えどひがん (江戸彼岸)

 学名  Cerasus spachiana f. ascendens (Prunus pendula f. ascendens, P. spachiana f. ascendens)
 和名  エドヒガン
 科名(和)  バラ科
  別名(和)  ヒガンザクラ東京、アズマヒガン、ウバザクラ・ウバヒガン、タチヒガン
 漢名  
 科名(漢)  
  別名(漢)  
 英名  
 通常見かけるものは実生の株であり、樹形・開花期・花の色形などに明らかな個体差がある。

No.10
2006/03/25

2006/03/27
2006/03/31

No.12
2006/03/25
2006/03/27
2005/04/05  (建物の関係で、今はこの角度からは撮れなくなりました。)

2005/05/10 2005/05/26

No.16
2006/03/27
2006/03/31
2005/04/07
2005/04/05

2005/05/10

No.101
2006/03/24
2006/03/31


No.129
2005/04/07
2004/03/27


 スモモ属(サクラ属) Prunus(梅屬)の植物については、スモモ属を見よ。
 サクラ亜属(櫻桃亞属)〔或はサクラ属 Cerasus〕については、サクラ亜属を見よ。
 桜一般についてはさくらの項を見よ。
 かつて春の彼岸の時期に花を開くサクラを、彼岸桜と呼びならわした。
 植物学上は、これを二種に区別する。一つは背が高く、時に樹高30mを超えるもの、もう一つは樹高6m程度のもの。前者をエドヒガン
(江戸彼岸・東彼岸)、後者をコヒガン(小彼岸) C. subhirtella(P.subhirtella;日本早櫻)と呼ぶ。
 コヒガンは、マメザクラとエドヒガンの種間雑種と考えられる栽培品種で、江戸初期から栽培されている。
 エドヒガンから出た園芸品種に、シダレザクラ(イトザクラ)があり、そのなかにもハクシダレ・ウスベニシダレ・ベニシダレ・ヤエベニシダレなどがある。
 和名は、春の彼岸の時期に花を開くことから
 日本(本州・四国・九州)・朝鮮・中国(華中)・臺灣の、冷温帯・暖温帯に分布。 
 強健で長命。花期は3月下旬から4月、葉に先だって微紅色の花をつける。
 通常見かけるものは実生の株であり、樹形・開花期・花の色形などに個体差がある。
 古くからよく栽培され、各地に数百年を経た老大木があり、天然記念物に指定されているものもある。  


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
エド 跡見群芳譜トップ 桜花譜index ヤエベニシダレ アーモンド ギョイコウ ヤマザクラ イトザクラ