えごま (荏胡麻) 

学名  Perilla frutescens var. japonica (=var. frutescens)
日本名  エゴマ
科名(日本名)  シソ科
  日本語別名  エ・エコ、シロジソ、ジュウネン・ジュウネアブラ
漢名  白蘇(ハクソ,baisu)
科名(漢名)  唇形(シンケイ,chunxing)科
  漢語別名  荏(ジン,ren)、荏胡麻(ジンコマ,renhuma)
英名  Perilla
2008/05/04 薬用植物園 2008/06/19 同左
2008/07/21 同上


2006/08/02 三芳町上富

2010/10/16 薬用植物園
 同種内に、エゴマシソ(アカジソ・アオジソ・チリメンジソ)など、変種ないし型を含み、その分類はやや混乱している。シソを見よ。
 漢語では、シソを蘇・紫蘇、エゴマとアオジソを白蘇と呼ぶ。
 和名はエ + 胡麻。エは朝鮮語 yim(エゴマ)の転訛という。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)荏子に、「和名於保衣乃美」と。源順『倭名類聚抄』(ca.934)荏に、「和名衣」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』10(1806)に、「荏 ヱ
古名 ヱゴマ略語 シロジソ ジウネン仙台 ジウネアブラ南部」と。
 ヒマラヤ・ビルマ・中国の原産。中国南部で栽培化されたと推定されている。シソを見よ。
 日本・朝鮮・中国・東南アジアでは古くから栽培してきたが、今では広く野生化している。
 種子を食用にするほか、小鳥の飼料にする。
 種子から 荏油(えのあぶら。C.荏子油 renziyou)を採る。
 
小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)に、「子ヲ収メ、油ニ搾リ、雨衣雨傘ニ供ジ、チヤンヲ製ス」と。
 日本では古くから利用されており、縄文時代の遺跡から種子が出ている。奈良時代からは各地で栽培された。
 『本草和名』(ca.918)に蘇を以奴衣(いぬえ)と訓んでおり、『延喜式』(927)には「蘇子(いぬえのみ)」が見える。
 中世には、瀬戸内地方で広く栽培し、荏油を灯油として商いした。近世には桐油紙・唐傘・提灯などを作るのに用いた。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index