あざみ属

 キク科アザミ属 Cirsium(薊屬)の植物は、広く北半球の暖帯・温帯に 約250種が分布する。 

 日本・中国には、在来種として次のようなものがある。

   アイヅヒメアザミ C. aidzuense
   ダキバヒメアザミ C. amplexifolium
     キンカアザミ var. muraii
   オオノアザミ
(アオモリアザミ) C. aomorense
   アリサンアザミ C. arisanense
臺灣に分布
   C. babanum
     ダイニチアザミ var. babanum
     タテヤマアザミ var. otayae
   C. belingshanicum(羅平薊)
   オニアザミ(オニノアザミ) C. berealinipponense
   ビッチュウアザミ C. bitchuensis
   C. bolocephalum(貢山薊) 
『雲南の植物Ⅰ』221
   オガサワラアザミ C. boninense
   C. botryodes(総状薊)
   シマアザミ C. brevicaule
   ヒメアザミ(ヒメヤマアザミ) C. buergeri
   ノマアザミ C. chikushiense
   C. chinense(輪薊・中國薊・苦芺)
『倭名類聚抄』に和名加万奈、一云加美於古之奈と。
   C. chlorolepsis(靑刺薊・滇大薊・白馬刺)
 『中国本草図録』Ⅴ/2356
   チョウカイアザミ C. chokaiensis
   コイブキアザミ C. confertissimum
   ヒッツキアザミC. congestissimum
   オニオオノアザミ C. diabolicum
   モリアザミ(ゴボウアザミ) C. dipsacolepsis
   ホソエノアザミ C. effusum
   C. eryophoreoides(大刺兒菜・貢山薊・藏大薊)
       
『雲南の植物』220・『中国本草図録』Ⅷ/3869・『週刊朝日百科 植物の世界』1-45
   C. esculentum(蓮座薊・食用薊)
        『中国本草図録』Ⅸ/4362・『中国雑草原色図鑑』243・『週刊朝日百科 植物の世界』1-44
   C. fargesii(光苞薊)
   キソアザミ C. fauriei
   ウラジロカガノアザミ C. furusei
   ガンジュアザミ C. ganjuense
   マルバヒレアザミ C. grayanum
   C. griseum(灰薊)
 『中国本草図録』Ⅷ/3870
   ギョウジャアザミ C. gyojanum
   ハチジョウアザミ C. hachijoense
   ハナマキアザミ C. hanamakiense
   エゾヤマアザミ(トウノアザミ) C. heiianum
   ヒダアザミ C. hidaensis
   ヒダキセルアザミ C. hida-paludosum
   オオヤナギアザミ C. hupehense
   トネアザミ(タイアザミ) C. incomptum
   タチアザミ C. inundatum
     オゼヌマアザミ ssp. homolepsis
   ノアザミ C. japonicum
     カラノアザミ var. ussuriensis(大薊・薊・刺薊菜)
     オニオオノアザミ var. diabolicum
   カガノアザミ C. kagamontanum
   チシマアザミ C. kamtschaticum
   アラムシャアザミ C. leo(魁薊) 『中国本草図録』Ⅶ/3374
   C. lijiangense(麗江薊) 『中国本草図録』Ⅵ/2881
   ヤナギアザミ(カラアザミ) C. lineare(C. chinense;條葉薊・輪薊) 『中国本草図録』Ⅵ/2882
   ナガエノアザミ C. longepedunculatum
   テリハアザミ C. lucens
   C. maackii(C. japonicum var. maackii;野薊)
   イナベアザミ C. magofukui
   ハマアザミ C. maritimum
   ムラクモアザミ C. maruyamanum
   ハクサンアザミ C. matsumurae
   アズマヤマアザミ C. microspicatum
   C. morii(森氏薊)
 臺灣に分布
   ナンブタカネアザミ C. nambuense
   オニアザミ
(オニノアザミ) C. nipponense
   ナンブアザミ C. nipponicum(苦芺・芺)
     イガアザミ var. comosum
     トネアザミ(タイアザミ) var. incomptum
     シコクアザミ var. shikokianum
     ヨシノアザミ var. yoshinoi
     サドアザミ var. sadoense
   ノリクラアザミ C. norikurense
   ジョウシュウオニアザミ C. okamotoi
   ノハラアザミ C. oligophyllum(C.tanakae)
   タテヤマアザミ C. otayae
   ミヤマサワアザミ
(タカネアザミ) C. pectinellum var. alpinum
   タカアザミ C. pendulum(煙管薊) 『中国本草図録』Ⅵ/2883・『中国雑草原色図鑑』242
   フジアザミ C. purpuratum
   C. schantarense(林薊)
   アレチアザミ C. segetum(Cephalanoplos segetum,Breea segetum;刺兒菜・
       小薊・野紅花・大小薊)
 『中国本草図録』Ⅳ/1884・『中国雑草原色図鑑』241
   センジョウアザミ C. senjoense
   エゾノキツネアザミ C. setosum(Cephalanoplos setosum,Breea setosa;
       大刺兒菜・
刻葉刺菜・小薊) 『中国本草図録』Ⅸ/4364・『中国雑草原色図鑑』242
   キセルアザミ(サワアザミ) C. sieboldii
   C. souliei(聚頭薊・葵花大薊) 『中国本草図録』Ⅸ/4363
   ヤマアザミ(ツクシヤマアザミ) C. spicatum(虎薊)
   オイランアザミ C. spinosum
   ツクシアザミ C. suffultum
   スズカアザミ C. suzukaensis
   C. tanakae → C. oligophyllum
   ワタムキアザミ C. tashiroi
     ヒダアザミ var. hidaense
   ウスバアザミ C. tenue
   サンベサワアザミ C. tenuisquamatum
   ウゴアザミ C. ugoense
   C. vlassovianum(絨背薊)
 『中国本草図録』Ⅴ/2357
   ヤクシマアザミ C. yakushimense
   ヤツタカネアザミ C. yatsualpicola
   ヤツガタケアザミ C. yatsugatakense
   サワアザミ
(マアザミ) C. yezoense
   

 外来種として、次のようなものがある。

   セイヨウトゲアザミ C. arvense(E.Creeping thistle, Canada thistle)
   セイヨウトゲアザミ C. lanatum(藏薊)
『中国雑草原色図鑑』244
   アメリカオニアザミ(セイヨウオニアザミ) C. vulgare
       (E.Spear thistle, Common thistle, Bull thistle)  

 アザミ属ではないがあざみの名を持つものに、次のようなものがある。

   ミヤコアザミ  Saussurea maximowiczii
   キツネアザミ Hemistepta lyrata (H. carthamoides;泥胡菜)
   ヒレアザミ Carduus crispus(飛廉;E.Welted thistle) 

 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。

 和名あざみの語源は不詳。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)大小薊に、「和名阿佐美」と。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)に、薊は「和名阿佐美」、山薊は「和名夜万阿佐美」と。
 

 アイヌ名は、アユシクッタル。

 

 若菜は、蔬菜として用いる。根は漬物・きんぴらなどとして食用にする。
 また、山牛蒡の漬物として売られているものは アザミの根
(たいていはモリアザミ C. dipsacolepsis の根、根がまっすぐで太い)であり、ヤマゴボウ Phytolacca esculenta の根ではない。

 「あざみ色々あり。菜にし食するには萵苣(ちさ)の葉に似て広く、刺なくやはらかにして、菜園に作る物あり。苗の時、又はわかき時、葉をかぎ茹(ゆび)きてあつ物、あへ物、ひたし物などに用ゆべし」宮崎安貞『農業全書』(1697)。

 『旧約聖書』(創世記318・列王記下149など)の「あざみ」は、ヘブライ語ダルダル Dardar の訳語。何らかのアザミ属の植物を指す、とするのが一般的。

 ヨーロッパでは、スコットランドの国花。

あいうえお



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index