じゅーと (ジュート) 

学名  Corchorus capsularis
日本名  ツナソ(綱麻)
科名(日本名)  シナノキ科
  日本語別名  イチビ、コウマ(黄麻)、ジュート、インドアサ
漢名  黄麻(コウマ,huangma)
科名(漢名)  椴樹(タンジュ,duanshu)科
  漢語別名  
英名  White jute
2004/08/04 東大農園

 ツナソ属 Corchorus(黄麻屬)には、次のようなものがある。
   C. acutangulus (假黄麻・野黄麻・甜麻・針筒草) 『中国本草図録』Ⅸ/4232
   トガリバツナソ
(シマツナソ) C. aestuans
   ツナソ C. capsularis (黄麻・絡麻;E.White jute)
   タイワンツナソ
(シマツナソ) C. olitorius (長朔黄麻;E.Jew's marrow, Nalta jute;Arabian Molokheiya) 『中国本草図録』Ⅹ/4734 
 シナノキ科 Tiaceae(椴樹科)については、シナノキ科を見よ。
 和名は、綱を作る麻。
 漢名に麻と言うのは、もともとはタイマ(大麻)。後にタイマのように繊維を取る植物、例えばアマ(亜麻)・チョマ(苧麻)・コウマ(黄麻)・ケイマ(莔麻)・ケナフ(洋麻)なども麻と呼んだ。
 インド・中国の熱帯原産。インド(ベンガル地方)・バングラデシュ・タイ・中国(南部)などでは、繊維植物として古くから栽培している。
 ヨーロッパには、18世紀末に知られ、19世紀後半からイギリスで利用するために インドで広く栽培された。
 茎の皮の繊維 jute から穀物袋(南京袋)を作る。
 嫩葉を食用にし、中国では 葉・種子を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index