うこぎ (五加) 

学名  Acanthopanax sieboldianus (Eleutherococcus pentaphyllus)
日本名  ウコギ
科名(日本名)  ウコギ科
  日本語別名  ヒメウコギ
漢名  
科名(漢名)  五加科
  漢語別名  
英名  
2006/04/16 薬用植物園


 ウコギ科 ARALIACEAE(五加科)には、57属約800種がある。
   ウコギ属 Acanthopanax(Eleutherococcus;五加屬)
   タラノキ属 Aralia(楤木屬)
   Boerlagiodendron(蘭嶼加屬)
     B. pectinatum(蘭嶼加)
   Brassaiopsis(羅傘屬)
     B. ciliata(假通草)
     B. ferruginea(銹毛羅傘)
     B. glomerulata(鴨脚羅傘・空殻桐)
   カクレミノ属 Dendropanax(樹參屬)
   Diplopanax(馬蹄參屬)
   タカノツメ属 Evodiopanax 1属2種
     E. evodiifolius(Acanthopanax evodiaefolius;呉茱萸五加)
中国産
     タカノツメ
(イモノキ) E. innovans
   ヤツデ属 Fatsia(八角金盤属)
   キヅタ属 Hedera(常春藤屬)
   Heteropanax(幌傘楓屬)
     H. brevipedicellatus(短梗幌傘楓)
     H. chinensis(華幌傘楓)
     H. fragrans(幌傘楓)
   ハリギリ属 Kalopanax(刺楸屬)
   Macropanax(大參屬)
     M. undulatus(波緣大參・麻鴨樹公)
   Merrilliopanax(常春木屬)
     M. chinensis(常春木)
   Nothopanax(梁王茶屬)
     N. davidii(異葉梁王茶)
   ハリブキ属 Oplopanax(刺人參屬)
   トチバニンジン属 Panax(人參屬)
   Pentapanax(五葉參屬)
     P. henryi(圓錐五葉參・大麻漆・馬腸子樹)
     P. leschenaultii(五葉參)
   タイワンモミジ属 Polyscias
 旧熱帯に約100種
     P. cumingiana
     タイワンモミジ
(ホソバアラリア) P. fruticosa
     オオバアラリア P. guilfoylei
     P. scutellaria(P. balfouriana)
   フカノキ属 Schefflera(鵝掌柴屬)
     S. actinophylla(澳洲鵝掌柴)
ニューギニア・オーストラリア産
     ヤドリフカノキ
(ホンコンカポック) S. arboricola(鵝掌藤)
     S. delavayi(穗序鵝掌柴・假通脱木・大五加皮)
     S. digitata(掌葉鵝掌柴)
     S. glomerulata(球序鵝掌柴)
     S. minutistellata(星毛鴨脚木・鴨麻木)
     フカノキ S. octophylla(S.heptaphylla;鵝掌柴・鴨脚木・公母樹・手樹)
     S. venulosa(密脈鵝掌柴)
   Sinopanax(華參屬)
     S. formosana(華參)
   カミヤツデ属 Tetrapanax(通脱木屬) 中国に1種あるのみ
     カミヤツデ T. papyrifer(通脱木・木通樹・天麻子・通草)
『中薬志Ⅲ』pp.546-550
   Thupidanthus(多蕊木屬)
     T. calyptratus(多蕊木)
   Trevesia(刺通草屬)
     T. palmata(刺通草) 
 ウコギ属 Acanthopanax(Eleutherococcus;五加屬)には、次のようなものがある。
   ケヤマウコギ(オニウコギ) A. divaricatus(E. divaricatus)
   A. evodiaefolius(Evodiopanax evodiaefolius;呉茱萸五加)
     var. pseudo-evodiaefolius(假呉茱萸葉五加)
 『中国本草図録』Ⅵ/208
   A. giraldii(紅毛五加・刺五加・紀氏五加)
 『中国本草図録』Ⅴ/2225
   A. gracilistylus(五加五加皮・刺五加・細柱五加・南五加皮)
 『中国本草図録』Ⅱ/0736
   A. henryi(糙葉五加) 『中国本草図録』Ⅸ/4258
   ヒゴウコギ A.higoensis(E.higoensis)
   ウラジロウコギ A. hypoleucus(E. hypoleucus)
   オカウコギ A. japonicus(A.nipponicus, E.japonicus, E.spinosus var.japonicus)
   A. lasiogyne(毛蕊三加)
   A. leucorrhizus(藤五加)
   ウラゲウコギ A. nikaianus(A.japonicus var.nikaianus, E.spinosus var.nikaianus,
         E.nikaianus)
   コシアブラ A. sciadophylloides(E.sciadophylloides)
   エゾウコギ A. senticosus(E. senticosus;刺五加)
 『中国本草図録』Ⅲ/1298
   A. sessiliflorus(Panax sessiliflorum;無梗五加・短梗五加)
 『中国本草図録』Ⅲ/1299
   A. setchuenensis(蜀五加)
   ウコギ
(ヒメウコギ) A. sieboldianus(E.pentaphyllus, E.sieboldianus)
   ヤマウコギ A. spinosus(E. spinosus)
   ミヤマウコギ A. trichodon(E. trichodon)
   ミツバウコギ A. trifoliatus(白■
{竹冠に勒}・鵞掌■・三加) 『中国本草図録』Ⅰ/0237
   A. verticillatus(輪傘五加)
 和名は、五加の音の訛に木がついたもの。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)五茄に、「和名牟古岐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)五茄に「和名無古木」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)32に、五加は「ムコギ和名鈔 ウコギウコハ五加ノ唐音ト大和本草ニ云」と。
 おそらく中国原産であり、古く薬用に渡来したものであろうという。
 中国では、A.gracilistylus(五加・南五加皮)・A.giraldii(紅毛五加皮)などの根皮・幹皮を五加皮(ゴカヒ,wujiapi)と呼び、薬用にし、また五加皮酒を作る。またガガイモ科の Periploca sepium(杠柳)の根皮・幹皮を北五加皮と呼び薬用。『中薬志Ⅲ』pp.402-413。
 日本では、ウコギ A. sieboldianus の根を五加皮と呼び、薬用にする。また。若葉は食用にする。
 日本では、近世には生垣に用いる。いけがきを見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)32に、「人家ニ栽テ籬トスル者多シ」と。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index