ひれあざみ (鰭薊)

学名  Carduus crispus
日本名  ヒレアザミ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  ソソキ、フホホテグサ、オニノマユハキ、オニアザミ、ヤハズアザミ
漢名  飛廉(ヒレン,feilian)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  飛輕、飛雉、漏蘆(ロウロ,loulu)、伏豬(フクチョ,fuzhu)、木禾(ボクカ,muhe)
英名  Welted thistle
白花品   2007/06/06 京都府立植物園

 ヒレアザミ属 Carduus(飛廉屬)には、次のようなものがある。
   オウシュウヒレアザミ C. acanthoides (藏飛廉・刺飛廉・利刺飛廉)
       
 ヨーロッパではスカンジナビアをのぞく山地に分布。『中国本草図録』X/2354
   ヒレアザミ C. crispus (飛廉)
『中国雑草原色図鑑』239
   マリアアザミ
(オオアザミ) C. marianus(Silybum marianus;水飛廉) 地中海地方原産
   C. nutans (麝香飛廉)
 ヨーロッパではスカンジナビア以外の山地に分布

 マリアアザミなど2種を、オオアザミ属 Silybum(水飛薊屬)として独立させることがある。
 いわゆるアザミの仲間については、アザミ属を見よ。
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)飛廉に、「和名曽々岐、一名布保々天久佐」と。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)飛廉草に、「和名曽々木、一云布保々天久佐」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』11(1806)に、「飛廉 ソゝキ和名鈔 フホゝテグサ同上 オニノマユハキ オニアザミ ヤハズアザミ ヒレアザミ」と。
 漢名について、李時珍『本草綱目』は略略「飛廉は神禽の名である。その鳥は能く風気を致す。此の草は茎に皮が附いていて箭羽のようだ。復た風邪を療す。故に飛廉・飛雉・飛軽などの名があるのだ」と。
 朝鮮・中国(全国)・シベリア・カフカズ・ヨーロッパに分布。
 日本には、古く大陸から帰化したものと考えられ、今日では本州・四国・九州に自生する。
 中国では、嫩葉を食用、全草・根を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index