しおがまぎく (塩竈菊)

学名  Pedicularis resupinata var. oppositifolia
日本名  シオガマギク
科名(日本名)  ゴマノハグサ科
  日本語別名  
漢名  馬先蒿(バセンコウ,maxianhao)
科名(漢名)  玄參(ゲンシン,xuanshen,げんじん)科
  漢語別名  返顧馬先蒿、爛石草、馬屎蒿、馬新蒿、虎麻、芝麻七、
英名  Lousewort

 シオガマギク(広義) P. resupinata(返顧馬先蒿・馬先蒿・芝麻七・爛石草)には、次のような変種がある(『日本の野生植物』)
   シベリアシオガマ var. resupinata
      
日本(北海道北部・千島)・樺太・アルタイ・シベリアに分布。 
      
 『中国本草図録』Ⅳ/1845・『中国雑草原色図鑑』207
   シオガマギク
(狭義) var. oppositifolia
      
日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北)に分布。
   ミカワシオガマ var. microphylla
 日本(愛知県の湿地)産。
   トモエシオガマ var. caespitosa
 日本(本州中部高山帯)産。
   var. pubescens(毛返顧馬先蒿) 『中国本草図録』Ⅸ/4330 
 シオガマギク属 Pedicularis(馬先蒿屬)には、中国西部・ヒマラヤを中心として北半球の温帯・寒帯に約500種がある。
   P. alaschanica(阿拉善馬先蒿)
   P. anas var. tibetica(鵝首馬先蒿)
   ミヤマシオガマ P. apodochila
   P. artselaeri(短莖馬先蒿)
   P. axillaris(腋花馬先蒿)
   P. bicornuta 
ヒマラヤ産、『週刊朝日百科 植物の世界』2-69
   P. binaria(雙生馬先蒿)
   P. brevilabris(短唇馬先蒿)
   ヨツバシオガマ P. chamissonis var japonica
     クチバシシオガマ f. rostrata(var. longirostrata)
   P. cheilanthifolia(碎米蕨葉馬先蒿)
   P. chenocephala(鵝首馬先蒿)
   P. chinensis(中國馬先蒿)
   P. comptoniifolia(干黑馬先蒿)
   P. confertiflora(聚花馬先蒿)
   P. corydaloides(擬紫菫馬先蒿)
   P. croizatiana(凹唇馬先蒿)
   P. davidii(扭盔馬先蒿・黑參馬先蒿)
   P. decora(美觀馬先蒿)
   P. decorissima(極麗馬先蒿)
   P. dichotoma(二岐馬先蒿)
   P. dissecta(全裂馬先蒿)
   P. dolichocymba(長舟馬先蒿)
 『中国本草図録』Ⅷ/3798
   P. dunniana(褐毛馬先蒿)
   P. elata(高升馬先蒿)
   P. elwesii(裹盔馬先蒿)
   P. fargesii(華中馬先蒿)
   P. fengii(曠地馬先蒿)
   P. filicula(擬蕨馬先蒿)
   P. flava(黄花馬先蒿) 『中国本草図録』Ⅹ/4841
   P. floribunda(多花馬先蒿)
   P. furfuracea(糠秕馬先蒿)
   ハンカイシオガマ P. gloriosa
   P. grandiflora(大花馬先蒿)
 『中国本草図録』Ⅳ/1844
   P. henryi(江南馬先蒿)
   P. hirtella(粗毛馬先蒿)
   P. hoffnmeisteri
ヒマラヤ産
   P. ingens(碩大馬先蒿)
   P. integrifolia ssp. integerrima(全緣馬先蒿) 『中国本草図録』Ⅷ/3799
   イワテシオガマ P. iwatensis
   P. kansuensis(甘肅馬先蒿)
   セリバシオガマ P. keiskei
   ベニシオガマ P. koizumiana
   P. labordei(西南馬先蒿)
   P. lachnoglossa(絨舌馬先蒿)
   P. lineata(條紋馬先蒿)
   P. longiflora var. tubiformis(斑層馬先蒿)
         『雲南の植物』198・『中国本草図録』Ⅷ/3800・『原色高山植物大図鑑』144
   P. megalantha(碩花馬先蒿)
『週刊朝日百科 植物の世界』2-66
   P. melampyriflora(山蘿花馬先蒿)
   P. meterorhyncha
   P. microchila(小唇馬先蒿)
   P. monbergiana
『雲南の植物』200
   P. moupinensis(寶興馬先蒿)
   P. muscicola(蘚生馬先蒿) 『中国本草図録』Ⅹ/4842
   P. muscoides(蘚状馬先蒿)
   P. nasturtiifolia(菜葉馬先蒿)
   P. neolatituba
『雲南の植物』199
   P. nigra(黑馬先蒿)
   オニシオガマ P. nipponica
   ヤクシマシオガマ P. ochiaiana
   P. oederi
     var. oederi(藏新馬先蒿)
     キバナシオガマ var. heteroglossa
     var. sinensis(華馬先蒿)『雲南の植物』200・『原色高山植物大図鑑』144
   P. oliveriana(西藏馬先蒿)
   P. palustris(沼地馬先蒿)
 『中国本草図録』Ⅲ/1360
   P. pilostachys(綿穗馬先蒿)
   P. plicata(皺褶馬先蒿)
   P. polyodonta(多齒馬先蒿)
   P. princeps(高超馬先蒿)
   P. przewalskii(靑海馬先蒿)
   ツクシシオガマ P. refracta
   P. resupinata(返顧馬先蒿・馬先蒿・芝麻七・爛石草)
     シベリアシオガマ var. resupinata
     シオガマギク var. opposisifolia
     ミカワシオガマ var. microphylla
     トモエシオガマ var. caespitosa
   P. rex(四方盒子草・羊肝狼頭草・還陽草・蕨芨花) 『雲南の植物』201
   P. rhinanthoides ssp. labellata(大擬鼻馬先蒿) 『雲南の植物』201
   P. roborowskii(聚齒馬先蒿)
   P. roylei(草甸馬先蒿)
   P. rubens(紅色馬先蒿)
   P. rudis(粗野馬先蒿)
   P. sceptrum-carolinum
朝鮮・中国乃至東ヨーロッパに分布
   P. scherriffii(昌都馬先蒿)
   ネムロシオガマ P. schistostegia
   P. schizorhyncha(裂喙馬先蒿)
   P. scullyana
『原色高山植物大図鑑』145・『朝日百科 世界の植物』1-260
   P. semitorta(半扭卷馬先蒿)
   P. shansiensis(山西馬先蒿)
   P. sigmoides(之形喙馬先蒿) 『雲南の植物』202
   P. siphonantha  『雲南の植物』203・『週刊朝日百科 植物の世界』2-70
   ホザキシオガマ P. spicata(穗花馬先蒿)
         『中国本草図録』Ⅸ/4331・『中国雑草原色図鑑』205
   P. stenocorys(狹盔馬先蒿)
   P. striata(紅紋馬先蒿) 『中国本草図録』Ⅵ/2822・『中国雑草原色図鑑』206
   P. strobilacea(球状馬先蒿)
   P. superba(華麗馬先蒿)
        
  『雲南の植物』202・『中国本草図録』Ⅷ/3801・『週刊朝日百科 植物の世界』2-66
   P. takpoensis(紅莖馬先蒿)
   P. tatarinowii(華北馬先蒿)『中国雑草原色図鑑』207
   P. torta(扭旋馬先蒿・金邊草) 『中国本草図録』Ⅵ/2823
   P. trichoglossa(毛盔馬先蒿) 『中国本草図録』Ⅷ/3802・『原色高山植物大図鑑』145
   P. umbelliformis(傘花馬先蒿)
   P. verbenaefolia(馬鞭草葉馬先蒿)
   タカネシオガマ P. verticillata(輪順馬先蒿) 『中国本草図録』Ⅲ/1361
   P. vialii(舉喙馬先蒿)
   P. wallichii
『朝日百科 世界の植物』1-260
   エゾシオガマ P. yezoensis 
 ゴマノハグサ科 SCROPHULARIACEAE(玄參科)については、ゴマノハグサを見よ。
 和名シオガマギクは、花のみならず葉までも(浜でも)菊のように美しいので、塩竈菊という。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)馬先蒿に、「和名比木与毛木」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』11
(1806)に、「馬先蒿 シホガマギク ノコギリサウ江州」と。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北)に分布。
 基本変種シベリアシオガマ var. resupinata は、日本
(北海道北部)・千島・樺太・アルタイ・シベリアに分布。
 中国では、茎・葉或は根を薬用にする。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index