あさ (麻) 

学名  Cannabis sativa
日本名  アサ
科名(日本名)  アサ科、あるいはクワ科
  日本語別名  タイマ(大麻)、オ(苧)
漢名  大麻(タイマ,dama)
科名(漢名)  大麻(タイマ,dama)科、あるいは桑(ソウ,sang)科
  漢語別名  綫麻、枲(シ,xi。雄株を言う)、苴(ショ,ju)・芓(シ,zi4いずれも雌株を言う)、火麻仁
英名  Hemp
2007/05/10 薬用植物園
『中国雑草原色図鑑』16参照

 アサ科 Cannabaceae(大麻科)には、2属3種がある。
   アサ属 Cannabis(大麻屬)
     アサ
(タイマ) C. sativa(大麻) 
   カラハナソウ属 Humulus(葎草屬) 
 アサ科は、クワ科 Moraceae(桑科)に含めることがある。クワ科を見よ。
 漢名に麻と言うのは、もともとはアサ(麻)。後にアサのように繊維を取る植物、例えばアマ(亜麻)チョマ(苧麻)コウマ(黄麻)ケイマ(莔麻)・ケナフ(洋麻)なども麻と呼んだ。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)麻蕡に、「和名阿佐乃三」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)に、麻は「和名阿佐」、苧は「和名加良無之」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』18(1806)大麻に、「コヲリグサ
古歌 ヌキグサ同上 アサ和名鈔 ヲ同上 ヒネリ土州」と。
 中央アジア原産。中国には紀元前に伝わり、日本では弥生時代には栽培されていた。
 雌雄異株。
 今日の日本では、アサ(タイマ)の栽培には免許が必要。
 茎から繊維を採り、織物・ロープ・魚網などに用いる。
 植物体(ことに成熟した雌株の花序と上部の葉)に含まれる樹脂に 幻覚物質(麻薬)が含まれている。主成分はTHC(テトラヒドロカンナビノール)
 麻薬としての名は、和名は大麻、中東ではハシシュ hashish、英名はマリファナ marihuana、漢名は大麻煙 damayan。
 中国では、根を麻根と呼び、茎の皮から取る繊維を麻皮と呼び、葉を麻葉と呼び、雄株の花を麻花と呼び、雌株の若い花穂を麻蕡と呼び、種仁を火麻仁と呼び、それぞれ薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.66-68 
 古代には、五穀・九穀の一として、主要な穀物に麻が挙げられている。この麻について、古来議論があり、一説にタイマの実(漢名は麻子 mazi)とし、一説にゴマの実(漢名は芝麻)とする。今日でも両説並立し、決しない。
 『礼記』「月令」八月に、「犬を以て麻を嘗め、先づ寝廟に薦む」と。
 『詩経』国風・豳風「七月」に、「九月は苴(しょ。アサの実)を叔(ひろ)ひ」と。
 日本では、種子(和名はおのみ、苧実・麻実)は薬味として用いる(唐辛子・胡麻・山椒・芥子の実・麻の実・菜種・陳皮をあわせた香辛料を、七味唐辛子という)。また、種子からとる油(苧実油)は 食用・工業用とする。
 皮を剥いだ茎は苧殻(おがら)と呼び、盂蘭盆の迎え火・送り火を焚くのに用いる。
 『万葉集』には、アサ・ヲ・ソなどとして歌われる。

   麻衣著(け)ればなつかしき(紀)の国の妹背の山に麻蒔く吾妹(わぎも) (7/1195,藤原卿)
   桜麻(さくらお)の苧原(をふ)の下草露しあれば明してい行け母は知るとも (11/2687,読人知らず)
   桜麻の苧原の下草早く生
(お)ひば妹が下紐解かざらましを (12/3049,読人知らず)
   庭に立つ麻を刈り干し布暴
(さら)す東女(あずまをみな)を忘れ賜ふな (4/521,常陸娘子)
   かにかくに人はいふとも織り次がむ吾がはた(機)物の白麻衣
(7/1298,読人知らず)

 麻衣
(あさぎぬ,あさごろも)は、麻布で作った服。粗末な服であり、喪服にも用いた。

   勝鹿
(かつしか)の 真間(まま)の手児奈(てごな)
   麻衣に 青衿
(あをくび)着け 直(ひた)さ麻(を)を 裳には織り服(き)
   髪だにも 掻きは梳
(けづ)らず 履をだに 着けず行けども・・・
      
(9/1807,読人知らず「勝鹿の真間娘子を詠む歌」)
 

   しのゝめや露の近江の麻畠 
(蕪村,1716-1783)
 

   いかばかり麻の畑の青き葉の身には染むらむ人妻の泣く
 (北原白秋『桐の花』1913)
 
 インドでは、ヴェーダ時代から薬用に用いた。
 ヘロドトスによれば、スキタイ人はこれを祭祀・呪術に用いた。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index