛)
   ヨルガオ
(ユウガオ・ハリアサガオ・トウアサガオ) I. bona-nox(I.alba,
       Calonyction aculeatum;月光花・天茄兒・丁香茄兒;E.Moon flower)
        熱帯アメリカ乃至北アメリカ(フロリダ)原産。『中国本草図録』Ⅷ/3767
   モミジヒルガオ I. cairica(五爪金龍) 
『中国本草図録』Ⅱ/0780・『中国雑草原色図鑑』168
   コダチアサガオ I. carnea(I. crassicaulis)
   ヤツデアサガオ I. digitata (七爪龍)
   ソコベニヒルガオ I. gracilis
   キバナアサガオ I. hungaiensis (山土瓜・紅土瓜・土瓜・山紅苕) 
『雲南の植物』180
   マメアサガオ I. lacunosa
北アメリカ原産
   イモネアサガオ I. pandurata 北アメリカ原産
   グンバイヒルガオ I. pes-caprae (二葉紅薯・紅花馬鞍藤・馬蹄草)
       
 『中国本草図録』Ⅰ/0281
   I. pes-tigridis(虎掌藤)
 『中国本草図録』Ⅷ/3768
   カワリバアサガオ I. polymorpha
   I. sibirica(西伯利亞牽牛・鈴當子) 『中国本草図録』Ⅸ/4305
   アツバアサガオ I. stolonifera
   I. tiliaceae
西インド諸島に産
   イモネノホシアサガオ I. tricocarpa
北アメリカ原産
   ソライロアサガオ I. tricolor
メキシコ乃至熱帯アメリカ原産
   I. trifida
メキシコに産。サツマイモに最近縁の野生種
   ホシアサガオ I. triloba 
南アメリカ原産 
 サツマイモ属は、アサガオ属 Pharbits(牽牛屬)・ルコウソウ属 Quamoclit(蔦蘿)などを含んで、大きく考えることがある。
 ヒルガオ科 CONVOLVULACEAE(旋花科)については、ヒルガオ科を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』23(1806)甘藷に、「リウキウイモ サツマイモ シマイモ讃州 トウイモ肥前 カライモ ハチリ倶ニ同上」と。
 種小名は、西インド諸島のタイノ語でサツマイモをバタタ batata と呼んだことから。
 英名の potato は、現地語のバタタ batata がスペイン語に入ってパタタと訛り、更に英語でポテトと変化したもの。英語ではジャガイモも potato と呼ぶようになり、サツマイモを Spanish potato、ジャガイモを Virginia potato と呼んで区別した。
 今日では、サツマイモを sweet potato、ジャガイモを potato, Irish potato, white potato と呼ぶ。
 新大陸のメキシコ附近原産のいも、B.C.3000ころに栽培化されたといわれる。
 1492年コロンブスによってヨーロッパに紹介され、これがスペイン人によってマニラに伝えられ、ポルトガル人によりマレーに伝えられた。
 中国には、一説に1594年福建省にもたらされた。
 中国では、嵆含(263-306)撰と伝える『南方草木状』・漢の楊孚撰『異物志』などに、「甘藷」というイモが載るが、サツマイモではありえず、タローイモ Dioscorea の一種であったであろう、という。
 ただし、華南・南西・ベトナムなどには、
   野甘薯 Ipomoea yunnanensis
   山紅 Ipomoea hungaiensis の一種である山蘿蔔
   野蕃薯 Merremia umbelata
   野甘薯 Ipomoea mammosa
などがあるという
(『中国栽培植物発展史』)
 日本には、慶長2年(1597)宮古島にもたらされ、沖縄全島に普及した。1615年に長崎に、江戸には青木昆陽(1698-1769)が『蕃藷考』(1735)を著して紹介し、そののち救荒作物として関東・西日本に広がった。
 日本では、砂糖がなかった時代、サツマイモは菓子に代る甘味品として愛好された。
 
「蕃薯は其形丸く長し。山芋の形に似たり。味優れてよし。今長崎に多く作るは此蕃薯なり。・・・味山芋よりは甘く、美しき食物なり。菓子にもなり、種々料理して宜し。・・・
  此藷といふ物は本南国の物にて温暖を好みて寒湿を甚だ悪む物なれば、国ごとに作る事はなるまじきと云ふ人あり。尤勝れて寒気をおそるゝ物なれども、夏秋の寒気いまだなき時生長し、根に入りて寒気の来らざる中に取り収るゆへ、おおかた寒き国にても、種子をさへそこねぬさ様におさめおきて、春に至り少しあたゝかになり種ゆる物なれば、他の作り物よりは却つて作りやすき事あるべし」(宮崎安貞『農業全書』1697)。
 簡便な調理法としての焼芋は大いに流行し、幕末の江戸ではどの町にも二、三箇所の焼芋屋があったという。
 川越藩ではサツマイモの栽培が奨励され、多くの芋菓子が工夫された。

   颱風
(たいふう)の遠過ぎゆきしゆふまぐれ甘藷のつるをひでて食ひつも
     
(1945,齋藤茂吉『小園』) 
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index