あかね (茜) 

学名  Rubia argy(R. akane)
日本名  アカネ
科名(日本名)  アカネ科
  日本語別名  アカネカズラ、ベニカズラ、コガネクサ
漢名  茜草・蒨草(センソウ,qiancao)
科名(漢名)  茜草科
  漢語別名  茹藘(ジョリョ,rulü)、地血(チケツ,dixue)、茈■{艸冠に戻}(シレイ,zili)、掛拉豆、拉狗蛋、沙茜秧根、撚撚草、濇濇草、拉拉秧、破血草、小血藤、娃娃拳頭、大仙藤
英名  
2007/08/30 群馬県嬬恋村

2008/08/29 群馬県嬬恋村

2012/08/11 長野県 茅野市北山


 アカネ科 Rubiaceae(茜草科)には、500属6000種があり、その分類体系には定説がない、という。
 東アジアには、次のようなものがある。
   Acranthera(尖葯花屬)
   タニワタリノキ属 Adina(水團花屬)
   Anotis(假耳草屬)
   Anthocephalus(團花屬)
   Antirhea(毛茶屬)
   イリオモテソウ属 Argostemma(雪花屬)
   クルマバソウ属 Asperula(車葉草屬)
 クルマバソウなど
   ハリフタバ属 Borreria(半韋草屬)
   Brachytome(短萼齒木屬)
   Canthium(魚骨木屬)
   Carlemannia(香茜屬)
   Cephaelis(頭九節属)
   Cephalanthus(風箱屬)
   Chasalis(彎管花屬)
   Cinchona(金鷄納屬)
   Coelospermum(穴果木屬)
   Coffea(咖啡屬)
 コーヒーノキなど
   ヒョウタンカズラ属 Coptosapelta
   アリドオシ属 Damnacanthus(虎刺屬)
 アリドオシなど
   Dentella(小牙草屬)
   オオフタバムグラ属 Diodia
   Dunnia(繡毬茜屬)
   Duperrea(長柱山丹屬)
   Emmonopterys(香果樹屬)
   ヤエムグラ属 Galium(拉拉藤屬・猪殃殃屬)
   クチナシ属 Gardenia(梔子屬)
   Geophila(愛地草屬)
   ハテルマギリ属 Guettarda(海岸桐屬)
   Hayataella(稜萼茜屬)
   フタバムグラ属 Hedyotis(Oldenlandia;耳草屬)
   Hymenodictyon(土連翹屬・網膜木屬)
   Hymenopogon(石丁香屬)
   Hyptianthera(藏藥木屬)
   サンタンカ属 Ixora(龍船花屬)
   Kellogia(鈎毛草屬)
   シソノミグサ属 Knoxia(紅芽大戟屬)
     シソノミグサ K. corymbosa(紅芽大戟)
『中薬志Ⅰ』p.37
   ルリミノキ属 Lasianthus(粗葉木屬)
   シチョウゲ属 Leptodermis(野丁香屬)
   Leptomischus(報春茜屬)
   Litosanthes(石核木屬)
   Luculia(滇丁香屬)
   Meyna(瓊梅屬)
   ツルアリドオシ属 Mitchella
   Mitragyna(帽柱木屬)
   ヤエヤマアオキ属 Morinda(巴戟天屬)
     M. officinalis(巴戟天・鷄腸風)
『中薬志Ⅰ』pp.102-103,本草和名也末比々良岐と
   コンロンカ属 Mussaenda(玉葉金花屬)
   Mycetia(腺萼木屬)
   Myrioneuron(密脈木屬)
   Nauclea(烏檀屬)
   Neonauclea(新烏檀屬)
   Nertera(薄柱草屬)
コケサンゴN.granadensis(栽培)など
   サツマイナモリ属 Ophiorrhiza(蛇根草屬)
   ヤイトバナ属 Paederia(鷄矢藤屬)
   Paedicalyx(匙萼木屬)
   Pavetta(大沙葉屬) 
キダチハナカンザシ A.indicaなど
   Prismatomeris(三角瓣花屬)
   イナモリソウ属 Pseudopyxis
   ボチョウジ属 Psychotria(九節屬)
   ミサオノキ屬 Randia(山黄皮属)
   アカネ属 Rubia(茜草屬)
   Saprosma(染木樹屬)
   Schizomussaensa(裂果金花屬)
   Scyphiphora(瓶花木屬)
   ハクチョウゲ属 Serissa(六月雪屬)
   Silvianthus(蜘蛛花屬)
   ヘツカニガキ属 Sinoadina
   Spiradiclis(螺序草屬)
   ギョクシンカ属 Tarenna(烏口木屬)
   Tetraplasia(島虎刺屬)
   Thysanospermum(流蘇子屬)
   Trailliaedoxa(丁茜屬)
   シロミミズ属 Tricalysia(狗骨柴屬)
   カギカズラ属 Uncaria(鈎藤屬)
   Urophyllum(尖葉木屬)
   アカミズキ属 Wendlandia(水錦樹屬)
   Xanthophytopsis(擬黄樹屬) 
 アカネ属 Rubia(茜草屬)には、次のようなものがある。
   アカネ R. argy(R. akane)
   R. chinensis (大碪草) 『中国本草図録』Ⅵ/2843
     オオキヌタソウ var. glabrescens
   R. cordifolia (茜草・紅絲綫)
 『中国本草図録』Ⅳ/1864・『中国雑草原色図鑑』219
     クルマバアカネ  var. pratensis (黑果茜草)
     var. longifolia (長葉茜草)
     var. herbacea (肉葉茜草・小血藤)
     var. stenophylla (四輪草)
   オオアカネ R. hexaphylla
   アカネムグラ R. japonica
   R. leiocaulis (大葉茜草)
   R. maillardi(小紅藤)
 『中国本草図録』Ⅶ/3345
   R. membranacea(金綫草) 『中国本草図録』Ⅷ/3822
   R. oncotricha (鉤毛茜草・活血丹) 『中国本草図録』Ⅷ/3823
   R. ovatifolia(卵葉茜草) 『中国本草図録』Ⅵ/2844
   R. podantha (紅花茜草) 
『雲南の植物Ⅰ』208
   R. sylvatica (林茜草) 『中国本草図録』Ⅵ/2845
   セイヨウアカネ
(ムツバアカネ) R. tinctorum
   R. truppeliana (狹葉茜草) 『中国本草図録』Ⅶ/3346
   R. usitulata (帶褐茜草)
   R. yunnanensis (小紅參・滇紫參)

 一説に、R. akane と R. cordifolia を同一種とする。
 和名は赤根、根の色から。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)茜根及び源順『倭名類聚抄』(ca.934)茜に、「和名阿加禰」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』14下(1806)茜草に、「アカネ
根赤キ故ニ名ク アカネカヅラ豫州 ベニカヅラ駿州」と。
 東・東南アジアの温帯に広く分布。
 根にプルプリン purpurin などの色素を含み、橙色をしているが、空気に触れると暗紫色に変わる。
 古くから根の煎汁を染色に用い、これを日本では茜染、中国では染絳(センゴウ,ranjiang) と呼ぶ。またその色を、日本語で茜色(あかねいろ)、漢語で紅黄色 honghuangse、英語で madder という。『Color Guide International』(1988,小学館)は、英語で ruby という色(漢語は宝石色 baoshise)が、茜色に当るとする。
 

Ruby
 根(茜草根,せいそうこん)を薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.400-402 
 中国では、『爾雅』釋草に、「茹藘(ジョリョ・ジョロ,rulü)、茅蒐(ボウシュウ,maosou)」と、郭璞注に「今之蒨(セン,qian)也。可以染絳」と。
 「あかねさす」は日・昼・照る・月・紫などにかかる枕詞、朝日が昇るとき東の空が茜色に染まることから。
 『万葉集』には13首に詠われているが、全て枕詞として用いられたもので、アカネという植物について詠ったものはない。

   茜草(あかね)さす むらさき野ゆき 標野(しめの)ゆき 野守(のもり)は見ずや 君が袖ふる
      
(1/21,額田王)
   茜さす日は照らせれど烏玉
(ぬばたま)の夜渡る月の隠らく惜しも (2/169,柿本人麻呂)
   茜さす日並べなくに吾が恋は吉野の河の霧に立ちつつ
(6/916,読人知らず)
   赤根さす日の暮れぬればすべを無み
     千遍
(ちたび)嘆きて恋ひつつそ居る (12/2901,読人知らず)
   飯
(いひ)(は)めど味(うま)くもあらずい(寝)ぬれども安くもあらず
     赤根さす君が情
(こころ)し忘れかねつも (16/3857,読人知らず。夫君に恋ふる歌)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index