もいわしゃじん (藻岩沙参)

学名  Adenophora pereskiaefolia var. moiwana
日本名  モイワシャジン
科名(日本名)  キキョウ科
  日本語別名  
漢名  長白沙參(チョウハクサシン,changbaishashen)
科名(漢名)  桔梗(ケツコウ,jiegeng)科
  漢語別名  濶葉沙參(カツヨウサシン,kuoyeshashen)
英名  
2008/07/18 北大植物園

 ツリガネニンジン属 Adenophora(沙參屬)については、ツリガネニンジンを見よ。
 和名は、札幌の藻岩山で発見されたことから。
 漢名は、種に対するもの。
 モイワシャジンは、日本の本州(東北)・北海道に分布。
 長白沙參は、中国の吉林・黒龍江・河北・山西・陝西・山東・安徽に分布。
 中国では、根を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index