あぶらな (油菜) 

学名  Brassica campestris var. nippo-oleifera(B.rapa var.nippo-oleifera)
日本名  アブラナ
科名(日本名)  アブラナ科
  日本語別名  ナタネ(菜種; 在来菜種)、ナタネナ、アカタネ(赤種)、ククタチ(茎立)
漢名  油菜(ユサイ,youcai)
科名(漢名)  十字花(ジュウジカ,shizihua)科
  漢語別名  菜薹(サイタイ,caitai)、胡菜(コサイ,hucai)、蕓薹(ウンタイ,yuntai)
英名  Chinese colza

 種子から菜種油を採るために栽培するナタネ(アブラナ)には、植物学的には二種の植物がある。
和名 別名 漢名 英名 学名
アブラナ ナタネ(菜種; 在来菜種)、ナタネナ、アカタネ(赤種)、クキタチ(茎立) 油菜・菜薹 Chinese colza B. rapa
 (B. campestris)
セイヨウアブラナ ナタネ(菜種; 洋種菜種)、クロタネ(黒種)   Rape colza B. napus
 アブラナは、古くから東アジアで栽培してきたもの(在来菜種)、セイヨウアブラナは19世紀以降ヨーロッパから導入されたもの(洋種菜種)。在来種は、種子が黄褐色なので赤種と言い、洋種は黒褐色なので黒種と言う。在来種は葉が軟らかく淡緑色で、白い蝋質がなく、嫩茎嫩葉を食用にするので茎立と言う。洋種は、葉が厚く白い蝋質をかぶり、茎葉は食えない。
 今日の中国で栽培されている油菜は、三の系統に分かれると言う(繆啓愉『斉民要術校釈』2nd ed.,1998)
白菜類型  Brassica campestris。漢以来 蕓薹と呼ばれるもので、別名は胡菜、今名は薹菜。株は比較的小さく、北方各省で栽培する。長江流域で栽培するものは、この一種。
芥菜類型  株は高大で、西北・西南で栽培する。
甘藍類型  近年外国から入り、現在栽培面積が急速に拡大している。
 白菜類型はアブラナであり、甘藍類型はセイヨウアブラナであろうか。
 アブラナ属 Brassica(蕓薹 yuntai屬)の植物一般については、アブラナ属を見よ。
 和名アブラナは、油を採る菜の意。
 ナタネは、菜の種の意。ただし古い辞書類には、漢語の蕪菁子(ブセイシ,wuqingzi。
カブの種)・芥子(カイシ,jiezi。カラシナの種)などの訓に当てられているので、菜種は「油菜の種」とは限らず、一般に「菜の種」である。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)芸薹に、「和名乎知」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)に「唐韻云、■{艸冠に豊}、〔和名久々太知、俗用茎立二字〕。蔓菁苗也」と。
 野生種のアブラナは、もともとは地中海農耕文化におけるムギ畑の雑草。今日でも西南アジアから北ヨーロッパに、麦畑の雑草として分布するという。今日における雑草としての姿は、『週刊朝日百科 植物の世界』6-199参照。
 雑草性アブラナは、チベットからオオムギ農業の雑草として中国に入り、ここで品種分化が進んだ。
 中国では、漢代から栽培している。
 日本に入ったのは弥生時代、と言う。
 中国でも日本でも、古くは蔬菜として葉を食用にした。
 種子から菜種油(菜子油,サイシユ,caiziyou)を絞るようになるのは遅く、盛んになったのは中国では明代以降、日本では江戸時代から。それ以前は、エゴマの油などを用いていた。
 中国では、学名に B.campestris var.oleifera をあて、その嫩い莖葉を蕓薹と呼び、実を蕓薹子と呼び、薬用にする。
 日本薬局方で規定するナタネ油は、B.campestris ssp.napus var.nippo-oleifera の種子から得た油と規定する。
 中国では、賈思勰『斉民要術』(530-550)に「種蜀芥・蕓薹・芥子」が載る。
 日本では、『古事記』に 吉備の国の「山縣に蒔ける菘菜(あおな)」と見えるものや、『万葉集』に「上野野の佐野のくくたち(茎立)」と見えるものは、アブラナという。

   かみつけぬ
(上毛野)佐野のくくたち(茎立)(折)りはや(栄)
     あれ
(吾)はま(待)たむゑことし(今年)(来)ずとも (14/3406,読み人知らず)
 
 平安時代には、『竹取物語』に翁の言葉として「竹の中より見つけきこえたりしかど、なたね(菜種)のおほ(大)きさおはせしを、わがたけ(丈)たちならぶまで やしな(養)ひたてまつりたる我子を、云々」とある。
 江戸時代には、油料のほか、変った用途として七味唐辛子に入れられた。

   菜畠に花見顔なる雀哉 
(芭蕉,1644-1694)

   菜の花や月は東に日は西に
(蕪村,1716-1783)
   なのはなや昼ひとしきり海の音 
(同)
   菜の花や鯨もよらず海暮れぬ 
(同)
   菜の花や和泉河内へ小商 
(同)
   なのはなや笋
(たけのこ)見ゆる小風呂敷 (同)
   菜の花や摩耶を下れば日のくるゝ 
(同)
 
 明治以降 油菜としての役割は ほとんどセイヨウアブラナにとって代られた。今日では、在来のアブラナは、京野菜(菜の花漬けやくくだち)として細々と残っているのみという。
 したがって、明治以降の詩歌に詠われる菜の花は、セイヨウアブラナであると考えて間違いない、という。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index