びんろう (檳榔) 

学名  Areca catechu
日本名  ビンロウ
科名(日本名)  ヤシ科
  日本語別名  ビンロウジュ、アレカヤシ
漢名  檳榔(ビンロウ,binlang;binglang)
科名(漢名)  棕櫚(シュロ,zonglü)科
  漢語別名  仁頻(ジンヒン,renpin)、榔玉、賓門、青仔、國馬、檳楠、尖檳、鷄心檳榔
英名  Betelnut palm, Areca(nut) palm
2009/07/11 京都府立植物園 (温室)

 ビンロウ属 Areca(檳榔屬)には、インド・東南アジアに約60種がある。
 ヤシ科 Arecaceae(Palmae;棕櫚科)については、ヤシ科を見よ。
 
 漢名は、マレーシア名 pinnang の音写。仁頻は、ジャワ名 jambi の音写。
 和名は漢名檳榔の音。
 日本では、ビロウ
(アジマサ) Livistonia chinensis(蒲葵,ホキ,pukui)も檳榔に当てたことがあり、和名にその音を残しているので、ややこしい。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)檳榔に、「和名阿知末佐」と。これはビンロウではなく、ビロウの方。
 原産地不明(フィリピン・セレベス・モルッカ原産かという)、広く熱帯アジア・アフリカ東海岸などで栽培。
 中国では、福建・臺灣・兩廣・海南島・雲南南部で栽培する。
『中国本草図録』Ⅰ/0400
 日本では、東大寺献薬帳
(奈良時代)にその名が載る。
 その果実はといい、長6-8cmの卵形、オレンジ色に熟す。アレコリン arecolin などのアルカロイドを含み、種子(檳榔子,ビンロウシ,binglangzi,びんろうじ, betel nut, areca nut)・果皮(大腹皮,タイフクヒ,dafupi)を薬用にする。
 また、花・蕾を檳榔花と呼び、未成熟の果実を干したものを榔干と呼び、それぞれ薬用にする。
『中薬志Ⅱ』pp.391-393 
 ビンロウの未熟の果実の胚乳を2-4に割り、石灰をまぶして、キンマの葉で包み、これを口の中で噛む習慣を、キンマ噛み betel chewing と呼ぶ。好みにより、タバコタマリンドカルダモンウイキョウなどを調味することがある。
 初めは味は苦く渋く、ビンロウの実の成分が石灰と反応して 口中は真紅に染まるが、これをいったん吐き出してなお噛み続けると、アレコリンやキンマの精油成分の作用により 気分が爽快になる、という。ただし、唇と歯茎はまっかになって腫れ、歯は歯石によって黒く染まる。
 キンマ噛みの習慣は、紀元前よりインド・東南アジア・オセアニアの各地で行われてきた。
 『本草図経』に、檳榔には三四種があり、小さくて甘いものは山檳榔、大きくて渋く 種が大きいものは豬檳榔、最も小さいものは{艸冠に納}子(ノウシ,nazi)、という。
 山檳榔(サンビンロウ,shanbinlang)はヤマビンロウ Pinanga baviensis。■
{艸冠に納子}子(ノウシ,nazi)は、一名は檳榔孫(ビンロウソン,binlangsun)、おそらく假檳榔(カビンロウ,jiabinlang) Archontophoenix alexandrae だろうという。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index