あぶらがや (油茅)

学名  Scirpus wichurae
日本名  アブラガヤ
科名(日本名)  カヤツリグサ科
  日本語別名  アイバソウ、アブラシバ、エゾアブラガヤ、シデアブラガヤ、メガヤ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2008/07/24 長野県蓼科山

2009/08/13 入間市宮寺

2008/09/11 入間市宮寺


2010/08/26 長野県志賀高原


2008/07/18 北大植物園


 アブラガヤには「変化が多く、いろいろの名称がつけられているが、現在のところはっきりわけることができない」(『日本の野生植物』)
 狭義の Scirpus、すなわちアブラガヤ属 Scirpus には、世界に約20種、日本に約5種がある。

   エゾアブラガヤ S. asiatica(S.wichurae ssp.asiaticus,
        S.wichurae var.borealis,S.borealis)
   コマツカサススキ S. fuirenoides
   セフリアブラガヤ S. georgianus
   イワキアブラガヤ S. hattorianus(S.atrovirens)
   ヒメマツカサススキ S. karuizawensis(S.fuirenoides var.jaluanus,
        S.fuirenoides var.karuizwensis))
   タカネクロスゲ S. maximowiczii
   ヒメクロアブラガヤ S. microcarpus
   マツカサススキ S. mitsukurianus
   ツルアブラガヤ S. radicans
   S. rosthornii(百球藨草・百球荊三稜)
     ツクシアブラガヤ var. kiushuensis(S.kiushuensis)
   S. sylvaticus
     クロアブラガヤ var. maximowiczii(S.orientalis)
   オオアブラガヤ S. ternatanus
   アブラガヤ S. wichurae
     シデアブラガヤ f. cylindricus
     アイバソウ f. wichurae
     チュウゴクアブラガヤ var. lushanensis(S.lushanensis;廬山藨草)

 なお、広義の Scirpus については、ホタルイ属を見よ。
 和名は、穂に油の香りがあることから(小野蘭山『本草綱目啓蒙』9 白茅条)
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』19(1806)狼尾草の条に、「蒯草 アブラシバ アブラガヤ カニガヤ豫州 ヤマゝスハリ播州 ナキリ長州 ミチクサ豫州 アイバサウ勢州」と。
 日本の、北海道・本州・四国・九州に分布、平地・山地の湿地に自生する。
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index