かくれみの (隠蓑) 

学名  Dendropanax trifidus (Textoria trifida)
日本名  カクレミノ
科名(日本名)  ウコギ科
  日本語別名  
漢名  三裂木五加(サンレツボクゴカ,sanliemuwujia)
科名(漢名)  五加(ゴカ,wujia)科
  漢語別名  
英名  
2007/08/13 薬用植物園
2006/10/28 同上

 カクレミノ属 Dendropanax(樹參屬)には、次のようなものがある。
   D. chevalieri(樹參・半楓荷・楓荷梨)
   タイワンカクレミノ D. dentiger(D.pellucidopunctatus;樹參)
 『中国本草図録』Y/209
   D. ferrugineus(銹毛樹參・陰陽樹)
   D. hainanensis(海南杞李參・豆腐木)
   イリオモテカクレミノ D. iriomotensis
   チョウセンカクレミノ D. morbiferus
   タイワンカクレミノ D. pellucidopunctatus
   D. proteus(D.parviflorus;變葉樹參・窄葉樹參・鐵鍬樹・白半楓荷)
 『中国本草図録』]/4767
   カクレミノ D. trifidus(Textoria trifida;三裂木五加) 
 ウコギ科 ARALIACEAE(五加科)については、ウコギ科を見よ。
 和名は、葉の形から。
 日本の本州の関東以西・四国・九州に分布。
 よく茶室の脇などに植える。
 『古事記』仁徳天皇紀に「御綱柏」・『万葉集』『日本書紀』に「御綱葉」・『延喜式』に「三津野柏・御角柏」などと呼ばれる植物は、その葉を宮中の神事において酒器として用いた。仁徳天皇30年9月には、皇后自ら紀伊国熊野岬に出向いてそこの「御綱葉」を取ってきている(『万葉集』2/90,『日本書紀』)
 このミツナガシワの本体は、オオタニワタリ
Neottopteris antiqua あるいはカクレミノかという。
 『古事記』仁徳天皇紀に、
 『日本書紀』巻11仁徳天皇30年9月、「乙卯朔の乙丑、皇后(きさき)、紀国(きのくに)に遊行(い)でまして、熊野岬に到りて、即ち其の処の御綱葉(みつなかしは)〔葉、此をば箇始婆(かしは)と云ふ。〕を取りて還(かへ)りませり。是(ここ)に、天皇(すめらみこと)、皇后の不在(ましまさぬとき)を伺ひて、八田皇女(やたのひめみこ)を娶(め)して、宮(おほみや)の中(うち)に納(めしい)れたまふ。時に皇后、難波済(なにはのわたり)に到りて、天皇、八田皇女を合(め)しつと聞(きこ)しめして、大きに恨みたまふ。則ち其の採れる御綱葉を海に投(なげい)れて、着岸(とま)りたまはず。云々。
 『万葉集』2/90「君が行き け長くなりぬ 山たづの 迎へを往かむ 待ちには待たじ」の注に、上の『日本書紀』の記事を引く。
 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index