あやめ科 

 アヤメ科 Iridaceae(鳶尾科)には、次のようなものがある。
   ヒオウギ属 Belamcanda(射干屬)
 1属1種
   ヒオウギズイセン属 Crocosmia(小蕃紅花屬)
   クロッカス属 Crocus(蕃紅花屬)
   フリージア属
(アサギズイセン属) Freesia(蕃雪蘭屬) アフリカの熱帯・南アフリカに15種
     F. alba
     F. corymbosa
     F. leichtlinii
     F. refracta
   グラジオラス属(トウショウブ属) Gladiolus(唐菖蒲屬)
   アヤメ属 Iris(鳶尾屬)
   Moraea(肖鳶尾屬)
アフリカに約125種
   Romulea
地中海地方・アフリカ・中東に約90種
   ニワゼキショウ属 Sisyrinchium(庭菖蒲屬)
   Tritonia(鳶尾蘭屬)
 
 アヤメ属 Iris(鳶尾屬)の植物には、広く北半球の温帯に約220種がある。
   I. barbatula 『雲南の植物』35
   I. bucharica 
中央アジア産、鱗茎性、Juno 属を立てることがある
   I. bulleyana(西南鳶尾) 『雲南の植物Ⅰ』262・『雲南の植物』34
   I. chamaeiris(矮鳶尾)
   I. chrysographes(金紋鳶尾)
   I. collettii(小棕包・小棕皮頭・高原鳶尾)
         
『雲南の植物Ⅰ』263・『雲南の植物』32・『中国本草図録』Ⅴ/2426
   I. confusa(扁竹蘭・藍花扁竹)
 『雲南の植物Ⅱ』267・『中国本草図録』Ⅹ/4946
   I. danfordiae
トルコ原産。鱗茎性、Hermadactylus に入れることがある
   I. decora
ネパール産
   I. delavayi(長葶鳶尾) 『雲南の植物』33・『中国本草図録』Ⅷ/3947
   I. dichotoma(白射干・扁蒲扇・扁竹蘭・岐花鳶尾;E.Vesper iris)
『中国雑草原色図鑑』355
   I. dolichosiphon 『雲南の植物』36
   ハナショウブ I. ensata (I.ensata var.hortensis;紫花鳶尾・花菖蒲・玉蟬花;
        E.Japanese iris)
『中国雑草原色図鑑』356(ノハナショウブの近縁種か)
        
I.ensata をネジアヤメ(馬藺)とすることがある。その項を見よ。
     ノハナショウブ var. spontanea
   ニオイイリス I. florentina (I. germanica var. florentina;香根鳶尾;E.Orris)
   I. forrestii 『雲南の植物』33
   ドイツアヤメ I. germanica(德國鳶尾;E.German iris)
   I. goniocarpa(鋭果鳶尾) 『雲南の植物』32
   ヒメシャガ I. gracilipes
   I. grijsii(花鳶尾)
   I. hermona
イスラエル(ゴラン高原)産
   I. histrioides
トルコ原産
   ダッチアイリス I. hollandica(E.Hollandica hybrids, Dutch iris)
   シャガ I. japonica(蝴蝶花・扁竹根)
   I. kaempferi(花菖蒲・玉襌花)
   ネジアヤメ (バリン) I. lactea (I.biglumis;馬藺・馬蓮;E.Chinese iris)
        
『中国本草図録』Ⅲ/1441
     var. chinensis(馬藺)
 『中国本草図録』Ⅴ/2427・『中国雑草原色図鑑』355
   カキツバタ I. laevigata(老君扇)
   I. magnifica 中央アジア産、鱗茎性、Juno 属を立てることがある。『週刊朝日百科 植物の世界』9-303
   I. mariae
イスラエル産、『週刊朝日百科 植物の世界』9-304
   I. orientalis → I. sanguinea アヤメ
   I. pallida(銀苞鳶尾)
   I. potaninii(卷鞘鳶尾)
   I. pseudocaucasica イラン産、鱗茎性、Juno 属を立てることがある
   キショウブ I. pseudacorus(黄菖蒲・菖蒲鳶尾;E.Water flag, Yellow flag,
         Fleur-de-lis)
   ナンキンアヤメ I. pumila
   I. reticulata
西アジア産。鱗茎性、Hermodactylus属に入れることがある
   エヒメアヤメ(タレユエソウ) I. rossii 
   コカキツバタ I. ruthenica(細莖鳶尾・紫苞鳶尾)
         
『雲南の植物』36・『中国本草図録』Ⅹ/4947
     var. nana(矮紫苞鳶尾) 
『雲南の植物Ⅰ』262・『中国本草図録』Ⅶ/3432
   アヤメ I. sanguinea(溪蓀;E.Flag)
   ヒオウギアヤメ I. setosa(山鳶尾) 『中国本草図録』Ⅹ/4948
     ナスノヒオウギアヤメ var. nasuensis
     キリガミネヒオウギアヤメ var. hondoensis
   コアヤメ I. sibirica(西伯利亞鳶尾)
 『週刊朝日百科 植物の世界』9-301
       
シベリアアイリス(西伯利亞鳶尾;E.Siberian hybrids)は、別物か
     var.orientalis → I.sanguinea アヤメ
   I. spuria(擬鳶尾・歐洲鳶尾)
     ssp. sogdiana
ヨーロッパ・乃至中央アジア産、『週刊朝日百科 植物の世界』9-302
   イチハツ I. tectorum(鳶尾・藍蝴蝶;E.Roof iris)
   I. tenuifolia(細葉鳶尾・細葉馬藺・老牛揣)『中国本草図録』Ⅸ/4433
   カマヤマショウブ I. thunbergii(I. sanguinea var. violacea)
   I. tigridia(粗根鳶尾)『中国本草図録』Ⅸ/4434
   I. typhifolia(北陵鳶尾)『中国本草図録』Ⅸ/4435
   I. uniflora(單花鳶尾) 『中国本草図録』Ⅹ/4949
   I. variegata
   I. ventricosa(嚢花鳶尾)
   I. wattii 『雲南の植物』37
   I. willmottiana 中央アジア産、鱗茎性、Juno 属を立てることがある。
        『週刊朝日百科 植物の世界』9-303
   I. winoradowii
コーカサス原産。鱗茎性、Hermadactylus に入れることがある。
        『週刊朝日百科 植物の世界』9-303
   イングリッシュアイリス I. xiphioides(E.English iris)
   スペインアヤメ (スパニッシュアイリス) I. xiphium 
鱗茎性、Xiphium 属を立てることがある。
        『週刊朝日百科 植物の世界』9-302 
 和名アヤメは文目の意、葉が並んだようすから。(ただし、むかし「あやめ」と呼んだものはショウブであるから、「あやめ」の語源はショウブに関わる。)
 日本語のあやめという言葉の歴史は、あやめの訓を見よ。
 科・属の漢名 鳶尾は、イチハツに因む。語義はイチハツを見よ。
 学名の属名 Iris は、ギリシア語の「虹」から。
 
 あやめの文化史は、ショウブセキショウ及びアヤメを見よ。
 ギリシア神話に出てくるスパルタの美少年ヒュアキントス Hyacinthus は、アポロンに愛せられたが、アポロンが投げた円盤にあたって死んだ。そのときに流れた血から赤い花が生え、それをヒュアキントスと呼んだという。その花は、ヒエンソウグラジオラス・アイリスなどと想像されている。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index