くちなしぐさ (梔子草)

学名  Monochasma sheareri
日本名  クチナシグサ
科名(日本名)  ゴマノハグサ科
  日本語別名  カガリビソウ
漢名  鹿茸草(ロクジョウソウ,lurongcao)
科名(漢名)  玄參(ゲンシン,xuanshen,げんじん)科
  漢語別名  
英名  

2008/04/24 入間市宮寺

 クチナシグサ属 Monochasma(鹿茸草屬)は、東アジアの温帯に2種がある。
   ウスユキクチナシグサ M. savatieri(綿毛鹿茸草・白毛鹿茸草)
   クチナシグサ M. sheareri(鹿茸草) 
 ゴマノハグサ科 SCROPHULARIACEAE(玄參科)については、ゴマノハグサを見よ。
 和名クチナシグサは 果実の形がクチナシに似ていることから、カガリビソウは 若葉の色が赤いことから。
 一般にカガリビソウの名は、シクラメンの別名として有名。
 日本(関東・中京・地中国四国の瀬戸内海側・九州)・中国(山東・江蘇・安徽・浙江・湖北)に分布。
 中草藥で鹿茸草というものは、同属のウスユキクチナシグサ M. savatieri(綿毛鹿茸草)の全草。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index