しゃが (射干) 

学名  Iris japonica
日本名  シャガ
科名(日本名)  アヤメ科
  日本語別名  
漢名  蝴蝶花(コチョウカ,hudiehua)
科名(漢名)  鳶尾(エンビ,yuanwei)科
  漢語別名  扁竹根(ヘンチクコン,bianzhugen)
英名  Putchock, Fringed iris
2007/04/13 清瀬市中里
2006/05/05 神代植物公園
2005/06/09 学内

 近縁種に、イチハツヒメシャガがある。
 アヤメ属 Iris(鳶尾屬)の植物については、アヤメ属を見よ。
 和名シャガは、射干(シャカン,shegan)の音の訛りに基づく命名だが、漢名を射干というものはヒオウギ Belamcanda chinensis。 
 中国原産、全国(一書に 陝西・江蘇・安徽・浙江・湖北・廣西・四川・貴州・雲南など)に分布。
 日本では 本州・四国・九州に分布するが、すべて三倍体で結実しない
(中国の自生品は結実する)
 ヨーロッパには1696年に入った。
 
 中国では、全草・根茎を薬用にする。
 日本ではイチハツとともに、俗に 藁屋根に植えると大風を防ぐ(ないしは火を防ぐ)と信じられた。
 『花壇地錦抄』
(1695)巻四・五「草花 春之部」に、「鳶尾(しやが) 末。うすあさぎ色、あやめのごとし」と、また「筋鳶尾 末。花形しやかのことく葉ニ白筋あり」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index