のびる (野蒜) 

学名  Allium macrostemon (A.grayi, A.nipponicum)
日本名  ノビル
科名(日本名)  ユリ科
  日本語別名  アララギ、ヒル、ネビル
漢名  薤白(カイハク,xiebai)
科名(漢名)  百合(ヒャクゴウ,baihe)科
  漢語別名  小根蒜(ショウコンサン,xiaogensuan)・小根菜・子根蒜、野薤、野蒜、野白頭
英名  Longstamen onion
2006/02/27 学内
2005/05/23  サクラソウ公園(田島ケ原)
2005/05/28 学内


2007/06/04 新座市中野

 中国では、次の二種を区別する。
   A. grayi(=A.nipponicum;野葱)
   A. macrostemon(薤白・小根蒜) 
 ネギ属 Allium(葱屬)については、ネギ属を見よ。
 古く和名をヒル(蒜)というものについては、ニンニクの訓を見よ。
 ノビルとは、左畑で栽培するニンニクなどに対して、野生のヒルの意。
 アララギは、疎々葱(あらあらき。まばらに生えるネギ)の意で、すなわちノビル(一説にギョウジャニンニク)の古名。
 『日本書紀』巻7 景行天皇40年の条に「其の蘭
(あららぎ)一茎(ひともと)」と見える。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)に、蘭蒚は「和名阿良々岐」と。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)に、蘭蒚は「和名阿良々木」と。
 アララギと蘭の字の結びつきについては、ラン(蘭)の訓を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』22(1806)山蒜に、「ネビル
和名鈔 ネムリ阿州 ネブリ江州 ネンブリ加州 ヒルコ奥州福島 モチト仙台 キモト コアサツキ同上」と。
 漢名を薤(カイ,xie)というものはラッキョウ
 日本(全土)・朝鮮・中国(長江流域以北)・台湾・ロシア(遠東)に分布。
 中国では、全草を食用にする。
 また、
   ノビル A. macrostemon(小根蒜)
     var. uralense(密花小根蒜)
   ラッキョウ A. chinense(薤)
   A. caeruleum(藍花山蒜)
   A. grayi(A. nipponicum;野葱)
   A. nerinifolia(長梗薤)
などの鱗茎を薤白と呼び、薬用にする。
『中薬志Ⅰ』pp.511-514 
 『爾雅』釋草に次のようにある。
  蒮(イク,yu)、山韭(サンキュウ,shanjiu)。茖(カク,ge)、山葱(サンソウ,shancong)。葝(ケイ,qing)、山■{『諸橋』12,No.43260。薤と同}(サンカイ,shanxie)。蒚(レキ,li)、山蒜(サンサン,shansuan)。
      
〔今山中多有此菜。皆如人家所種者。茖葱(カクソウ,gecong)、細莖大葉。〕
 文中、韭は、ニラ Allium tuberosum(韭菜)、
    葱は、ネギ Allium fistulosum(葱)、
    茖は、ギョウジャニンニク Allium victorialis ssp. platyphyllus(茖葱)、
    ■・薤は、ラッキョウ Allium chinense;A.bakeri(藠頭)、
    山蒜は、ノビル Allium macrostemon(薤白)か。
 日本では、古代から若葉と根を食用にする。
 『古事記』(『日本書紀』重出)に、応神天皇の歌として、

   いざ子ども 野蒜摘みに 蒜摘みに ・・・
 
 『日本書紀』巻7 景行天皇40年の条に、日本武尊(やまとたけるのみこと)は信濃の山に分け入り、「既に峯に逮(いた)りて、飢(つか)れたまふ。山の中に食(みをし)す。山の神、王(みこ)を苦びしめむとして、白き鹿(かせき)と化(な)りて王の前に立つ。王異(あやし)びたまひて、一箇蒜(ひとつのひる)を以て白き鹿に弾(はじきか)けつ。則ち眼(まなこ)に中(あた)りて殺しつ。・・・是より先、信濃坂を度(わた)る者、多(さは)に神の気(いき)を得て瘼(を)え臥せり。但(ただ)白き鹿を殺したまひしより後に、是の山を踰(こ)ゆる者は、を噛みて人及び牛馬に塗る。自づからに神の気に中らず」と。
 『日本書紀』巻13 允恭天皇2年2月の条に、「忍坂大中姫(おしさかのおほなかつひめ)を立てて皇后(きさき)とす。・・・初め皇后、母(いろは)に随ひたまひて家に在(ま)しますときに、独(ひとり)苑の中に遊びたまふ。時に闘鶏国造(つげのくにのみやつこ。つげは 奈良県山辺郡都祁村)、傍(ほとり)の径(みち)より行く。馬に乗りて籬に莅(のぞ)みて、皇后に謂(かた)りて、嘲(あざけ)りて曰(い)はく、「能く圃(その)を作るや、汝(なびと)」といふ。且(また)曰はく、「圧乞(いで)、戸母(とじ)、其の(あららぎ)一茎(ひともと)」といふ。皇后、則ち一根(ひともと)を採りて、馬に乗れる者(ひと)に与ふ。因りて、問ひて曰(のたま)はく、「何に用(せ)むとかを求むるや」とのたまふ。馬に乗れる者、対(こた)へて曰はく、「山に行かむときに蠛(まぐなき。ヌカカの類)(はら)はむ」といふ。時に皇后、意(こころ)の裏(うち)に、馬に乗れる者の辞(ことば)の礼(いや)(な)きを結(おもひむす)びたまひて、即ち謂りて曰はく、「首(おびと)や、余(あれ)、忘れじ」とのたまふ。是の後に、皇后、登祚(なりいで)の年に、馬に乗りて乞いし者を覓(もと)めて、昔日(むかしのひ)の罪を数(せ)めて殺さむとす。爰(ここ)乞いし者、顙(ひたひ)を地(つち)に搶(つ)きて叩頭(の)みて曰(まう)さく、「臣(やつこ)が罪、実に死(しぬる)に当れり。然れども其の日に当りては、貴(かしこ)き者にましまさむといふことを知りたてまつらず」とまうす。是に、皇后、死刑(ころすつみ)を赦したまひて、其の姓(かばね)を貶(おと)して稲置(いなき)と謂ふ」と。
 この「蘭」を、『新撰字鏡』『本草和名』などの古辞書に従い、「あららき(安良良支・安良良岐)」と読む。
 なお、蘭の字の読みかたについては、ランの訓を見よ。
 『万葉集』には、

   醤酢
(ひしおす)に蒜つき合(か)てて鯛願う
     吾にな見せそ水葱
(なぎ)の煮物(あつもの)
        
(16/3829,長忌寸意吉麻呂,「酢・醤・蒜・鯛・水葱を詠む歌」。
            またこれは、酢の物(二杯酢)料理の初見)

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index