のあざみ (野薊) 

学名  Cirsium japonicum
日本名  ノアザミ 
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  マユバキ(眉刷)、マユツクリ(眉作)、ハナアザミ
漢名  大薊(タイケイ,daji)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  薊、刺薊菜(シケイサイ,cijicai)、將軍草、老虎■{月偏に利}、山蘿蔔、刺薊、馬刺薊、千針草
英名  Japanese thistle

2007/04/12 明治薬科大学薬草園

2008/05/24 東京薬科大学薬草園
→拡大図 (9.08MB, bmp file)

2011/08/01 茅野市北山

2008/07/24 長野県霧ケ峰

2008/07/01 小石川植物園

 大陸産のものは変種カラノアザミ var. usuriense(大薊・薊・刺薊菜)、朝鮮・中国(華中・華北・東北)に分布。
 アザミ属 Cirsium(薊屬)の植物については、アザミ属を見よ。
 キク科の植物については、キク科を見よ。
 和名アザミの語源は不明。
 ヤユバキ・マユツクリは、花の形を 化粧に用いる眉刷毛に擬えて。
 日本(本州・四国・九州)・朝鮮・中国(河北・山東・安徽・江蘇・浙江・江西・福建・兩湖・兩廣・四川・貴州・雲南)に分布。
 初夏にさく、唯一のアザミ。
 日本では、昔から庭に植栽し、また生け花に用い、ハナアザミとも呼ぶ。
 『増補地錦抄』
(1710)は、花の色が白・紅・薄紫・濃い紫などの、また大輪の品種を記載する。
 昭和初期以来、花屋でドイツアザミの名で売られているものはこれであり、ドイツ国とは無関係。
 中国では、『名医別録』に「大小薊」が記載され、『植物名実図考』に至って大薊・小薊を分けた。
 今日大薊・小薊として用いられる生薬は極めて混乱しているが、比較的多くは、大薊ノアザミ(薊)の地上部の全草あるいは地下の根であり、小薊エゾノキツネアザミ(刻葉棘兒菜)か或はアレチアザミ(刺兒菜)の地上の全草である。
 ただし、東北地方で用いられる大薊は主にエゾノキツネアザミであるが、ほかにアレチアザミやタカアザミ(煙管薊)も用いる。華北地方では、ふつうは大小薊を区別せず、主にはアレチアザミを用い、次いではエゾノキツネアザミを用いる。

 エゾノキツネアザミ Cephalonoplos setosum(Cirsium setosum, Breea setosa;大刺兒菜・刻葉棘兒菜) 『中国本草図録』Ⅸ/4364・『中国雑草原色図鑑』242
 アレチアザミ Cephalonoplos segetum(Cirsium segetum;刺兒菜) 『中国本草図録』Ⅳ/1884・『中国雑草原色図鑑』241 
 また地方により、
   Cirsium maackii(C. japonicum var. maackii;野薊)
   ヤマアザミ Cirsium spicatum(虎薊)
   タカアザミ Cirsium pendulum(煙管薊)
   Cirsium chlorolepis(靑刺薊・滇大薊・白馬刺) 『中国本草図録』Ⅴ/2356
   Cirsium eriophoroideum(大刺兒菜・貢山薊・藏大薊)『雲南の植物』220・『中国本草図録』Ⅷ/3869・『週刊朝日百科 植物の世界』1-45
   ヒレアザミ Carduus crispus(飛廉)
   Carduus nutans(麝香飛廉)
などを大薊の代用にする。
『中薬志Ⅲ』pp.1-14、『全国中草薬匯編』

   野薊に触
(さは)れば指(おゆび)やや痛し汐見てあればすこし眼痛し (北原白秋『桐の花』1913)

   どくだみも薊
の花も焼けゐたり人葬所(ひとはふりど)の天(あめ)明けぬれば
     
(斎藤茂吉「死にたまふ母」(1913)より。『赤光』所収) 
 
白花品 f. leucanthum
   2007/05/22 小石川植物園

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index