つりがねにんじん (釣鐘人参) 

学名  Adenophora triphylla var. japonica (A.triphylla ssp.aperticampanulata, A.triphylla var.kurilensis)
日本名  ツリガネニンジン
科名(日本名)  キキョウ科
  日本語別名  ツリガネソウ(釣鐘草)、トトキ・トトキニンジン、ボタンヅル
漢名  輪葉沙參(リンヨウサシン,lunyeshashen,りんようしゃじん)
科名(漢名)  桔梗(ケツコウ,jiegeng)科
  漢語別名  沙參(サシン,shashen,しゃじん)、白參(ハクシン,baishen,はくじん)、南沙參(ナンサシン,nanshashen,なんしゃじん)、鈴兒草、四葉沙參
英名  Three leaved ladybell

2007/04/06 薬用植物園 2007/05/26 同左
2007/04/10 小石川植物園
2007/07/21 薬用植物園



2008/08/29 群馬県嬬恋村
2007/08/30 群馬県嬬恋村

2008/07/24 長野県霧ヶ峰


2011/08/15 長野県霧ヶ峰(八島が原)
 (葉・花枝は互生しているが、ツリガネニンジンであろう)


 基本変種 var. triphylla はサイヨウシャジン(細葉沙参,長崎沙参)。
 『中国高等植物図鑑』は、A. triphylla や A. verticillata は A. tetraphylla であるとし、輪葉沙參と呼ぶ。 
 ツリガネニンジン属 Adenophora(沙參屬)には、東アジアに次のようなものがある。

   A. alpina (高山沙參)
   A. aurita (川西沙參)
   トウシャジン
(マルバニンジン) A. axilliflora(A. stricta, A.polymorpha
        var. stricta;杏葉沙參・鮮沙參・挺枝沙參)
        中国(安徽・江蘇・浙江・兩湖)に分布、一説に日本の東北地方にも自生。
        
『中国本草図録』Ⅴ/2341
   A. bockiana (長葉沙參)
   A. bulleyana (雲南沙參・西南沙參・泡參) 『中国本草図録』Ⅷ/3830
   A. capillaris (絲裂沙參・綫齒沙參・龍膽草・泡參)
 『中国本草図録』Ⅴ/2339
     ssp. leptosepala(細萼沙參)
『雲南の植物』212・『中国本草図録』Ⅷ/3831
   A. coelestis (天藍沙參) 『中国本草図録』Ⅷ/3832
   A. confusa (A.stricta ssp.confusa;昆明沙參) 『中国本草図録』Ⅷ/3834
   A. coronopifolia (柳葉沙參)
   A. crispata(A. collina;丘沙參)
   A. dimorphophylla (白毛沙參)
   A. diplodonta (重齒沙參)
   フクシマシャジン A. divaricata (展枝沙參)
        日本(中部地方以北)・朝鮮・中国(東北)に分布、『中国本草図録』Ⅶ/3361
   A. elata (沙參)
   A. forrestii (滇北沙參)
   ハナシャジン A. gmelinii (狹葉沙參)
     var. coronopifolia(柳葉沙參) 『中国本草図録』Ⅸ/4352
   ツクシイワシャジン A. hatsushimae
   A. himalayana (喜馬拉雅沙參)
   A. hunanensis (寛葉沙參・杏葉沙參・南沙參)
 『中国本草図録』Ⅱ/0863
   A. jasionifolia (甘孜沙參) 
『雲南の植物』212
   A. leptosepala (細萼沙參)
   A. liliifolioides(A. gracilis;川藏沙參・百合葉沙參) 『中国本草図録』Ⅷ/3833
   A. longisepala (長萼沙參)
   ヒナシャジン A. maximowicziana
   A. megalantha (巨花沙參)
   A. mongolica (内蒙古沙參)
   A. morrisonensis (臺灣沙參)
   ヒメシャジン A. nikoense
     ミヤマシャジン var. stenophylla(F.nipponica, A. nipponica)
     ヒメイワシャジン var. persicaria
   A. ornata (滇川沙參) 
『雲南の植物Ⅰ』238
   A. pachyphylla (厚葉沙參)
   ヤチシャジン A. palustris (沼沙參)
   A. paniculata (紫沙參・圓錐沙參) 『中国本草図録』Ⅸ/4353
   A. pereskiifolia (長白沙參・興安沙參・濶葉沙參) 『中国本草図録』Ⅹ/4880
     ケモイワシャジン var. heterotricha
     モイワシャジン var. moiwana
     シラトリシャジン var. uryuense
   A. petiolata (秦嶺沙參)
   A. pinifolia (松葉沙參)
   ハナシャジン A. polyantha (糙萼沙參・石沙參)
 『中国本草図録』Ⅵ/2865・『中国雑草原色図鑑』224
     var. glabricalyx (光萼石沙參)
   A. potaninii (泡沙參・山沙參・燈花草・波氏沙參)
 『中国本草図録』Ⅴ/2340
   A. pubescens (多毛沙參)
   ソバナ A. remotiflora (薄葉沙參・薄葉薺苨)
   A. rupincola (湖北沙參)
   A. scabridula(糙萼沙參)
   A. sinensis (中華沙參)
   A. smithii (川北沙參)
   A. stenanthina (長桂沙參) 『中国本草図録』Ⅵ/2866
   A. stenophylla (細葉沙參・掃帚沙參) 『中国本草図録』Ⅵ/2867
   トウシャジン
(マルバノニンジン) A. stricta → A. axilliflora
   A. sublata (小花沙參)
   イワシャジン A. takedae
   シマシャジン A. tashiroi
   シライワシャジン A. teramotoi
   サイヨウジャジン A. tetraphylla(A. verticillata; A. triphylla;
         輪葉沙參・南沙參・四葉沙參)
 『中国本草図録』Ⅴ/2342
   アツバソバナ A. trachelioides (薺苨・杏葉菜・老母鷄肉)
         『中国本草図録』Ⅵ/2868
        
多汁、有濟■{草冠に泥}之状、故以名之。濟■、濃露也」(本草綱目)。
   A. tricuspidata (鋸齒沙參)
   ナガサキシャジン A. triphylla
     ニオイシャジン var. angustifolia 朝鮮・中国・ダウリアに分布
     ハクサンシャジン var. hakusanensis
 日本の本州・北海道の高山に産
     ツリガネニンジン var. japonica
     オトメシャジン var. puellaris
 日本四国の東赤石山に産
     サイヨウシャジン var. triphylla
 日本(九州)・琉球・臺灣・中国に分布
   ニオイシャジン A. verticillata(A. triphylla var.angustifolia)
   A. wawreana (多岐沙參・華氏沙參)
 『中国本草図録』Ⅴ/2343・『中国雑草原色図鑑』225 
 キキョウ科 CAMPANULACEAE(桔梗科)については、キキョウを見よ。
 和名のツリガネは、花の形から。ニンジンは、太い根を人参(オタネニンジン)に擬えて。
 トトキは、朝鮮語から。朝鮮・対馬などでツリガネニンジン・ツルニンジンなどをトトキ・トトクと呼ぶと云う。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』8(1806)に、「沙参 ツリガネサウ同名多し ツリガネニンジン トゝギニンジン同名あり ヤマダイコン南部 キキヤウモドキ但州 シヤクシナ江州 ヤマナ アマナ共に同上 シテンバ筑前 ヘビヂヤワン上総 シヤジヤシヤ越中 ビシヤビシヤ城州山科」と。
 中国では、沙參は、広義にはツリガネニンジン属 Adenophora(沙參屬)の通称、狭義には 河北・山西に自生する A. elata。
 李時珍『本草綱目』(ca.1596)沙參の釈名に、「白參呉譜。 知母別録。羊乳別録。羊婆嬭綱目。 鈴兒草別録。虎鬚別録。苦心」と。
 參(シン,shen1)の字義は、オタネニンジンの訓を見よ。
 『本草綱目』に、その根は黄土の地に生ずれば短小だが、沙地に生ずれば長さ尺餘、このように「沙地に宜しく、故に名づく」と。
 日本・朝鮮・中国(東北・河北・河南・山東・安徽・江蘇・浙江・江西・廣東)・ベトナム北部・ロシア極東部に分布。
 中国では、多くのツリガネニンジン属 Adenophora(沙參屬)の植物の根を薬用にし、沙參南沙參・泡參・泡沙參と呼ぶ。『中薬志Ⅰ』pp.314-321
 よく用いるものは
   ツリガネニンジン A. tetraphylla(輪葉沙參・四葉沙參)
   トウシャジン A. axilliflora(A. stricta;杏葉沙參・挺枝沙參)『中国本草図録』Ⅴ/2341
   A. pereskiaefolia(闊葉沙參・長白沙參)『中国本草図録』Ⅹ/4880 
 なお、南沙參に対し北沙參と呼ぶものは、ハマボウフウ
 李時珍『本草綱目』(ca.1596)人参(オタネニンジン)の集解に、「偽る者は、皆な沙參(サシン,shashen,しゃじん)・薺苨(セイデイ,jini,せいねい)・桔梗を以て根を采り、造作して之を乱す」と。薺苨は、アツバソバナ A. trachelioides。
 日本では、『延喜式』に載る人参はツリガネニンジンであろうとは、貝原益軒(1630-1714)に出づる説、小野蘭山は「此説近シ」という(『本草綱目啓蒙』1806)
 古来有名な山菜。小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)に、その根生葉を「江州ニテシヤクシナト名ヅケ俾民蔬トシテ食ふ」と。根も、ゆでてから水に晒し、苦みを抜いて食う。
 俗謡に、「山でうまいのはをけらにとゝき 嫁にやるのも惜しゅござる」
(武田久吉『民俗と植物』に信州の俚謡という)と。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index