はまうつぼ (浜靫)

学名  Orobanche coerulescens
日本名  ハマウツボ
科名(日本名)  ハマウツボ科
  日本語別名  
漢名  列當(レツトウ,liedang)
科名(漢名)  列當科
  漢語別名  裂馬嘴、獨根草
英名  Broomrape
『週刊朝日百科 植物の世界』2-131・『朝日百科 世界の植物』1-243参照

 ハマウツボ科 Orobanchaceae(列當科)には、次のような属がある。
  ナンバンギセル属 Aeginetia(野菰屬)
  オニク属 Boschniakia(草蓯蓉屬)
    シマオニク B. himalaica(B.kawakamii)
『週刊朝日百科 植物の世界』2-132
    オニク
(キムラタケ・ワニクジュヨウ) B. rossica(草蓯蓉・肉蓯蓉)
      
高山性のミヤマハンノキに寄生。
      『中国本草図録』Ⅲ/1365・『週刊朝日百科 植物の世界』2-133・『朝日百科 世界の植物』1-242
  Christisonia(假野菰屬)
    C. sinensis(假野菰)
  Cistanche(肉蓯蓉屬)
『中薬志Ⅲ』pp.61-66
    C. ambigua(迷肉蓯蓉) 中国(内蒙古)に分布。
    ホンオニク C. deserticola(蓯蓉・肉蓯蓉)
       中国(内蒙古)・中央アジアに分布。『中国本草図録』Ⅸ/4335・『週刊朝日百科 植物の世界』2-133
    C. salsa(肉蓯蓉,ニクショウヨウ,roucongrong,
にくじゅよう)
       中国(内蒙古・陝西・甘肅・寧夏・新疆)に分布。
       
此の物、補して峻ならず。故に従容の号有り。従容は、知緩の貌なり(本草綱目)
  Gleadovia(■寄生屬)
  Lathraea(齒鱗草屬)
    L. chinfushanica(金佛山齒鱗草)
  Mannagettaea(豆列當屬)
    M. hummelii(矮生豆列當)
    M. labiata(豆列當)
  ハマウツボ属 Orobanche(列當屬)
  キヨスミウツボ属 Phacellanthus(Tianmuia;黄筒花屬)
    キヨスミウツボ P. tubiflorus(黄筒花)
      『中国本草図録』Ⅶ/3337・『朝日百科 世界の植物』1-243
  Xylanche(丁座草屬)
    X. himalaica(丁座草・千斤墜)『中国本草図録』Ⅷ/3810 
 ハマウツボ属 Orobanche(列當屬)には、次のようなものがある。
   O. aegyptiaca(分枝列當・爪列當)
   O. asiatica(O.alsatica?;西藏列當)
   シマウツボ O. boninsimae
小笠原産
   ハマウツボ O. coerulescens(列當・裂馬嘴・獨根草;E.Broomrape)
 『中国本草図録』Ⅳ/1849・『中国雑草原色図鑑』212
   O. cumana(歐亞列當)『中国雑草原色図鑑』212
   ヤセウツボ O. minor
   O. pycnostachya(黄花列當・獨根草)
 『中国本草図録』Ⅴ/2315・『中国雑草原色図鑑』213
   O. rapum-genistae
   O. sinensis(四川列當)
   O. yunnanensis(滇列當) 『中国本草図録』Ⅷ/3811 
 李時珍『本草綱目』(ca.1596)列當の釈名に、「栗當開宝。草■{竹冠に徒}開宝。花蓯蓉日華」と。
 日本(北海道・本州・四国・九州・琉球)・朝鮮・中国(東北・山東・内蒙古・陝西・甘肅・四川)・臺灣・シベリア・ヨーロッパ東部に分布。
 ヨモギ属 Artemisia(蒿屬)、特にカワラヨモギ A.capillaris(茵蔯蒿)の根に寄生する。
 中国では、全草を薬用にする。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index