きけまん (黄華鬘) 

学名  Corydalis heterocarpa var. japonica
日本名  キケマン
科名(日本名)  ケシ科
  日本語別名  ハマキケマン、ウバコロシ、モモチドリ(ムラチドリ)、ヘビニンジン、
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2006/04/06 小石川植物園
2006/04/15 野草園
2007/04/29 神代植物公園
2009/04/30 薬用植物園

 日本(中国・九州)・朝鮮半島(南部)に分布する ツクシキケマン C. heterocarpa の変種。
 キケマン属 Corydalis(紫菫屬)の植物には、約350-430種がある。
   C. adrieni(美麗紫菫)
 四川・雲南・チベット産、『雲南の植物Ⅰ』83・『中国本草図録』Ⅷ/3585・『週刊朝日百科 植物の世界』8-202
   C. adunca(灰綠黄菫・黄花草) 『中国本草図録』Ⅷ/3586
   C. amabilis(無柄紫菫・夏天無)
   エゾエンゴサク C. ambigua(C.fumariaefolia;迷延胡索)
     f. lineariloba(綫葉東北延胡索)
 『中国本草図録』Ⅵ/2614
     f. multifida(多裂東北延胡索) 『中国本草図録』Ⅵ/2615
     var. amurensis(東北延胡索・元胡・山延胡索) 
『中国本草図録』Ⅱ/0578
   C. appendiculata(小距紫菫) 『雲南の植物Ⅰ』83・『中国本草図録』Ⅷ/3587
   C. aurantiaca ヒマラヤ産、『週刊朝日百科 植物の世界』8-201
   C. benecincta(嚢距紫菫) 『中国本草図録』Ⅷ/3588
   C. bulbosa(延胡索・玄胡索)
   C. bulleyana(齒冠紫菫)
   C. bungeana(地丁・地丁草・苦地丁・紫花地丁・布氏紫菫) 『中国本草図録』Ⅵ/2616・『中国雑草原色図鑑』74地丁を見よ。
   タイトウケマン C. campulicarpa(臺東紫菫)
 臺灣産
   ヒメエンゴサク C. capillaris
四国産
   ミチノクエンゴサク C. capillipes 
本州日本海側に産
   C. capnoides(山紫菫)
   C. cashmeriana
カシミール原産、『週刊朝日百科 植物の世界』8-201
   C. conspersa(密花紫菫)『中草藥現代研究』Ⅲp.63
   エゾオオケマン C. curvicalcarata
   C. curviflora ssp. rosthornii(曲花紫菫)
 『雲南の植物Ⅰ』83・『雲南の植物』106
   C. davidii(南黄紫菫)
『中国本草図録』Ⅶ/3126
   ジロボウエンゴサク C. decumbens(伏生紫菫・伏延胡索・日本延胡索・夏天無)
   C. delavayi(麗江紫菫・蒼山黄菫)
『雲南の植物』107・『中国本草図録』Ⅷ/3589
   C. delphinioides(翠雀状紫菫)
 『中国本草図録』Ⅴ/2111
   C. densispica(密穗黄菫) 『中国本草図録』Ⅷ/3590
   C. edulis(紫菫,シキン,zijin) 『中国本草図録』Ⅵ/2617
   C. esquirolii(籽紋紫菫・高山羊不喫・山香)
   C. feddeana(細裂黄菫・紡錘草) 『中国本草図録』Ⅶ/3127
   C. glaucescens(粉綠延胡索)
   C. gracillima(纎細黄菫・小黄斷腸草) 『中国本草図録』Ⅷ/3591
   C. hamata(鈎距黄菫・溪傍黄菫) 雲南・四川産。『中国本草図録』Ⅷ/3592
   C. hamosa(土延胡)
 江蘇産
   ツクシキケマン C. heterocarpa 
日本(中国・九州)・朝鮮半島(南部)に分布
     キケマン var. japonica
     ムニンケマン var. brachystyla
     ヒゴキケマン var. simadae
   C. hensersonii(尼泊爾紫菫) ヒマラヤ産
   C. hsuchowensis(徐州延胡索・徐州元胡・土元胡) 
『中国本草図録』Ⅱ/0579
   C. humosa(土元胡)
   ムラサキケマン C. incisa(刻葉紫菫・紫菫)
   C. kokiana(狹距紫菫) 『中国本草図録』Ⅷ/3593
   チドリケマン C. kushiroensis
秋に開花
   C. latiflora
ヒマラヤ産、『週刊朝日百科 植物の世界』8-201
   C. latiloba(寛裂紫菫・岩黄黄) 『中国本草図録』Ⅷ/3594
   C. linarioides(條裂黄菫・銅棒鎚) 『中国本草図録』Ⅷ/3595・『雲南の植物』107
   ヤマエンゴサク C. lineariloba(條裂黄菫)
     ヒメエンゴサク var. capillaris
     キンキエンゴサク var. papilligera
   C. lutea ヨーロッパ原産
   C. melanochlora(暗緣紫菫)
   C. mucronifera(尖突黄菫・短尖紫菫・東絲)
 『中国本草図録』Ⅴ/2112
   C. nana ヒマラヤ産
   C. nigro-apiculata(黑頂黄菫) 『中国本草図録』Ⅷ/3596
   ツルケマン C. ochotensis(黄紫菫) 秋に開花、『中国本草図録』Ⅵ/2618
     ナガミノツルケマン var. raddeana(C.raddeana;小黄紫菫) 『中国本草図録』Ⅵ/2619
   C. omeiensis(峨眉紫菫・山香) 『中国本草図録』Ⅶ/3128
   ヤマキケマン C. ophiocarpa(蛇果黄菫) 『雲南の植物Ⅰ』83・『中国本草図録』Ⅷ/3597
   C. pachycentra
『雲南の植物』108
   フウロケマン C. pallida(黄菫)
 『中国本草図録』Ⅲ/1141
     var. chanetii(河北黄菫)
 『中国本草図録』Ⅳ/1643
     ミヤマキケマン var. tenuis(C.hondoensis)
   キンキエンゴサク C. papilligera
本州中部・近畿に産
   C. polyphylla(多葉紫菫・瑞金巴) 『中国本草図録』Ⅷ/3598
   C. pseudohamata
『雲南の植物』108
   C. pterigopetala
『雲南の植物』109
   ホザキケマン C. racemosa(小花黄菫) 『中国本草図録』Ⅶ/3129
   チョウセンエンゴサク C. remota Fisch. ex Maxim.(C.turtschaninovii Bess.;齒瓣延胡索・元胡) 
東北に分布。『中国本草図録』Ⅱ/0580
     var. rotundiloba(圓齒瓣延胡索・元胡)
 東北に分布。『中国本草図録』Ⅰ/0081
     var. lineariloba(綫齒瓣延胡索・綫裂齒瓣延胡索・狹裂延胡索)
 東北に分布。『中国本草図録』Ⅳ/1644・Ⅴ/2115
     var. papillosa(瘤葉延胡索) 東北に分布。
     var. ternata(三裂延胡索) 東北に分布。
     f. punctata(斑葉延胡索) 東北に分布。
     f. yanhusuo(C.yanhusuo W.T.Wang;延胡索・元胡) → C.yanhusuo
   C. repens(全葉延胡索)
『中国本草図録』Ⅴ/2113
     var. watanabei(角瓣延胡索)
   C. sheareri(尖距紫菫・鹿耳草)
 『中国本草図録』Ⅴ/2114
   C. sibirica(北紫菫) 『中国本草図録』Ⅷ/3599
   C. smithiana
『雲南の植物』109
   エゾキケマン C. speciosa(珠果黄菫)
   C. stricta(直莖紫菫)『中草藥現代研究』Ⅲp.63
   C. taliensis(金鈎如意草・倒地抽)
 『雲南の植物Ⅱ』73・『中国本草図録』Ⅶ/3130
   シマキケマン C. tashiroi
   C. thyrsiflora(錐花紫菫・扎桑)
   C. tomentella(毛黄菫)
   C. trachycarpa(糙果紫菫) 『中国本草図録』Ⅷ/3600
   C. trifoliata(三裂紫菫) 『中国本草図録』Ⅷ/3601
   エンゴサク C. yanhusuo(C.remota f.yanhusua;延胡索・元胡)  
 ケマンソウ科 Fumariaceae(荷包牡丹科)については、ケマンソウ科を見よ。
 ケシ科 Papaveraceae(罌粟科)については、ケシ科を見よ。
 和名は、花の黄色いケマンソウ
 属名は、ギリシア語のヒバリ korudallis から。花の形をヒバリに擬えて。
 日本の関東から九州に分布。
 『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 春之部」に、「黄花鬘(きけまん) 中末。花黄色。もゝいろけまんとハ異有」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index